※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プルルルル
「ん、誰だろう?こんな夜中に」
深夜に電話してくるなんて不謹慎だな、と思いつつも僕は携帯に手を伸ばした
「キリノ先輩から?珍しいな」
キリノ先輩とは部活中にしか話したことはなく、
また用事は基本的にメールで済ませるためこうやって電話がかかってくることはあまりない
いや、もしかすると初めてか?
そんなことを考えながら早く出ないと先輩に悪いと思い僕は電話にでた
「もしもし、こんな夜中にどうしたんですかキリノ先輩?」
「・・・」
電話の向こうからは反応がなかった
まさかキリノ先輩に限ってイタ電ってことはないだろうし、
たまたま電波が悪いのかもしれない、そう思い僕はもう一度返事をした
「もしもし、キリノ先輩?」
「・・・」
しかし返事がない
うーん、やっぱ電波が悪いのかな
こういうことはたまに起きるため格段珍しいことではない、理由はわからないけど
とりあえず一旦切ってからかけなおせばいいか
そう思い電話を切ろうと思った時、電話越しから擦れるような小さな声が聞こえた
「・・・あたし・・・」
この声はキリノ先輩の声だ、やっぱり電話が悪かったみたいだ
「もしもし、キリノ先輩?なんか電話の調子悪いみたいですいません、それでなんの用ですか?」
「・・・」
また返事がない、やっぱりどうも電波の調子が悪いみたいだ
でも一応繋がってはいるしさっきは声も聞こえたのでもう一度返事をしてみた
「キリノ先輩?」
「・・・」
やはり返事はない
「電話悪いみたいなんで切りますよ?」
「・・・あたし、レイプされちゃった、あはははは」
「・・・え?」