※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

347 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/04/10(木) 05:56:37 ID:RuGeKaBy
突発的ヤンデレタマ日記~豆大福編~

先生が坂口さんのところに剣道具を買いに行くと言い出した。それも部員全員で。
……ユージくんと二人で行くつもりだったというのに、台無しだ(こういう口実でもないと一緒に出かけてくれないのがユージくんで、誘えないのがあたしなのだ)。
この間は面で瞬殺してしまったけれど、今度隙を見て突きを食らわせておこうと思う。
大丈夫、なにが起きたって稽古中の事故ということで済ませられる。お母さんもよく使った手らしい。

坂口さんのところでは、ユージくんが経験者らしく初心者の二人に色々と教えてあげていた。
デフォルメ男子(名前なんだっけ)のピントのずれた質問にも律儀に答えてあげるなんて、本当にユージくんは優しい。
でもその優しさはあたし以外に向けなくてもいいんだよユージくん? 無理しないでいいんだよ?
……それくらいしか記憶に残ってない。だってユージくんしか見てなかったんだもの。
あとはユージくんの食べかけの豆大福をねだったことくらいだろうか。
もちろんユージくんは躊躇なくそれをあたしにくれた。

「まめだいふくおいしかったね」
「うん」

あらゆる意味で美味しかったよユージくん。