赤石鯖イベント事務局

肝試し


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

肝試しの始まり方 1日目 ※神社の関係者は全員言葉を話していけない決まり

チャットか放送で
『神社の神主さんが駅長の事よんでたよ!関係ないけど,あそこの巫女さん美人だね!』

神社に誘導

神主から本が渡される

おめでとう!君は今年の札男決定だ!
札男ってのは祭りを開催するために必要な役なのだ!
いまから,この巫女が案内をするからついていってくれ!

巫女が駅長を肝試しのスタート地点まで案内

巫女から本を渡される

ここから、この石の道を辿っていけば一本道なので札がある祠までたどりつきます
途中の洞窟内にベッドの部屋があるのでそこで入って寝てください
祠に着いたら、祠内にある箱から、入っているのを全部持ってきてください
とってきたアイテムは私に渡してください。
私は駅長さんの帰りを神社でまってますので,気を付けていってらっしゃいませ。

スタート

駅長が神社に戻ってくる

巫女さんはいない
かわりに神主がいる

神主から本が渡される

お帰り!ごめんね案内したあの巫女はちょっと用事ができて帰っちゃたんだ。
だから,アイテムはそこのチェストに入れておいてくれればいいよ。
君のおかげで祭りを開催する準備が整ったよ
ありがとう。

奉納しました。
終了



2日目

駅長を仕掛け人として使う
駅長には前日に明日先生を肝試しのこのルートをいかせるという事をネタバレする
実際は,途中道がふさがってて行けないが行ける設定にしておく
花火がないってチャットで騒ぐのでそしたら駅長は先生に凸して花火を一緒に取りに行こうって言ってね

チャットで、
業務連絡~花火関係者は一旦海辺にあつまって~
花火がない!
うそ?
昨日、りっかのすけが打ちまくってたから
今日の分がないんじゃ
どうするべ
あ、花火なら予備の分あるよ
まじか!
本当に?どこにある?
祠の方の洞窟内にある
ただ,運営スタッフしかいけないとこなんだよね
誰か取りに行ける?
いけないや
忙しい
先生ならいけるか?

から、駅長が先生に凸する
先生!今日の分の花火を昨日全部あげちゃって、ないんです!
予備が洞窟内にあるので取りに行って下さい!
昨日そっちまで行ったのでついてきてください。
駅長は、昨日祠から持ってきてもらった中に持ってきちゃいけないのがあったから、
ついでに祠に返してきて!

肝試しスタート地点まで案内
スタート


肝試し終了
トトロの家にtp
えてらのしんから
『菊子の暴走をとめてくれてありがとう 
これで菊子とずっと一緒にいれるよ 2人をその赤石の中から見守っててよかった』
2人ともどこにいってたんですか?
なかなか、戻ってこなかったから心配してましたよorみんなで森の中探し回ってましたよ!
花火は、スタッフが回収しておいたので大丈夫です!
この森は昔、いやな事件があって神隠しとか異次元につながってるとか噂があったので心配しました













肝試しの流れ

1日目(前夜祭)

駅長sid

駅長は,なんだかよくわからないけど今年の夏祭りの札男に任命された。
(札男とは,願いが叶う祠に収めてある札を取りに行くものの事を言う。毎年,札男はランダムで決められる。)
駅長には,願いが叶う祠までいって,札を取ってきてもらう。
神主がいうには『札を取ってきて,赤石神社に収めると,赤石祭りの準備が整うのだ!』とのこと
願いの叶う祠につくと,自動的に札といつの小さな赤石が手に入る。
札とその他を赤石神社にもっていくと神主に『サンキュー!よっし,これで祭りの儀式の道具がそろったね!ん?この赤い石はなんだろう?多分,赤石なんだろうけど....。ああ,赤石ってのはね,この神社に祭ってある大きな赤い石のことなんだけどね!う~ん,わかんない!とりあえず,駅長持ってて!明日にでも,また祠に戻してくれればいいよ★』とのこと。
不思議な事に赤石を捨ててもすぐに,自分の手元に戻ってくる。
神社の階段を下りていると,頭に違和感が...
なんか...フサフサしてる....?
「髪だあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

2日目

駅長sid

昨日,花火を打ち上げすぎて今日の分を使い切ってしまったらしい。
赤石先生が取りに行くとの事で,自分が案内係りに任命された。
『ついでに,あの赤石のかけらを祠に戻してきてね★』
先生と一緒に,昨日行った道を進むと,2つ目の洞窟の入り口が塞がってて通れない。
あれ?昨日は行けたのに...
すると,後方で電話が!
菊子という女の人が別の道を教えてくれるらしい...

