※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

183 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 16:13:13 ID:wiU2pVak
この先見たいもの

・助手席。
・ネクタイしめ。
・お姫様抱っこ。
・二人でお買い物。
・コジ→キリのハグ。
・アイコンタクト、シンクロ。
・てかもうイチャイチャ全部。とにかくイチャイチャ。
・二人が一番最初に出会った時のお話。
・卒業2~3年後のお話。
・できれば4~5年後も。
・老後も見たい。
・実際の所、二人が楽しげに会話してれば何でもいいや。


192 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 19:28:58 ID:IqzMtayR
助手席は見たいなぁ。

・・・・・。

「悪いな、キリノ。合宿の買出しに付きあわせちまって。」
「いやいや、これ位朝飯前っすよ。」
「いやーホント、お陰で助かったわ。さて、買い忘れた物もないし、学校へ帰るとするか。」
「ほーい。あ、荷物どうします?」
「おぉ、後部座席の方にでも置いといてくれ。」
「はいはい。じゃあ、失礼しまーす。…よいしょっと。」(バタン)
「おいおい、オバチャン臭ぇなぁ。(バタン)
 よし、じゃあ出発。キリノ、シートベルト締めろよ。」
「むー、花の女子高生を捕まえて何て事を。」(カチャリ)←シートベルトを締めた音
「進路よーし。安全確認よーし。ほい、出発しんこー。」

ブォォォン…。

「最近、日が落ちるのが遅くなったなぁ。」
「そうっすねー。うわぁー、綺麗な夕日ー。」
「ほう、どれどれ。」
「わ、センセー。余所見しちゃ駄目じゃないっすかー。」
「嘘だって、ジョークジョーク。」
「もー。」
「わはははは。…何か、デートしてるみたいだな。」
「…ふぇ?」
「いや、助手席に女の子乗せて運転するなんて、初めてだからさ。」
「そうなんですか?」
「おうよ。まぁ、実家に帰った時にお袋乗せた事はあるから、厳密には違うかもしれんが。」
「ふーん。…そっか、初めて、なんだ。エヘヘ。」
「ん?どした?何かおかしな事言ったか、俺?」
「んーん。別にー♪」
「?」

終始ご機嫌でニコニコなきりのん。そんな横顔につい見とれるセンセーとか。


195 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 20:57:20 ID:9+mm9I8U
悪いキリノだと

「ありゃ、今日月曜日か。すまんキリノ、
 ちょっとそこのコンビニでジャ○プ買って来るんで車で待っててくれ」
「いーすよー」
「お前も何か買うものあったら」
「あたしゃー別になんで、車で待ってます」
「そっか、すまんな」

キキッ(車が停まる)

「じゃあ待っててな。すぐ戻るから」
「ごゆっくりー」

―すんすんすん(鼻腔をくすぐる車の香り)

「(緊張して気にしてなかったけど、これがせんせーの車のにおいなんだー…)」
「(このにおい好き……)」

徐々にお尻の温もりが残る運転席のシートに鼻が近付く

「(っも、もうちょっとだけ……)」

「………ナニしてるんだ」
「ひょえっ!?」