“導きの”キュベレー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■基本データ

キャラクター名:“導きの”キュベレー
プレイヤー名:秋明
性別:無性格  年齢:?
瞳の色:赤  髪の色:城  肌の色:?
身長:25cm  体重:10kg


【コロナ】 執行者
【ミーム】 グレズ/
【ブランチ】マシンライフ/
【消費経験点】131(能力値:6 特技:125 装備:0 パスの追加:0 ブランチの追加:0)

■能力値/耐久力
【能力値】    肉体:11  技術:12  魔術:10  社会:6  根源:10
【戦闘値元値】  白兵:6  射撃:11  回避:4  心魂:9  行動:9
【戦闘値修正値】 白兵:6  射撃:4   回避:4  心魂:9  行動:34
【HP】     元値:28  修正値:98
【LP】     元値:11  修正値:18
【希望】     元値:8   初期値:8

■宿命/特徴/欲望/邂逅
 宿命:造られし者   特徴:人工生命   特徴効果:ダイス目一つを6に変更、シナリオ1回 
 欲望:使命  邂逅:グレズ統合意識 

■初期パス
 【因縁】グレズ統合意識からの利用

■準備された装備
 部位:名称(必要能力/行動修正/ダメージ/HP修正/射程/備考/参照P)
 右手 :                   (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)
 左手 :                   (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)
 胴部 :純白の毛皮(ユニフォーム相当)    (必:―/行:+3/ダ:―/HP:+5/射:―/―/―)
 その他:転換の晶珠                        (必:―/行:―/ダ:―/HP:30/射:―/―/―)
 乗り物:                   (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)
 予備1:グランシールド(ウェポンマウント、輝く紋章)(必:―/行:+8/ダ:【技】×2+3D6/HP:15/射:―/―/―)
 予備2:荷電粒子砲(ウェポンマウント)   (必:―/行:+8/ダ:【魔】×3+2D6/HP:―/射:―/―/―)
 予備3:スピア(ウェポンマウント)     (必:―/行:+6/ダ:【肉】+4D6/HP:―/射:―/―/―)

■ギフト特技

【DD081/自動、ギフト/自/オ/希6】◆コントラクター
 宣:いつでも。同意したキャラクターに機聖晶を与える。即座に欲望を決定させること
 また、常に与えるあらゆるダメージ-30(最低0)

■コロナ特技

【SC104/自動/自/オ/フ1】大いなる力
 宣:判定直後。達成値-[代償のフレアの数字]
【SC104/自動/自/マ/10H】魂魄破壊
 メインプロセス中に行なう対決に勝利した場合、1ターンの間、相手は受けるダメージが全て〈根〉属性になる。《輝く闇》には無効
【SC104/-/自/メ/なし】俺ごとやれ!
 〔Sin1〕対象が次に受けるダメージを2倍にする。その際、自分も同じだけのダメージを受ける
【SC105/DB/自/オ/フ1】※アレーティア
 天使名デイブレイク。〔Sin1〕宣:「タイミング:常時」以外の特技系プロミネンス使用時。使用されたプロミネンスを打ち消す

【SC139/Lv/自/常/なし】清らかな衣5
 【最大LP】+Lv
【DC150/-/自/オ/効参】夜明けの光
 カオスフレア専用。〔Sin1〕[手札上限:10枚]の時のみ使用可能。宣:クライマックスのシーン終了時
 [戦闘不能][覚醒][死亡]を回復し、【HP】【LP】を1にする。代償:あなたと対象のフレア全て(最低1枚)


■ミーム特技


【LF134/自動、Lv/自/常/なし】機械中枢
 取得した場合、「分類:機械」としても扱われ、【最大HP】+[Lv×20]。取得時、《フォーム:●●》を1つ選んで取得
 「右手」「左手」「乗り物」の装備スロットにアイテムを装備しても効果を得られず、使用できない



