■情報
  • ストーリー
  • イベント
  • 小ネタ
  • 修験界
  • 2周目追加要素
    (ネタバレ注意!)

    (地名ネタバレ)

■システム

■アイテム

■キャラクター
■微ネタバレ

■悪魔台詞集

■スキル備考
    (地名ネタバレ)
    (ややネタバレ)

■その他
    (ややネタバレ)
    (ややネタバレ)
    (ネタバレ注意)

今日訪れた人 -
昨日訪れた人 -
統計 -

更新履歴
取得中です。

名前 解説
アガシオン ユダヤ系の魔術師に使役される&br()実体のない使い魔の総称。&br()ツボや瓶の中に封じられている。&br()魔術師の命じられるままに&br()対象の人物を苛むという。
ライジュウ 日本の民話などに伝えられる&br()雷と共に地上へ落ちてくるという怪動物。&br()普段は雷雲の中を走り回っており&br()落雷に乗って地上へ降りるという。
ツチグモ 葛城山に住んでいたという&br()巨大なクモの姿の荒ぶる神。&br()本来は朝廷に討ち滅ぼされた&br()穴居していた土着の民であったといわれる。
オボログルマ 車輪で動く車に人の怨念が乗り移り&br()変化した妖怪。&br()平安時代には 牛車の場所の取り合いに&br()よって亡くなった女の怨念が&br()牛車に乗り移って成ったものが知られた。
ヌエ 日本の伝承に出てくる怪物。&br()猿の頭に虎の手足を持ち尾は蛇だとされる。&br()平家物語によれば&br()毎晩の丑三つ刻に黒雲に隠れて&br()天皇の御所を襲ったという。
パールヴァティ インド神話におけるシヴァの妃の一者。&br()その姿は非常に美しくあらゆる美の象徴とも。&br()常にシヴァの傍らにあり&br()シヴァの第三の眼を開かせる一助を担った。
ミシャグジさま 大和政権の勢力が入る以前から&br()信濃地方で信仰されていたとされる&br()土着の神。&br()石や岩に神霊が宿るとする&br()古代の信仰形態から生まれた神だと&br()言われている。
オオミツヌ 出雲国風土記に伝わる国引の神。&br()自分の住む出雲の国を広げようと思い&br()対岸にある新羅の国の余った土地に&br()縄を掛けて引き寄せた。
トール 北欧神話の雷神・豊穣神。&br()何処へ投げても必ず敵を砕いて&br()主の手へ戻る鉄鎚ミョルニルを持つ。&br()世界の終わりラグナロクで&br()世界蛇ヨルムンガンドと&br()相打ちになって果てるという。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー