ラインハルト=アーヴァイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名:ラインハルト=アーヴァイン
プレイヤー名:さいとー
出身:イスタム神王国ヴァーナミュンデ公領  種族:人間
性別:男  年齢:24
瞳の色:鳶色  髪の色:黒  肌の色:白
身長:172cm  体重:54kg

■基本データ
【コロナ】執行者 
【ミーム】ネフィリム/オリジン/テオス/暁帝国/ロンデニオン/富嶽/美酒町
【ブランチ】コーポレイト/ロードモナーク/パットフット/ネチェル/セラフィム/エーシル/ユリウス/文官/隠秘学者/私立探偵/スキャナー/番長/艦長
【消費経験点】400(能力値:0 特技:290 装備:0 パスの追加:0 ブランチの追加:110)

■能力値/耐久力
【能力値】    肉体:4  技術:13  魔術:4  社会:23  根源:2
【戦闘値元値】  白兵:5  射撃:6  回避:3  心魂:10  行動:12
【戦闘値修正値】 白兵:  射撃:  回避:  心魂:12  行動:24
【HP】     元値:40 修正値:150
【LP】     元値:3  修正値:10

■宿命/特徴/闘争/邂逅
 宿命:支配者  特徴:経済力  特徴効果:社会判定達成値+1
 闘争:平和  邂逅:期待

■初期パス
 【因縁】ベルナ・ディクからの期待

■準備された装備
 部位:名称(必要能力/行動修正/ダメージ/HP修正/射程/備考/参照P)
 右手 :               (必:-/行:-/ダ:-/HP:-/射:-/-/-)
 左手 :               (必:-/行:-/ダ:-/HP:-/射:-/-/-)
 胴部 :               (必:-/行:-/ダ:-/HP:-/射:-/-/-)
 その他:               (必:-/行:-/ダ:-/HP:-/射:-/-/-)
 乗り物:               (必:-/行:-/ダ:-/HP:-/射:-/-/-)
 予備1:               (必:-/行:-/ダ:-/HP:-/射:-/-/-)
 予備2:               (必:-/行:-/ダ:-/HP:-/射:-/-/-)
 予備3:               (必:-/行:-/ダ:-/HP:-/射:-/-/-)

■コロナ特技&一般特技
【SC104/自/自/オ/フ1】◆大いなる力
 宣:判定直後。対象の判定の[達成値]-[代償としたフレアの数字]
【SC104/自/自/マ/10H】◆魂魄破壊
 ダメージを与えた場合、ターン終了まで対象が受けるダメージが〈根〉になる。《輝く闇》には無効
【SC104/―/自/メ/なし】俺ごとやれ!
 〔Sin1〕対象が次に受けるダメージを倍にする。自分も同ダメージを受ける
【SC139/-/自/メ/なし】交易商人
 〔Sin3〕戦闘中使用不可。常備化している消耗品1つを消費。財産点を[消耗品の常備コスト×2]点得る
【SC139/-/自/常/なし】資産家
 プリプレイで取得する[初期財産点]+3D6
【LF160/Lv/自/オ/5H】教師L1
 〔SinLv+2〕宣:ダイスロール直後。同意した対象のダイス1個の出目を6に変更する。判定でも、ダメージ決定でも使用可能
【LF160/-/自/常/なし】鬼才(VF団相当)
 【根】以外の任意の【基本能力値】+2。キャラクター作成時の【基本能力値】上限12を越えても良い
【DD115/Lv/社/メ/なし】マルチリンガルL1
 自分のミーム以外に、Lv個のミームの言葉の会話、読み書きが可能。【社】判定に成功時、1シーンの間、知らない言語の会話が可能になる
【SC139/Lv/自/常/なし】清らかな衣L3
 【最大LP】+Lv

