※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ふんわり甘い溢れる愛情

キュアシュクレ 甘野里美 
愛情を司るパティシエールのプリキュア。
チームを取り仕切る頑張り屋で、”皆の幸せは私の幸せ”と思っている生徒会長。
綺麗事ばかり言う偽善者だと思われようとも気にせず、己の信じる道を突き進む熱血少女。
面倒見が良く、仲間同士のすれ違いも的確なフォローを入れて仲裁したり、
事あるごとに「それがプリキュアだから」とプリキュアの在り方を説き、
何事にも挑戦する姿から、最早里美の口癖になりつつある。
自分が一度決めたことは最後まで貫き通す意志の強さを持ち、
周りの仲間達もその姿勢に引っ張られ、強く影響されているが、
生徒会長として、プリキュアのリーダーとして常に気張っている為、
自分の弱みを他人に見せることを嫌い、誰にも頼らず意地を張り通す事がある。
そして、自身を追いこむ結果に陥る場合も少なくない。
一度これだと思いこんだら一目散に突っ走ってしまう猪突猛進な一面もあり、
ちょっとした冗談でもムキになったり、早トチリも多い。

実家は、ラ・シュクレールと言う喫茶店で、ケーキの販売もしている。
彼女自身も積極的に店の手伝いをしており、甘い物や美味しい物には目がない。
最近では仲間達が店に入り浸り、賑やかなお茶会をしている。
さらには両親の配慮で怜治がバイトとして働くようになり、更に賑やかになった。
怜治に好意を抱いていることを自覚しているが、彼の前に行くとよく赤面しては自滅する。
なおかつ、友情と恋情の境界が非常に曖昧で、その辺りは自分でもよく分かっていない。
その上、対象が色恋沙汰には全くの無頓着で鈍感である為、里美の想いはやんわりと一蹴されてしまう。

プリキュア・ローザエクレール
ピンク色の稲妻を放つ。マヒ効果があり、敵の動きを鈍らせる。

プリキュア・ケイクカリス
ハート型のケーキを敵に投げつけて、まろやかな気分にさせて浄化。
分量を間違えると、仲間が後処理する羽目に。
※食べ物は粗末にしない。

IV:花澤香菜