※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中国の著名な反体制評論家。



劉暁波氏や作家の王力雄氏ら約30人が、チベット騒乱に対する中国政府の対応を批判する声明を発表した。ロイター通信によると、中国共産党の故趙紫陽総書記の秘書だった鮑●(=杉の木へんを丹に)氏も24日に声明を出し、中国政府に対し、ダライ・ラマ14世との対話に臨むよう促した。

また、反ダライ・ラマ・キャンペーンを展開している中国メディアについて、「偏った報道姿勢は民族の対立と憎しみをあおり、状況をさらに緊張させている」と指摘した。チベットの共産党指導者がダライ・ラマ14世を「袈裟(けさ)を着たオオカミ、人面獣心の悪魔」などと誹謗したことに関しても、「事態の収束に逆効果で、中国政府のイメージを低下させている」と厳しく批判した。

 批判の矛先は中国政府の情報統制にも向けられている。外国メディアのチベット取材を認めるよう求めると同時に、中国側が持っている資料を公開し、国連人権理事会による真相調査を受け入れるべきだなどと提案している。

 声明はさらに、1980年代のチベット騒乱はラサに限定されていたが、今回は各地に波及したと指摘、「政府のチベット政策に大きな誤りがあることが証明された。失敗した少数民族政策を改めるべきだ」としている。