騒動の経緯


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

騒動の経緯

2015年5月24日

2ちゃんねる・人形板の一部スレッドに長谷川馨氏の無断トレース疑惑を告発する書き込みが行われる

 

2015年5月28日

スレッド住民が長谷川氏に問い合わせるも、「匿名の質問者には答えられない」との回答

氏の回答結果を受け、twitterにて検証アカウントが作成される

検証アカウント、並びにスレッドにて検証画像が作成される

検証アカウントの質問に対し長谷川氏からコメント。その後長谷川氏は検証アカウントをブロックする 

長谷川氏、twitterアカウントにて自身に賛同するツイートを大量にリツイート(後に謝罪)

 

2015年5月29日

作品の写真を公開していた長谷川氏の各種SNSから過去の作品が削除され、閲覧不可になる

 

2015年5月30日

togetterにまとめが二つ作成される

 

2015年5月31日

ミンネ、クリーマでのグッズ販売が中止される(長谷川氏本人によるものと思われる) 

 

2015年6月04日

ヴィレッジヴァンガードが通販を一時停止(6/2時点で止めたという情報も) 

togetterのまとめが二つとも「規約により非公開」となる

長谷川氏のtwitterアカウントにて画像を無断トレースされたBlue Fairy社と協議中と思われる内容のアナウンスあり

 

2015年6月08日

長谷川氏のInstagramに投稿された批判的なコメントや質問が削除されているのが確認される

Blue Fairy社が自社ウェブサイトおよびtwitterで公式見解を発表

長谷川氏、Instagram上で「疑惑のような事実は一切ない」とコメント

長谷川氏のtwitterアカウントが非公開に(検証スレッドにて、「事実無根です!!陰謀です!!」というコメントがされていたとの証言あり)

 

2015年6月09日

長谷川氏、twitterのアカウントを削除

Instagram上で長谷川氏が無実を訴える書き込みを行う

長谷川氏がBlue Fairy社からの英語のコメントを削除、続けて書き込まれた日本語のコメントも削除の上BF社をブロック

Instagramの長谷川氏のページが非公開に

 

2015年6月10日

アートコンプレックスセンター(ACT)の取り扱い作家情報から長谷川氏の名前が消える

 

2015年6月11日

Blue Fairy社が第二弾の公式見解を発表

長谷川氏のPixivアカウントが削除される

 

2015年6月17日

Blue Fairy社がサイト上で長谷川氏の代理人と名乗る弁護士からの通知を受けたことを発表

 

2015年6月28日

長谷川氏がtwitter上で「著作権侵害は行っていない」「グッズの販売を近日中に再開したい」と発言

 

*なお、2015年6月11日時点で長谷川氏はグッズの販売を継続中だったため、「再開したい」というのは本人が出品を取り下げていたハンドクラフト系サイトや海外へ向けてのことと思われる

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。