FRICTION


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FRICTIONたん「シャリが…うまいね」
そういって彼女は僕のを舐め続けていた。
外国からきた僕の彼女は日本語が苦手だ。
たまに間違えて使うこともある(いくら教えても彼女はち○このことをシャリという…何故だろう?謎だ)
しかしカタコトでそういう彼女に僕の熱いパルスがドックンドックン♪
気がつくと僕は羞恥心とサングラスをロッカーに預けてニューセンセーション!

アルバムで良いっつった自分が…
…後悔と反省しかしていない



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。