■ミーム特技
【SC125/自/常/なし】◆財力
 [初期財産点]+【社】
【SC125/自/ダ/なし】火砲支援
 代償に【社】までの任意の[財産点]を消費。対象のダメージ+[(消費した財産点×2)D6]
【SC125/自/メ/なし】再行動
 対象を[未行動]状態にする。範囲変更不可
【SC125/自/ダ/なし】シークレットサービス
 宣:DR直後。代償に【社】までの任意の[財産点]を消費。対象のダメージ-[(消費した財産点×2)D6]
【SC125/強化/自/マ/2H】バックアップスタッフ
 メインプロセスで行なう判定の達成値+【社】。ダメージを与える行動は行なえない
【SC125/-/自/オ/なし】先行投資
 〔T1〕対象:シーン。対象にフレアを1枚引かせる。財産点5点消費
【SC125/-/自/メ/なし】都市再建
 エンディング専用。〔Sin1〕破壊された都市や建造物1つを修復する
【SC124/自/常/なし】ネゴシエイト
 【社】判定のCT値を9にする
【LF108/自動、Lv/自/常/なし】◆封建領主L1
 【最大HP】+[(Lv×5)+30]
【LF108/Lv、強化/自/オ/フ1】外交使節L5
 〔SinLv〕宣:【心】判定を行なう際。達成値+【社】
【LF109/Lv、回復/自/イ/フ1】神殿建立L2
 〔TLv〕対象:範囲。【HP】を[【魔】+【社】]点回復する
【LF109/-/心/リ/4H】諜報組織
 【心】対決でダメージを与える特技に対して[突返]を行なう。勝利すると、[【社】×4+2D6]ダメージ
【LF109/Lv/社/セ/フ1】農地開発L5
 〔Sin[Lv÷2]〕[財産点]を[達成値]だけ得る
【RR092/-/自/常/なし】英雄王
 「種別:軍団」以外のアイテム・特技によるダメージ+【社】。ただし、「種別:軍団」の武器で与えるダメージ-20(最低0)
【RR092/-/自/常/なし】共和制
 【最大HP】+50。ただし、「種別:軍団」の武器で与えるダメージ-20(最低0)
【RR092/-/自/常/なし】我が血の同胞よ
 自分と1つでも同じミームを持つ対象に対して使用する、「種別:回復、防御」の特技の効果+【社】
【LF105/自動、ア/自/常/なし】◆商品在庫
 合計で[常備コスト:30]点以内で、任意の「分類:一般」のアイテムを常備化できる。経験点を追加して31点以上常備化することはできない
【LF106/ア、Lv/自/常/なし】模造商品:宝貝創造L2
 取得時に「種別:自動取得、選択取得、DB」以外の「種別:アイテム」特技から1つ指定し、以降、指定した特技として扱う(《模造商品:軍事物資》のように記述)
【RR089/Lv/自/常/なし】魔書応用L1
 プリプレイに、[Lv+2]個までの「部位:その他」の「種別:呪文書」を選択し、その部位を「片手」に変更
【SC136/自/常/なし】◆スターファイター
 星界を翔ける乗り物〈スターファイター〉を得る。【社】+2
【SC136/Lv、ア/自/常/なし】宇宙提督L5
 対象:シーン(自身以外)。メジャーで行なう判定の達成値+[Lv×2]。また、スターフリートを常備化し、使用することができる
【SC136/自/常/なし】身体小型化
 【行】+【社】
【FP090/自動、Lv、ア/自/常/なし】◆神の戦車L4
 「分類:歩行戦車」のアイテムを[Lv×10]点分常備化し、使用することができる。【社】+2
【GFE18/自/常/なし】◆宇宙英雄
 【技術】+2され[分類:テオス、エーシル]の武器、素手による攻撃もしくは[ミーム:テオス]の特技によるダメージに+[差分値] 
 プロミネンス以外で[防:魔]を得られない
【DD109/自動、ア/自/常/なし】◆夢の船乗り
 「分類:エーシル」の「種別:乗り物」「種別:防具(胴部)」の装備を1つずつ常備化
【DD110/Lv/自/イ/1L】友の礎にL3
 〔TLv〕「能力値:自動」「タイミング:メジャー」「対象:単体」のダメージ、[BS]を与えない特技を使用する。自身には使用できない。Lv上限:3
【FP091/自動、ア/自/常/なし】◆神装歩兵
 神装歩兵軍を得る。【社】+2
【LF145/自/セ/5H】◆予算陳情
 〔SinLv〕[財産点]+【社】