【DD111/選択/自/常/なし】フォーム:魔胎形態
 《コントラクター》取得前提。同じエンゲージの味方が与えるダメージ+[あなたの【技】]
 対象が機聖晶のギフトを持つ場合、[あなたの【技】×2]に変更。《マルチフォーム》取得不可
【LF135/Lv/自/常/なし】ウェポンマウント2
 常備化している武器を[Lv+1]個指定。指定した武器は、装備スロットに装備せずに使用できる
【LF136/Lv、ア/自/常/なし】グレズウェポン2
 「分類:グレズ」のアイテムを[Lv×10]点分常備化し、使用することができる
【LF136/-/白/メ/2H】オールレンジ
 [白攻]を行なう。この際、武器の射程をシーンに変更し、[突返]不可に
【LF138/-/自/常/なし】人の心
 【根】+2。「ミーム:グレズ」のみの場合、+5に変更
【LF138/Lv/自/オ/4H】鋼の従者5
 宣:判定直後。達成値+[Lv×3]
【LF139/-/自/オ/なし】マシンハート
 クライマックス専用。〔Sin1〕宣:いつでも。山札からフレアを1枚得る
【LF141/DB/自/ダ/なし】※インベイションセル
 〔Sin3〕宣:DR直後。受けた[白攻]のダメージの半分(端数切り捨て)を、相手にも与える。属性は変更されない
【LF141/DB、Lv/自/オ/フ1】※ザフキエル5
 天使名デイブレイク。〔SinLv〕宣:フレア使用時 or 代償フレア消費時。同タイミングで重複使用可能
 使用したフレア1枚の数字を2倍として、その効果を受ける
【LF141/DB、回復/自/オ/効参】※サバタイオス
 天使名デイブレイク。宣:誰かが[戦闘不能]になった時。[戦闘不能]を回復し、【HP】を[あなたの【技】×2]点まで回復する
 代償:【LP】を1D6点失う
【DC146/-/自/常/なし】鋼の魂
 [重圧][放心][不信]を受けない
【DC146/DB/自/オ/効参】※フィジカルエクスチェンジ
 《フォーム:魔胎形態》効果中専用。宣:[戦闘不能]時。[戦闘不能]を回復し、【HP】を【技】点まで回復。代償:【LP】を1D6点失う
【DD111/DB/自/常/なし】※マーヤジール式魔法操師
 【魔】を10に変更する。以降、成長させることができない

■装備
緋色のリボン(薔薇十字の指輪相当)
ネタ帳(みんなで撮った写真相当)
滞留の呪文書
心話装身具

■属性防御
 肉体:× 技術:× 魔術:× 社会:×

■戦術、設定、メモなど

“導きの”キュベレー。
数居るキュベレーの内の一体であるが、担当していた前代守護魔法師の壮絶な末後を看取った時にカオスフレアへと覚醒を果たす。
グレズ統合意識に己がカオスフレアへと覚醒してしまった事を伝え、またその際に労力をかけて育てた守護魔法師が安易に魔性に変わり果ててしまうのはコスト的に非効率であると
統合意識に伝え、守護魔法師を数多く集めるよりも洗練され、魔性になりにくい守護魔法師を作る方針を提案し、そのプロトケースとなるべく新たな“導き”の使命を受けた。
速やかに、確実に、ただEvilを葬る為の施策を提案したつもりだが、自分自身に疑問を感じている。

『もしかして自分は、Evil討伐以外の事を必要としてしまったのではないか?』
『あの愚かな守護魔法師達から、何らかの良くない影響を受けてしまったのではないか?』

もしそうであるならば、それは断ち切らねばならない。
今も尻尾についているリボン。
前の守護魔法師が自分につけたリボン。
その持ち主自身の血で緋色に染まったリボン。
今の自分には不必要……いや、害であるはずの物品であるこのリボン。
それを捨てようとして……思い直す。
いやいや、今はそんな事を考えている場合ではない。
新たな使命を果たすことに注力すべきで、不要物の処理などいつでもできる。
優先順位の問題だ。

そのキュベレーはまだ気付いていない……いや、気付きたくなかった。
すでにその思考こそが逃避と言われるものであり、
統合意識に行った提案こそが慈愛であり、
リボンを捨てれない理由こそが、守護魔法師は愚かだと判断していたその源である感情……
ひいては【心】であることを。

芽生えかけた心と鋼の魂を胸に“導き”のキュベレーは新たなの守護魔法師を探す。
そして彼との邂逅を果たすこととなる。
血溜りの中で立ち尽くす彼を見て思う。

『彼はあまりにも歪だ』
『彼を守護魔法師としたところでそう長くはもたないだろう』

スルーすべきだ。新たな使命は魔性に落ちにくい守護魔法師の育成だ。
だが……

「悲劇を覆したくはないのかい?」と。

語りかけてしまう。
やはり……か……自分はもう……キュベレーとしてどこか致命的に壊れてしまっているんだな。



経験点100点程で作る気が、いつの間にか130点オーバーに。
でも、きっとよくあること。
こっから先はほぼ伸びしろがないので、急激に上がることはないだろうと思われる。