cadencii_jp @ wiki

NRPNに記録されるクロックと「プリセンドタイム」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「設定」->「プリファレンス」->「その他の設定」の「プリセンドタイム」の設定値と、NRPNに記録されるクロックの関係を調べた結果です。

音符の開始時刻は、vsqのメタテキスト部分には「クロック数=イベントID」の形で指定されます。純粋なNRPN部分にも音符の開始時刻が記録されますが、実際に記録されるのは発音開始時刻より小さな値となります。どれだけ値が小さくなるかは、プリセンドタイムの設定に依存します。

ここでは,プリセンドタイムの設定値を t_{p} [ms]、テンポを tempo [bpm]、メタテキスト部分に記述される発音時刻を c_{m} [clock]、NRPNに記述される時刻 c_{a} [clock]とします. c_a の値は,先行発音が t_{p} 以上となるような最大の値が使用されることになります.特に,テンポの変更が無い場合,\Delta c \equiv c_{m} - c_{a} [clock]は、次で計算できます.
  \Delta c=\lceil \frac{t_{p} \cdot tempo}{125} \rceil