※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

668 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/02/02(土) 00:46:45 ID:+bBkDCJL
タマ「ユージくんは私の嫁です」

669 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/02/02(土) 01:03:25 ID:lULTzGtm
>>668
嫁かよwww

しかし最近の原作ユージの女顔っぷりを見ているとそれはそれでアリかなとか思えてしまう俺はきっと末期

670 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/02/02(土) 01:42:54 ID:3I/Tx2hR
>>669
「……ユージ君は、彼女とか、いないの?」
「いないよ?……まぁ結婚する約束した人はいるけど」
「!!……そ、それは……良かったね……」
「……でも、俺がお嫁さん役なんだよね」
「?!?!」
「……あれ?タマちゃん覚えて無いかな……ほら――」

『今日は私がブレイバーで、ユージ君は、助けられるお姫様役』
『うん、いいよ』

「……ええっと……?」
「でさ、遊び終わってから――」

『タマちゃんはいつもカッコいいね』
『えへへ……私が、ユージ君を守ってあげるよ』
『あー、そういうの『ぷろぽーず』って言うんだよ』
『それなぁに?』
『テレビでやってた。えっと……結婚する時の言葉、だったかな』
『結婚……じゃあ、私がユージ君のお婿さんになって、守ってあげるね』
『ありがとー……でも、女の子はお嫁さんじゃないのかな?……変なの!あはは!』
『ふふふ!変なの!』

「……ってことが……あれ?タマちゃん?……消えた?」


「うぅ……明日からどうしよう……私……」
「タマちゃん!」
「ひゃ!!」
「どうしたの急に?」
「い、いやその……お、おトイレ……」
「そう?……ま、いいか。……帰ろっか?」
「は、はい……」


やはりユージは鈍くなくてはならん
そしてタマキを翻弄しなければならん