【LF145/-/自/常/なし】安心立命
 [重圧]を受けない
【LF146/-/自/イ/フ1】活殺自在
 [未行動]専用。自分が[行動済み]になると同時に、対象に即座にメインプロセスを1回行わせる。対象が[行動済み]でも有効
【LF146/Lv/自/オ/4H】文書作成L1
 〔TLv〕宣:判定直前。CT値-2
【LF143/自/常/なし】龍の佩玉
 【社】+2。キャラ作成時の【基本能力値】上限12を越えても良い
【FP068/自動/自/ダ/フ1】◆諸力召喚
 〔T1〕宣:DR直後。与えるダメージ+差分値
【FP068/-/自/セ/フ2】予言された時
 [未行動]専用。即座にメインプロセスを1回行なう。メインプロセス終了後、[行動済み]になる
【FP068/ア、Lv/自/常/なし】無限の書庫L3
 「種別:呪文書」のアイテムを[Lv×15]点分常備化し、使用することができる
【FP068/Lv/自/オ/2H】占星術L1
 〔SinLv+3〕宣:ダイスロール直後。同意した対象のダイス1個の出目を6に変更する。判定でも、ダメージ決定でも使用可能
【DC149/魔法、Lv/自/常/なし】魔術武器L1
 所持しているアイテムからLv個選択。選択した武器は「種別:呪文書」としても扱う
 この特技の効果を受けたアイテムを「右手」「左手」「その他」に装備している場合、【最大LP】+「装備中の『種別:呪文書』の数」
【FP070/自動/心/メ/フ1】◆アクロイド殺し
 [隠密状態]のキャラクターに対して使用できる。【心】対決を行ない、勝利すると[【社】×3+3D6]のダメージ
 以後、対象はシナリオ中「分類:犯罪者」としても扱われる
【FP070/自動/自/常/なし】◆緋色の研究
 「分類:犯罪者」に対して与えるダメージ+[【社】×3]。ただし、あなたが「分類:犯罪者」として扱われている場合は、無効
【FP070/-/自/メ/なし】殺人処方箋
 〔Sin1〕クライマックス&戦闘中には使用不可。指定した事件の真相が明らかになる、マスターシーンが即座に開始される
 取得した場合、常に【心】+2
【FP070/強化/自/オ/5H】プレイバック
 宣:リアクション直前。達成値+【社】
【FP067/-/自/常/なし】危うき天才(チェンジリング相当)
 【肉】-2し、任意の【基本能力値】1つを+2。プロミネンス以外で「防:社」を得られない
【SC132/自動、ア/自/常/なし】◆宇宙戦艦
 宇宙戦艦を得る
【SC132/自動/射/メ/2H】◆主砲斉射
 宇宙戦艦装備時専用。[【技】×4+4D6]ダメージの[射攻]を行なう
【DC142/強化?/自/常/なし】海洋艦
 《宇宙戦艦》取得前提。初期財産点+4。また、情報収集&対決以外の【社】判定の達成値+3
【DC142/-/社/メ/2H】市場艦
 宇宙戦艦装備時専用。購入判定を行なう(財産点使用可能)。入手したアイテムは即座に装備できる。取得した場合、初期財産点+3
【DC123/自動/自/メ/なし】◆隠蔽工作
 〔Sin1〕何らかの事実1つを社会的に抹消する。エンディングで使用した場合、セッション内の出来事全てを隠蔽できる
【DC123/自動/自/オ/フ1】◆高速演算
 宣:メジャー直前 or リアクション直前。メインプロセスで与えるダメージ+[《演算:●●》のLv×5]
 《あらがいの手》を取得している場合、[【根】×2]に変更
【DC124/選択、PSI、Lv/心/メ/なし】◆演算:カルテジアン劇場
 〔SinLv〕人の心を操ったり、記憶の改竄などを行なう。具体的に何が出来るかは『DC P.91』参照。取得した場合、初期財産点+[Lv×2]。コピー系特技でのコピー不可
【DC122/自動、回復/白/メ/6H】◆鉄拳制裁
 あなたと対象が同意した場合、この特技に対してリアクションを行なわなくてよい。[白攻]を行なう。ダメージの代わりに、【HP】を[【社】×4]点回復する
 対象がダスクフレアの場合、[【社】×4+4D6]ダメージ
【DC123/-/自/常/なし】番長の背中
 特技の効果や武器のダメージの算出の際、【社】+5として扱う。「ミーム:美酒町」のみの場合、【肉】+5としても扱う。コピー系特技でのコピー不可

