※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

935 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/05/12(月) 00:18:41 ID:DBPSl0wj
もしもコジローが香水の匂いプンプンさせて剣道場にやって来たら…

937 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/05/12(月) 00:23:09 ID:+gmuS3IV
>>935
キリノ「せんせー、吉河先生と昨日なにやってたんですかー?」
コジロー「な、なんにもしてないぞ。」
キリノ「ほんとーに?」
コジロー「あったりまえじゃないか。」
キリノ「ほ ん と - に ?」
コジロー「本当だ。じゃあ・・・逆に質問するけどよ」
キリノ「ほい?」

コジロー「もし、昨日二人でイチャついてたって答えたら、どうする?」
キリノ「え・・・」
キリノ「それは・・・その・・・(考え付かない)」

942 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/05/12(月) 00:45:42 ID:+gmuS3IV
>>937のつづき

キリノ「え、えと・・・その・・・」
コジロー「(ニヤニヤ)どうした?言ってみろよ、別に怒ったりしないぜ?」
キリノ「い、言えるわけないじゃないですか!」
コジロー「えー、なんでだよ?」

キリノ「・・・!」
キリノ「せんせーが好きだからに決まってるでしょ!(あんた顧問でしょ!の表情で)」
コジロー「・・・えっと」
キリノ「あ・・・」

キリノ「あ、あははははは。と、とりあえずメンチカツでも食べて頭冷やします?」
コジロー「お、おう。じゃ、じゃあもらおうか。」
キリノ「どどどどど、どうぞー。」
コジロー「おい、それメンチカツじゃなくてタワシ。」
キリノ「にゃっ?!おおお、落ち付いて、せんせー落ち付いて。」
コジロー「お前がな・・・。」
キリノ「あはは、いやですねー、ほら、今お茶入れますからね。」
コジロー「おう、サンキュー。っておい!お茶コップじゃなくて弁当箱に入れてんぞ!」
キリノ「え?わわわわわわ。」



サヤ「泣いていい?」