※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TIPS Total: - Today: - Yesterday: -
※バージョンアップが頻繁なゲームなので現在の仕様と異なってる場合有※
※公式Wiki等からも抜粋※
他にもなにかあったら↓のコメントへおなしゃす

Engrams(クラフト関係)

  • CompostBinで1つの肥料(Fertilizer)が作られるときに使用される材料は、
 同じ種類のFeces(う○こ)3個とThatch50個。
 時間はゲーム内時間で半日~1日。

  • HideSleepingBagとSimpleBedはリスポーンポイントであり、ファストトラベルも可能。
 違いはHideSleepingBagは1回だけの使い切りなところ。

  • StandingTorchは、Thatch1スタック(100個)でゲーム内時間で1日燃え続ける(らしい)。

  • BloodExtractionSyringeは1回使うとHP25を失い血液パックを1個作成。
 連続で作成する事は出来ず、5秒ほどのクールダウンあり。
 血液パックは腐らず、使うと2秒くらいかけてHPを20回復する。

  • SlingShotは恐竜を気絶させるのに向いている(素手殴り→SlingShot→TranquilizerArrow)。
 特に亀には、引き打ちしてるだけでOKなくらい使える。

  • NarcoticのTorpar増大値は、NarcoBerry5個分とあまり変わらないけど、
 腐らないし、TranquilizerArrowの材料にもなる。

その他

  • テイムした恐竜等のインベントリにアクセスするときは、Fキーが便利。

  • ショートカットに登録しているツール等が壊れた場合の修理は、インベントリを開かなくてもショートカットキーを押すことで可能。

  • (意外と勘違いしがちだが)Saddleが無くてもテイムはできる。

  • 2015年6月15日現在、すべての岩からMetalが出る可能性がある。
 (もちろん場所による増減は有るけど)

  • 支援物資?(光の柱のアレね)からBluePrint(設計図)を入手する事がある。
 これは対応したレシピを覚える、わけではなく
 インベントリから使用することでそのアイテムをクラフト可能。
 レシピを覚えたわけではないので、例えばClothHatのBluePrintを入手しても
 HideHatを覚えるための前提条件クリアとはならない。
 なので、そういうのが絡まないものを拾うと嬉しい。サドルとか。

  • 割とマルチ(複数人で分散してレシピ覚える事が)前提なところがあるから、EngramPointの消費は慎重になったほうが良い(かもしれない)。
 BluePrintで多少は補える?


名前:
コメント:


javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。