※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

402 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/04/13(日) 10:06:31 ID:hMh5pdmV
ユータマの夢を見た。

「ユージくん、駄目だよ。 今、汗臭いから……」

とかタマちゃんが言ってた。重症ですかそうですか。

406 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/04/13(日) 18:17:59 ID:Bkg2SZJx
>>402
何かユージの事を異性として意識し出したタマちゃんが部室の洗濯場でふとユージの脱ぎ立て胴衣を嗅いでみちゃう姿が浮かんだ。
最初は恐る恐る少しだけ吸ってみるんだけど、嫌な感じがしなくてむしろこれがユージ君の匂いなんだと意識しちゃって
胴衣に顔を埋めてスーッと深く吸ってみたところで「タマちゃん?」と目の前にユージがですね。

422 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/04/13(日) 23:34:16 ID:acln+NLQ
>>406
A・クオリティ発揮・クラッシュルート
 :「あ、ごめん、タマちゃん。そんなに臭かった?
  自分でもそれなりに気を付けてるつもりだったけど、やっぱり女の子からすると全然ダメなのかなあ」

B・奇跡のイベント発生ルート
 :タマちゃんが胴衣に顔を埋めて、
  顔を赤くしながらクネクネもじもじハァハァしているので流石のユージも何かに気付くルート

C・他ルート:例「タマちゃんが余りにテンパるので流石のユ(ry」等々
D・他の人にもめっかっちゃったよルート

UGQの壁は高く厚いけど、俺、何とかしてA以外に持っていこうと思うんだ…
この作戦が終わったら、故郷に(ry

430 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/04/14(月) 19:15:21 ID:k0K+rNBy
>>422
Aルートでこんな妄想が浮かんだ。

タ「えっ?あ…うっうん、ユージ君がもう長く使ってるからなかなか匂いが落ちなくなってるみたい
  だから、あの、あたしが家で洗って持ってきてあげる」
ユ「そんな、いいよタマちゃん。俺が自分で洗うから」
タ「大丈夫!あたしは昔からよく自分で洗ってるから胴着の洗い方に慣れてるし、洗ってあげる」
ユ「ん~~~、そっか。じゃあお願いしようかな。ありがとう、タマちゃん」
タ「うん、気にしないでいいから…大丈夫(とっさに嘘を付いちゃった…どうしよう」

次の日の放課後

タ「ユージ君、これ」
ユ「あっタマちゃん、もう剣道着洗えたんだ」
キ「おー何々?どうしてユージ君の胴着をタマちゃんが洗ったの?」
サ「良いねーいつの間にそんな仲になったのかなー?」
ユ「あはは、そんなんじゃないですよ。単に俺の胴着がもう使い古してるせいで匂いがなかなか取れないらしかったんですけど
  タマちゃんが慣れてるからって胴着を洗ってくれたんですよ」
キ「へー、綺麗になってるね。 ま る で 新 品 み た い だ よ 」
ユ「本当だ、あんな汚れてた胴着が 新 品 同 様 だ よ。流石タマちゃんだね」
タ「ん…大した事じゃないし。また、別のが有ったら洗ってあげるから、良かったら言ってね」

そんなタマちゃんの財布には『剣道着 ×1 7000円』と書かれたレシートが潜んでいるのは誰も知らない。

467 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/04/17(木) 00:13:44 ID:iXbrwLk3
タマちゃんがユージに新品の胴着を渡した数日後。
部活後にみんな先に帰って偶然道場へ二人きりになったユージとタマちゃんという状況で。

ユ「ところでさ、タマちゃん。ちょっと聞きたい事があるんだけど」
タ「ん、なに?ユージ君」
ユ「俺の胴着は何に使ってるのかなぁ?タマちゃん?」
タ「!?えと…な…何の……事…ユージ君」
ユ「はは、本当の事を言っても大丈夫だよタマちゃん。幾ら俺でも新品の胴着と自分が使い古した胴着くらい分かるよ
  それと、あの時タマちゃんが俺の胴着で何をしていたのかも…ね」
タ「あ…あの…ユージ君…それは…その」
ユ「大丈夫だよ、別にタマちゃんを怒ったり責めたりしてるわけじゃないし、嫌いにもなったりしないよ。だから安心して
  ただね、あの時、俺の胴着の匂いを嗅いで、どんな気持ちだったのか、教えて欲しいんだ」
タ「ユージ君の…胴着の匂いを嗅いで…どんな…気持ちだったか……」
ユ「そ、こんな風に(ギュッと抱き寄せる)俺の匂いを嗅いで、タマちゃんはどんな気持ちになったの?
  タマちゃんの口から、はっきりと聞きたいんだ(耳元で囁きながら)」

こんなエロ展開一直線な妄想が浮かんでしまった。
こんなのユージじゃないよ!!