管理人による、Super Metroid Tricksの和訳です。
とりあえずざっと訳していくので、読み辛いかと思いますがご容赦ください。
また、誤訳があったら指摘してください。


サムスの当たり判定の変化(Varying Samus's hitbox)


サムスがジャンプしている間の当たり判定は、彼女の見た目と正確に一致しているわけではありません。これにより、いくつかの時間短縮戦略が可能です。

素早く着地する(Landing earlier)


下向き姿勢もしくは回転ジャンプ中は、サムスの見た目は上下方向に小さくなります。このとき、上、L、Rのどれかを押すまたはビームを打てば、サムスは完全に立ち状態になり数フレーム早く着地することが出来ます。

補足:回転ジャンプ中にショットボタンを1フレーム押すと、サムスは回転を止めるが、ビームは撃たない。しかしながら、もしチャージビームを入手している場合、もしくは他の武器が選択されている場合は、サムスは回転ジャンプを止めてすぐにビームを撃ちます。

コーナーを掴む(Corner hugging)


ジャンプして台に乗るとき、回転ジャンプでは必要十分な高さを得られないかもしれません。しかしながら、もしサムスが台に乗るであろう瞬間の数フレーム前に下向き姿勢をとれば、同じパワーとスピードのジャンプでも台に乗ることが出来ます。なぜなら下向き姿勢の当たり判定は回転ジャンプのときのそれよりも小さいからです。

コーナーブースト(Corner boosting)


壁や崖の終わりのそばで落ちる時、下向き姿勢で落ちながら、正しいフレームで右/左ボタンを押せば、サムスの位置は数ピクセル下に移動します。そして、崖に向かってボタンを押した場合、早く落ちることが出来ます。これは、下向き姿勢の当たり判定が、普通の当たり判定と比べて約半分の大きさであることに起因します。右/左ボタンを押すことにより、サムスは本来の当たり判定を取り戻し、当たり判定と衝突する崖の境界の下に押し出されます。

SMV デモ

この技はジャンプ/落下の始めに行うのが最も効果的です。最高速の落下スピードだと、サムスは時々下に押し出されることに失敗します。当たり判定が崖の境界に達するのには落ちるのが早すぎるからです。

台を掴む(Platform grabbing)

ジャンプボタンが押されている最後のフレームに下向き姿勢になり、そしてすぐに1フレーム台に向かって進むことにより、サムスは台に普通よりも早くジャンプして乗ることが出来る。

同じ方向に動き続ける必要がある場合、台を掴む前に台の縁にぶつからない様、ジャンプを調節することが推奨される。時には、それはより高いジャンプもしくは下向き姿勢をすることにより1フレーム速くなることを意味する。(訳の自信なし)

丸まりの技(Morphball tricks)

丸まり(Morphing ball)は全てのメトロイドゲームの象徴的アイテムである。とりわけスーパーメトロイドでは、その高い操縦性と最初の運動量(momentum)により、沢山の使用方法がある。

丸まりバウンド(Morphball bounce)

空中で二回下ボタンを押すと、サムスは空中で丸まり状態になる。下ボタンを押して、丸まった後前方ボタンを押し続けている間、もしジャンプボタンが押し続けられていたら、サムスの水平方向の速度は保たれる。

丸まり状態で地面に接触した時、サムスは完全に「接地状態」になる前に一回だけバウンドする。接地状態になると、サムスのスピードは丸まり転がり(morph ball's roll)のスピードへと減少する。このバウンドは、沢山の小さな台があって、さもなければより遅いジャンプしか出来ないような場合に、有効である。

ウォーターボール(Waterball)

グラビティスーツなしで水中に飛び込む際に丸まりバウンドを使用すると、丸まりバウンドが終わるまで水に入る前のスピードは保たれる。

Graveworm 曰く:

~~~~(~翻訳中~)

丸まりダッシュ(Mockball)

丸まりダッシュとは、走るスピードをリセットすることなく丸まりを使用する方法である。これを行うには、まず望んだスピードで空中にジャンプする。ジャンプのピークに達した後(もしくはジャンプボタンを離した後)、ジャンプボタンを押し続けながら二回下ボタンを押して丸まり状態になる、と同時に推進方向にボタンを押す。もしこれをサムスがバウンドしない程度まで地面の十分近くで行えば、サムスはバウンドする代わりに、彼女が前に走っていたスピードで、地面をスムーズに滑って行く。

カーゴボール(kagoball)

ゲーム内のあるオブジェクト(例えばカーゴ、動く台もしくは一時的な台、特定の敵など ― 一般的に”SPECIES”オブジェクトコードがふられているもの全て)は、落下速度が十分であるかつ、そのオブジェクトに乗る1フレーム前に丸まることにより、すり抜けることが出来る。良く知られた例は、リドリーの巣近くの金のゼーベス星人がいる右の部屋の、二つの垂直に動く針付きプラットフォームである。

SMV デモ

ボムジャンプ(Bomb jumping)

ボムはサムスの体を空中に浮かすために使うことが出来る。とても遅いが、この技はとても強健で、その探索的特性はほぼ限界がない。

サムスの当たり判定がボムの爆発に”捕まった”時、あなたは一時的にサムスのコントロールを失う。このコントロールのロックは、ボムのカウントダウンタイマー(bomb countdown timer)が9に達した時に起こる。もしそのコントロールロックに捕まったら、あなたはサムスが上昇し上方向のスピードが0に達するまで待たなければならない。

ホバリング(Hovering)

ホバリングは基本的に無限ボムジャンプ(IBJ=Infinite BombJump)であるが、高さを増すことがない。これは、高さを減らすとき(非常に遅くではあるが)、丸まりを解除することなく何かを待つ時、または無限ボムジャンプの準備に使われる。

高さを増すことなくホバリングを最適に行うには、前回のボムカウンターが7を指した時、そして2~3回に1回、6を指した時、に新しいボムを置くことが必要になる。

SMV デモ

ホバリング中に下降するには、前回のボムカウンターが5を指した時、そして3~4回に1回、4を指した時、に新しいボムを置けばよい。


名前:
コメント: