※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・前

(背中合わせで稽古してたらぶつかって、入れ替わってしまったコジローとキリノ。一通り騒いだ後)
皆「(呼び方どうしようか…そのままでいっか?)」
キ&コ「「あーいいよいいよ、好きによびなー」」

(教科書を借りに来るサヤ)
サ「キリ…じゃなかったコジロー先生!物理の教科書貸してよ!」
コ「おーいいぞ、ってかお前ガッコに置いてないのかよ…」
サ「一応マジメだもんっ、そうだ、ついでだから数学教えてよ、セーンセ?」
コ「数学ニガテだったんだよな…」
サ「もうっ、頼りにならないなぁ~」

(普通に教えるキリノ)
生徒「センセーそこ字ーまちがってますー」
キ「あ、アレ?そうかな?およよ?」
生徒「でも教え方上手になったよねー先生」
キ「そ、そうかなあ…(コジロー先生、どんだけ(笑))」

(生理現象)
コ「…う。」
キ「…や。」
コ&キ「「…道場で、しよっかあ?」」

(じょんじょろりん と ちょろちょろりん)
キ「あんまし見ちゃだめだよぉー?」
コ「だあっ!お前の方こそあんま見んなよ!」
キ「えへへー」
コ「…お前、口調とかそのまんまなのか?」
キ「えー、やっぱり、変えた方がいいのかなあ…」
コ「まぁ、俺はともかくそっちはな… ちょっとは意識してくれよ。」
キ「じゃあ先生も変えて…変えなさいよ。いや、変えろよ!」
コ「そうだな… いや、そうですね、かぁ?」
キ「ふふふっ、私の声がする~^^」
コ「…お前、楽しんでないか?」

715 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/11/17(土) 00:45:37 ID:FZ9TnA1e
・後

(ミヤミヤ、カラオケに行くところを見つかる)
キ「あーミヤミヤ!部活サボっちゃダメだよ…ろうが!」
ミ「あ、せんせ…えっと、キリノ部長。」
キ「足裁き、もうちょっとで完璧なんだから頑張ろうよ…ぜ~」
ミ「…部長。」
キ「んーなになに?」
ミ「なんかその顔で言われると3倍くらいムカつきますね。(ブラック)」
キ「(汗汗汗 そ、そう?」

(焼却場に大量のゴミ出ししてるとこに通りかかるユージ)
コ「ふんぐがぎぎぎ。」
ユ「キリノ先輩、大変そーですね、半分持ちましょうか?」
コ「お、ユージか?助かるよ、頼む~」
ユ「あ、そうか。今はコジロー先生なんでしたね。」
コ「おいおい… 俺だったら手伝わないつもりだったのかよ、それは。」
ユ「あはははは、そーかも」
コ「いやーまぁ、助かったよ、はっはっは。」

(見ちゃったタマ とダンくん)
ダ「あ~、ぶちょうとユージだぁ~」
タ「………んー。(仲良さそう…)」
タ「(あれ?でも今って、部長が先生で、先生が部長、なんだよね?)」
タ「………(ポリポリ)まぁいいか。」
ダ「【ぽん】(タマの肩を叩く)げーんきだしなよぉ、たぁまちゃん~」
タ「………?? う、うん、ありがと。」

(放課後だよ道場に全員集合)
キ&コ「「うーん、やっぱり、元に戻った方がいいのかなあ?」」
サヤユージ「「俺(私)は、どっちでもいいですけど。」」
ミヤタマダン「「「戻って欲しいです(もどりなよぉ~)」」」
コ「じゃあ、多数決だし…しかし、どうやって戻る?」
キ「こうなった時と同じ事をやってみればいいんじゃないですか?」

(…と、言うわけでタマvsキリノ(inコジロー)、コジロー(inキリノ)vsユージで背中合わせに試合開始!)
コ「よーっし、これで… タマ、やるぞ!」
タ「キィヤァァァァァァァァァ!!!!!!」
コ「ちょ、ちょっと、タマ!(なんかいつもより気合入ってねーか?)」
キ「ちょっ、コジロー先生ジャマっ!」

(どんばしべしばしびし… ごつんっ☆×2)
4人「…うーん。」
サ「ど、どうなったの?」
コ「お、俺だよな?戻ってるぞ?」
キ「私も戻ってるぅ。やったね!ありがとうタマちゃん、ユージくん!」
ユ「………オメデトウ、ゴザイマス。」
タ「良かったですね、先生、部長!…あれ?」

皆「「「「「!!!」」」」」