※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

615 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/12/11(火) 12:26:52 ID:eUQ1QSs6
きりのんの美乳で骨抜きにされるコジローが見てえ

617 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/12/11(火) 13:03:20 ID:4YqM6gn6
>>615
次の練習試合での先輩とキリノの会話がこんな。

石橋「(おい君、コジローの奴なんで今日はあんなに発奮してるんだ?)」
キリノ「(むっふっふ、私もよく知らないんですけどね、最近気合入ってるんですよ~うちの先生)」
石橋「マジかよ…何でまた。え~、ごほん。(…君のその、形のいいおっぱいにでも釣られたか?はは)」
キリノ「うぇ!な、何!?(…セクハラっすよぉ~、てか、先生のお知り合いって皆そんなのばっかですね)」
石橋「…ほーう?(はは、まあ、そういう事にしておくか)」
キリノ「(…?)」

コジロー「あ゛~先輩、なにうちの部員と仲良くしてるんですか!さては情報でも聞き出そうってハラだな!?…キリノ!お前も敵と仲良くしてるんじゃあないっ!」
キリノ「はいはい…(それじゃ、失礼します、石橋センセ)」
石橋「おう、すまんなコジロー(まぁ、君も頑張ってな)」
キリノ「(はーい…って。)な、な、何を頑張るっすか!?」
コジロー「おお、その意気だぞキリノ。がんばれ!」
キリノ「はぁ…(たくもぅ、先生もそうだけど、この人の知り合いって…汗汗)」

[終]