■装備
[DC166]赫き大地の印章(部:-/射:-/HP:-)購:-/5
 宣:《魂魄破壊》使用時。経験点10以上消費の、執行者専用。《魂魄破壊》を使用した[攻撃]でダメージを受けた対象の、次に受けるダメージ+差分値。複数所持不可
[LF163]“王の佩刀”ヴァルナ(クルタナ相当)(部:片/射:至/HP:+0/行:-6)[-/50]
 【社】×3+2D6。<社>ダメージ+【社】 ×2 魔術武器指定
[SC154]水中呼吸の呪文書(部:そ/射:-/HP:+0)購:-/10
 BS[水中]無効
[RR067]神の見えざる手(太平要術相当)(部:他/射:シ/HP:+0)購:-/30/
 種別:呪文書 【社】×3+1D6。【行】-5 範囲 [白攻][射攻]に対して突き返し可
[FP106]惑星霊の魔法陣(部:-/射:-/HP:-)購:-/10
 種別:呪文書。「種別:呪文書」の武器による攻撃、[突返]を【心】で行なえる
[LF198]みんなで撮った写真(部:-/射:な/HP:+0)購:10/1
 〔Sin1〕宣:いつでも。フレアを1枚獲得する。複数所持不可
[SC157]多目的ゴーグル(部:一/射:な/HP:+0)9/1
 〔Sin3〕対象:自身。判定を振りなおせる。複数所持不可
[SC157]特殊通信機(部:一/射:な/HP:+0)5/0
 宣言:マイナーアクション。次のメジャーの判定+2
[LF197]社員証(学生証相当) (部:-/射:な/HP:+0)購:-/1
 [獲得コスト]12以下の[食事][サービス]の効果を受ける判定に+2
[LF199]総合保険事業部世界保障課(文科系クラブ相当) (部:-/射:な/HP:+0)購:14/1
 要学生証。〔Sin1〕【社】判定+3。1シーン持続
[LF190]宝貝・天帝勅書(部:-/射:-/HP:+0) 購:-/15/【行】±0
 判定の直後に宣言。ダイス目が12であったことにする。複数所持不可。消耗品
[LF190]宝貝・点破旛(部:-/射:-/HP:+0) 購:-/15/【行】±0
 ダメージロールに宣言。攻撃のダメージに+差分値or差分値を[差分値×2]にする。複数所持不可。消耗品
[DD121]ヨレヨレのスーツ(パイレーツジュストコール相当)(部:胴/射:-/HP:+25/行:0)購:-/3
[SC136]スターファイター(部:乗/射:-/HP:+20)
 [飛行状態][防:肉]を得る。種別:乗り物(ネチェル)
[LF173]ガルガンチュア(部:乗/射:-/HP:+40)購:-/20
 【行】30*。[防:肉][防:社]を得て、ダメージ+【社】。追加装備:インジェクター、多目的迷彩
[FP104]オルレアン(部:乗/射:-/HP:+15)購:-/10
 【行】8*。[防:肉]を得て、[射攻]のダメージ+5。追加装備:ウィンチユニット、ジャイロスピナー、射出式ハーケン
[LF174]インジェクター(部:-/射:-/HP:-)購:-/-
 歩行戦車専用。〔Sin3〕[水中][転倒]以外の[BS]を全て解除。複数所持不可
[FP104]ジャイロスピナー(部:-/射:-/HP:-)購:-/-
 歩行戦車専用。宣:マイナー直前。即座にエンゲージから[離脱]する
[LF174]ウィンチユニット(部:-/射:-/HP:-)購:-/-
 歩行戦車専用。[移動]中だけ[飛行状態]となる
[LF174]多目的迷彩(部:-/射:-/HP:-)購:-/5
 歩行戦車専用。[隠密状態]を得る。クリンナップに解除。使用のたびに代償:6H
[FP104]射出式ハーケン(部:効/射:シ/HP:-)購:-/-
 【技】×2+1D6。歩行戦車と同時にでなければ装備できない
[LF174]アシスタントクルー(部:-/射:-/HP:-)購:-/3
 歩行戦車専用。〔Sce1〕自分のダイスを1個6にする。ダメージロールでも可
[DD130]気体炸薬*3(部:-/射:-/HP:-)購:-/2
 宣:歩行戦車装備中に行なう判定の直後。達成値+2。消耗品。インジェクターとウィンチユニットを常備化していなければ使用できない
[FP091]神装歩兵軍(部:そ/射:至/HP:-)
 【社】×3+2D6。種別:白兵(軍団)
[DD120]宇宙帆船(部:乗/射:-/HP:+40/行:20*)購:-/30
 [飛行状態][防:肉][防:社]を得て、[攻撃]のダメージ+【技】。[水中][地中]を受けない
[SC132]宇宙戦艦(部:乗/射:-/HP:+50)
 【行】-10。[飛行状態][防:肉]を得て、「ブランチ:艦長」特技のダメージ+差分値。種別:乗り物(宇宙戦艦)
[RR076]メルの欠片(部:-/射:-/HP:-) 購:15/0
 【LP】+1。複数所持不可

