烈火魂人物紹介


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

口調の参考にアニメの台詞を少し載せています。アニメ未視聴の方はネタバレにご注意下さい。


  • RPの目安になるように簡単にまとめました。空欄は確認次第随時追加していきます。
  • 不備がありましたら長くならない程度に追加編集して下さい。 
    (人物) (一人称) (二人称) (特徴・口調等)
    烈火幸村 お前・名前

    熱い主人公らしい口調。バトル時以外は落ち着いた面や表情豊かな面も。「~ぜ」「~だ」「ありがとうな」

    「トシがいる、早雲もいる。兼続だって」「いや、お前に次のターンはない」「うおおお!燃えろ、俺の魂!」

    「俺はまだ終わってない!」「俺たちは、一度やられたぐらいで諦めたりしない!やられても立ち上がって、戦い抜くんだ!」

    黒田環奈 拙者 おぬし・名前

    幸村の参謀、マスコット的可愛らしさを持つ。バトスピに関して豊富な知識量とあらゆるパターンを想定する頭脳を持つ。

    観戦時は解説役。カンベエ。「ごぢゃる」。ご「じ」ゃるではない。「幸村はソウル神速を警戒してるのでごぢゃろう」

    「流石幸村、頼りになるでごぢゃる」「つべこべ言ってないで、~でごぢゃる!」「しまった!~でごぢゃったか!」

    暁佐助 オイラ 名前

    最後まで諦めない。幸村を慕う少年。ムサシの事情を知らない幸村達に説明すること多々。度々突っ込み役になる。

    「大丈夫、それでも幸村は勝つ!絶対に勝つんだ! いけーっ幸村ー!!」「わりぃ、ここは頼んだぜ!」

    「どんな逆境も、幸村なら必ず乗り越えられる!」「今オイラ達で揉めてる場合じゃないだろー!」

    炎利家 オレ

    テメェ・

    お前・名前

    炎組。虎。本人曰く群れたい訳ではないようだが慕う者達を大切にしている。やや荒っぽい口調。頭の回転が速い。

    「気にくわねぇな」「チッ…」「…ったく、騒々しい奴らだ…」「見せてやるぜ!炎利家の戦い方ってやつをなぁ!」

    「だったらもう一度、テメェをぶっ潰してやるだけだぁあああ!!」「ったく、しゃーねェな」

    群青早雲 自分

    貴様・名前・

    お前達(部下)

    群青組の姫。海。常に落ち着き冷静である。女性らしい言葉では話さない。「~だ」「くっ…!」「【名前】、貴様~」

    「さあ、始めるとしようか」「このうつけ者が!」「くっ、自分は誰の挑戦でも受けてやる!」「騒ぐな!これしきの事」

    「見ていろ兼続…まずは貴様だ!」「これで貴様は首まで水に浸かった」「自分は海……そう、海でありたい」

    宝緑院兼続

    お前・名前・

    貴様

    愛。修行。それぞれが自由にバトスピ出来る平和な町を作りたい。

    「そこに愛はあるのか」「強さとは、すなわち愛」「我が愛に勝る力なし」

    「貴様、俺の力をその身で受けてみたいと言ったな?ならばしっかりと刻み込め!これが、俺の愛だあああ!!」

    真白藤吉郎 俺っち

    名前・

    親方様(魔王)・

    蘭丸さん

    真白軍。猿。お面軍団。バトル時には猿芝居をしたり相手を煽るところがある。「利家君」「姫様」「兼続様」

    「ウキーッ」「キキッ、俺っちとやろうってのか?」「面白くなってきたぜぇ」「なーんちゃって」

    「誠心誠意尽くす所存でございます」「ウッキッキー!勝負あったなぁ?そろそろ終わりにしてやるぜ」

    紫鬼神蘭丸

    君・名前・

    親方様(魔王)

    紫の死神。敬語。言葉巧みに相手を誘い罠に嵌めるのが得意。

    「僕は何度倒されたっていいんですよ」「僕は君を評価しているんですよ」「ささやかなお返しですよ」

    「それでこそ僕が見込んだ男」「僕は君の力になりたいんです」

    百黄半蔵 拙者 おぬし・名前

    忍者。人前に登場する時、琵琶を弾き平家物語を歌う。単独でひっそりと様子を窺う事が多い。「はい、これでおしまい」

    狸のスピリット・フーリンが大好き。「拙者のフーリーーーン!!」「不足コストはフーリンから確保!」

    「百黄半蔵、見参」「拙者とカードの物語、一の巻」「BP0になったスピリットは…ボン」「諸行…無常なり…」

    太一 オレ

    名前

    お前

    食べるの大好きな少年。食事、大事。佐助の友人。

    「~だぜ」「やったぜ幸村!」「ちぇっ、勝手なこと言ってら」「おーい佐助ー!いるんだろー!」

    有弥 オレ 名前

    ちょんまげの少年。疑問点を口にすることが多い印象。佐助の友人。

    「一気に決めちゃえ!」「大丈夫なの?」「これで反撃の準備が整ったぜ!」

    拓馬 名前

    眼鏡の少年。説明が上手い。有弥と行動する事が多い模様。佐助の友人。

    「~だよ」「~なの?」「~だけど」「つまり~ってことか!」「意味ないじゃん」

    赤井長頼 オレ

    名前

    トシさん

    炎組親衛隊筆頭。利家を慕っているが言動によっては度々叱られている様子。

    「頼みますよ、トシさん!」「流石トシさん!見事な攻撃っす!」「こんな所で何やってんすかトシさん」「すげぇ…」

    天魔市 私(わたくし) 名前・あなた

    IBSAの最年少幹部。日傘の黒髪美少女。お嬢様。「~のです」「もう、勝家ったら。驚かせちゃってごめんなさい」

    「あらまあ…」「棚からぼたもち。ボイドからコアブーストなのです。」「だって、それではつまらないのです」

    白伊紫勝家     市の付き人。背・体格・手が大きい。多色デッキ使い。「無礼者!」
    第六天魔王  

    名前

    猿(藤吉郎)

    親方様。蘭丸・藤吉郎を従えている。6色デッキ使い。「まずは幸村が勝ったか」

    「負けた時にこそ、バトラーの真価が問われる。敗北の中から何を学び、いかに成長するか…果たしてこの二人は」

    信兄   お前・幸村

    幸村の探している相手。「いくらでも相手になってやる」「いくらでもかかってこい」

    「だったら立て、やられてもやられても立ち上がれ」「立ち上がった分だけ、お前は前より強くなっている」

    群青組の

    片目隠れの女子

    自分

    あいつ

    姫(早雲)

    群青組に属している片目隠れでセミロングヘアーの女子。髪に小さな角みたいな飾りをつけている。膝丈タイトスカート。

    「しかもあいつ、疲労状態でブロックして…!」「次勝てばいいだけっす!自分ら、絶対姫について行きますから!」