足踏みブースト(Super Short Charge)


動画





概要


 ごく最近に発見された新しいブースト法で、最も助走距離が短い。通常では30マスの助走距離が必要なブーストダッシュだが、これを用いれば、最高で 11マス程度 まで助走距離を縮めることが出来る。これは約1画面程度の幅である(動画参照)。

最初のブーストポイントまで足踏みをしているような動きを見せるので、このように名付けられた。海外では今のところ、"Super Short Charge" と名付けられている。catnap222 と Saturn 氏がそれぞれ単独で発見した。

やり方


  • 最初のブーストポイントまで、歩きモーションが止まらない程度に横キーを断続的に入力する。
    • キー入力:→ N → N → N
      • →:横キー、N:ニュートラル(横キーを離す)
  • 最初のブーストポイント以降は quick boost と同じ。

メカニズム


 横キーを一旦離すと、今まで溜まっていたブーストポイントは0に戻される。しかし、ブーストポイントの溜まる前(最初のブーストポイント前)までは、横キーを離してもブーストポイントは0のままでリスクが無い。従って、最初のブーストポイントまでは横キーを離すことができ、それにより助走距離がやや縮まる。

 一定の速度が出ている場合に横キーを入力しなおすと歩行モーションが解除されずに続行される仕様を利用したテクニック。
通常のクイックブーストでは来たるブーストポイントに合わせピンポイントでダッシュするのだが、
このテクニックにより最初のブーストポイントまでの移動距離を縮めることが出来る。

実際の使い方

TAS プレイでの場合


 非常に短い助走距離でブーストポイントを溜めることが出来るので、普通では考えられないところでシャインスパークを打つことが可能になる。動画で示す2つのケースはその場面の一部である。

最短距離を実現するには、「横キーを4フレーム押し、1フレームだけ離す」という入力を、最初のブーストポイントまで繰り返すと良い。「横キーを1フレーム押し、1フレームだけ離す」を繰り返すことでもほぼ同じ効果が得られるが、前者よりもやや助走距離が長くなってしまうので注意。



  • ベビー部屋から逃げたい場合のキー入力
26フレーム目に{方向+Bボタン}を1フレームだけ入力し初めのブーストポイント以降は方向キーは押しっぱにする。
→→→→N→→→→N→→→→N→→→→N→→→→N(B+→)
Boost Point:26Frame
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→(B+→)
Boost Point:25Frame
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→(B+→)
Boost Point:20Frame
→→→→→→→→→→→→→→(B+↓)
Boost Point:15Frame

最後はBと方向キーを↓に入力すると、ギリギリでシャインスパークまで持っていけます。ベービー部屋以外にもリドリーのエネルギータンクのある部屋でも使用できます。
ブーストポイントについてはクイックブーストこちらを参照


実機プレイでの場合


実機プレイの場合、最初のブーストポイントまでに何回もキーを入れたり離したりすることは出来ない。キーを一回だけ離すのが限界であろう。しかし、それでも十分に助走距離を短縮する効果が得られるだろう。

熟練したプレイヤーは、足踏みブーストを使って、助走距離を15マス程度に抑えることが出来る。