■属性防御
 肉体:× 技術:× 魔術:× 社会:×

■戦術、設定、メモなど
リヒャルト=アルヴィン=ヴァーナミュンデ。旧イスタム新王国ヴァーナミュンデ公領を治めていた公爵である。
数多の弧界侵略者の侵攻を受ける第一次オリジン戦役の最中に爵位を受け継いだ、この若き領主は、アムルタートやグレズといった恐るべき戦力を前に、あろう事か自国の騎士団を解体し、非武装にて戦線を維持し続け、智将にして奇将と謳われた。
しかし、幾多の国難危急を乗り切ってきた彼は、第二次オリジン戦役開戦に伴うテオス侵攻に対し、至極あっさりと白旗を掲げ、ヴァーナミュンデ公領はテオス占領地となる。彼は名を捨て、爵位を捨て、無条件にテオスに下ったのだ。
音に聞こえし才覚は、そこで地に落ちた……かに見えた。
だが、彼は占領下のヴァーナミュンデ公領において、ネチェル軍の技術者らに巧みに取り入り、自身の持つネフィリムの技術とネチェルの技術を合わせ、独自の理論による部分身体小型化技術を開発。実用化に漕ぎつける。
部分身体小型化の特許を手に入れた彼は、その技術を『コレで誰もがモテ系美人!簡単マイクローンダイエット!』とネチェル女性に売り込み、大反響。
その資本を元手にネチェル人とオリジン人のアイドルユニットを結成し、占領下の公領に空前のロリ巨乳アイドルブームを巻き起こす。
一躍ヒットメーカーとしてネチェル提督とまで通じた彼は、表面上ネチェルによる支配体制を維持しつつ、平和的にテオス領内における事実上の自治を実現。
ヴァーナミュンデ公領は、ネチェル人とオリジン人の文化交流の聖地として新たな一歩を踏み出す事となる。
自身の統治基盤を磐石にした彼は、ネチェル人から艦隊戦術、スタンニアの民から歩兵戦術、セラフィム騎士から機甲戦術と、テオスの軍略の知識を仕入れつつ、ロンデニオンや暁帝国といった独自の経済基盤を持つ国家と通じる事で商業地としての基盤を拡大している。
昨今は美酒町やパンデモニウムとの交流も模索し、その経済版図は、一個人の持つレベルを遥かに凌駕する。
エーシルを主とする反テオス組織などとも秘密裏に通じ、経済的な支援を行っているようだ。
しかし、民間人を巻き込むような過激派の組織とは一線を引いており、彼の求めるのはテオスの崩壊ではなく、統治基盤の改革と、融和であり、武力での全面排除には否定的だ。
根本的に厭戦家で面倒ごとを嫌う性格である彼は、戦わずに済むならそれに越した事は無いと考えており、そのための方策を逐次練っている様子である。
だが、完全にダスクフレアとなった者に対して、甘い思考が通じないこともまた、弁えており、世界を壊そうとする者に対しては徹して立ち向かう心と力を備える。
タフでクールなネゴシエイトを得意とする反面、オリジン人としては身体が弱く、魔術も本来であれば簡単なものを、ごく弱い力でしか使う事が出来ない。
彼の力は、そうした純粋な戦闘術ではなく、金銭の取引により相手のフレアを収奪し、味方のフレアを増幅するマネーゲームだ。
世界のフレアと交渉し、適正価格にて適切な瞬間の奇跡を買い取るのだというその力は、まるで魔法のように常人の理解を超える結果を生み出すのである。
現在表向きはネフィリム資本の芸能事務所、A&Vプロダクションのカリスマプロデューサー、ラインハルトPとして活動しているが、同時にネフィリムコーポレーションの社員であり、肩書きは総合保険事業部世界保障課課長。
基本的に多忙な彼だが、仕事が無いときは富嶽様式にあつらえた平屋にて盆栽を楽しんでいる。

