※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

682 名前:自治スレ@ローカルルール議論中[sage] 投稿日:2008/09/02(火) 18:56:51 ID:QVIB1q71
rEakGPWyが来るまでのつなぎの小ネタ
・5年後のインターハイ

「センセー、久し振りにお弁当作って来てあげたよ」
「おおっ、サンキュー気が利くな」
「ううん、たまたま近くに寄ったから。じゃあねー」

呆れる他の部員たち。中には悲しむ者も。

「いや気が利くな、っていうか…ありえないでしょ」
「たまたま近くに寄ったから、お弁当って…しかもあんなに大きいの…」
「先生って、確かまだ結婚してなかった筈だよねえ…?」
「あのひと、先々先代くらいの部長さんだよ確か…」
「去年、前の外山部長が言ってたけど『あそこは、ほっとけ』って…このこと…?」

副顧問の吉河先生、呟く。

「相変わらずですねえ、紀梨乃さん…今日って二人にとっては何かの日なんですか?」
「いや俺も良く分からないんですが…インターハイって言うと、何かあったかな…よっと」

ぱか、と弁当箱を開くと。
”祝!お弁当5周年――――今日も頑張ってね”

「あー…」
「そういや、ちゃんと貰ったの、5年前の今日が初めてでしたよ。
 あの頃はあいつも大変そうで…だから、だったのかな」
「ちゃんと覚えてらっしゃるじゃありませんか」
「いっいや!俺にとっても結構印象的な日だったんで覚えてるっていうか…
 特別っていうのとは、また違うんですけどね」
「僭越ですけど…あんまり待たせるのも、よくないと思いますよ?」
「…わかっては、いるんですがねえ…あれ?先輩?」

「マイハニ~!」と能天気な声で近付く石橋。

「あなた、どうしたの?自分の学校は?」
「いやぁ、ハニーの様子が気になってさあ…おいコジロー、うちの妻に無茶な事させとらんだろうな!」
「させてねえっすよ!冗談じゃない!」

そのまま惚気始めた二人に一歩引いた位置で、コジロー。

「(…分かっちゃ、いるんすけどねえ…)」

弁当をつまみつつ、「ハニー」と「あなた」で語り合う二人を横目に。

「……どうも俺たちが、あんな風になるのは…想像できねえや、はは」



それを聞いた、そこに居る全ての部員が……「どこがだよ」と心の中でツッコミを入れたのは…言うまでもない。