▼ツヅラ=エルファ=ヴィクセン
A&Vプロダクション社長。と言っても、基本的に名目のみの社長職であり、実際のところは各種事務や会計、ラインハルトのスケジュール管理などの仕事に奔走している苦労性の26歳。
惑星エルダ出身の、生粋のネフィリム系移民であり、J.A.C.O.Bによる第二次次元転移隊としてオリジンを訪れていた。
名目上イスタムよりの使者として早期にネフィリムに接触して来た当時のラインハルトの接遇を任されている内に、何故か彼のペースに巻き込まれ、彼のネフィリム就職の斡旋をする形となってからというもの、今日まで何かと彼に引っ張り回される日々を送って来た。
彼の就職に合わせて、秘書課から総合保険事業部損害補償課に転属になったり、いつの間にやら役職が自分より上になっていた彼の部下として振り回されたり。挙句、彼の親兄弟が弧界侵略者との戦闘で他界し、領主として国に戻らなければならないとなった時には、餞別の代わりにと、社から一緒に送り出された始末。
それでも何だかんだと言いながら、ラインハルトについて来ているのは、押しに弱いのか何なのか、正直なところ自分でも良く解っていない。
オリジン全土を飛び回っていたラインハルトに影のように付き従っていたが、現在はテオス領ヴァーナミュンデのプロダクション支社オフィスから殆ど動いていない。
それもその筈で、第二次オリジン戦役のテオスとの遭遇戦において、当時ヴァーナミュンデ領主であったラインハルトを庇い、下半身不随となる重傷を負ってからというもの、彼女は車椅子での生活を余儀なくされているのだ。
治療は可能であるし、もっと便利に身体機能を補える手段も勿論あるが、ツヅラもラインハルトも、それを望んではいない。
ラインハルトは、彼女を護れなかった己への自戒のために。そしてツヅラは、結果としてラインハルトから、彼が命を賭して護り続けていた己の領地を奪ってしまった事への贖罪のために。
……まぁ、勿論、国を捨て、名を変えた挙句に、トンデモナイ方向へと驚愕の転進を図り、ヴァーナミュンデを思想と経済の両面から実効支配するラインハルトに対しては、果たして本当に贖罪とか必要なのかどうかと頭を痛めているのだが。
『彼女は使用人としては三流、お茶を淹れるのは二流、情報戦は一流だ。そして何より、その着痩せして尚余りある巨乳は超一流と言っても過言ではあるまい。』という、かつてのラインハルトの放談は現在も変わらず、今日もオリジン全土の何処かを飛び回るラインハルトの『間違い無く結果的には社の利益になる無茶振り』に対して的確にバックアップ態勢を整えられるのはツヅラ社長だけ、と、プロダクション内部からの信任は厚い。