赤石先生sid

昨日の前夜祭で花火を使い切ってしまったらしい。なにやってんだ。
予備の分の花火が洞窟の中に置いてあるとの事で,取りに行くことになった。
なにやら,駅長が昨日,一度いっているらしく,案内をしてくれるとの事。

肝試しのストーリー

二日間に渡り盛大に祝われる赤石村最大のお祭り「赤石村夏祭り」。
前夜祭では,毎年,夏祭りを開催する際に,祠にあるお札を神社に奉納する.
今年は,その奉納する役目が駅長に回ってきた.
お札を奉納する者には,願いが叶うと言い伝えがある.
無事,お札も奉納され,駅長も願いが叶った。
そして,無事に前夜祭が終わり,赤石村夏祭りの当日を迎えた。
しかしお調子者の『六花ノ助(リッカノスケ)』が初日に大量の花火を打ち上げてしまい、
二日目に使う予定だった花火が足りなくなってしまった。
だがこんなこともあろうかと、花火師の『黒糖左衛門(コクトウザエモン)』が
村の森の奥にある洞窟に予備の花火の材料を保管していた。

しかし村の者は皆、祭りの準備に忙しく取りに行くことができない。
困り果てた村人達は、たまたま祭りに遊びに来ていた『赤石先生』と『駅長』に、
その洞窟へ花火の材料を取ってきてもらうようお願いすることにした。
『駅長』はお祭り初日にこの森の中に入ったことがあり、道も覚えていたため快く引き受けてくれた。
『赤石先生』も村のためならと進んで引き受けてくれた。

二人が森の入口までくると、『菊子』と名乗る人物から電話がかかってくる。
電話によると、手伝いにいけない村人達の代わりに自分が二人を案内するという。
こうして二人は『菊子』と共に、別名『かえらずの森』とよばれる森へといざなわれていった・・・・・・。。

二人が様々な仕掛けを乗り越え進んでいく中、道の途中で見つけた手記で (一つ目の電話小屋に)
『菊子』という娘に、むかし不幸な出来事があった事を知っていく。

『駅長』が前日に歩いた道が土砂崩れで塞がれてしまっていた。
困り果てた二人のもとに、再び『菊子』から電話がかかってくる。
「森の奥へ進む別の道がございます」
そういうと、『菊子』は違う道へと進む方法を二人へ教えてくれた。
『菊子』が教えてくれた道は、洞窟へとつながる別の暗く深い洞窟であった。
しかし他に方法はない。二人は意を決してその洞窟へと入ることにした・・・・・・。

洞窟を進むのは森以上に困難を極め、まるで二人を拒絶しているかのようだった。
その洞窟の中でも二人は『菊子』に関する手記をみつけ、ついにその真相を知ることとなる。
真相を知った『赤石先生』と『駅長』は、自分たちが『菊子』に
いざなわれてしまったんだということにここでようやく気付く。
このままでは自分たちは森から出られなくなってしまう。
そこで二人は偶然、洞窟の途中で見つけた赤石という宝石を『菊子』に返せないか考える。
そして二人が思いついた方法は・・・・・・。

アーカイブ

『菊子』が16才の時、この地方を治めていた国司が土地の見回りに来た。
村長の娘であった『菊子』はこの国司を丁寧に接待した。
すると国司はうわさに聞いていた美人の『菊子』をたいそう気に入り、
自分の館に来て仕えるよう命令して帰っていってしまった。
しかし『菊子』にはすでに『江照之進(エテラノシン)』という将来を約束した相手がいた。
国司に使えることを強く拒む『菊子』に、村長は国司に逆らっては
村人がひどい目にあってしまうと何度も言い聞かせた。
だがこれだけは決して譲れませぬと『菊子』も頑なに拒み続けた。
江照之進は,赤石神社に祭ってある赤石原石の欠片で簪を作った後,国司に菊子を諦めるように直訴しにいくが,国司の部下に殺される。
国司は,見せしめだとでもいうように,江照之進の無残な遺体を菊子の家の前に放置。
菊子に渡すはずだった簪は国司に踏まれでもしたのか,ボロボロになり,赤石も外れてしまっていた。
『菊子』はショックのあまり、その場で倒れこんでしまう・・・・・・。
江照之進は,祠に英雄として祭られた→その後歳月を経て,願いが叶う祠になる。

恋人を国司に殺されてしまった『菊子』は、
それから寝たきりになってしまい食事も喉を通らず、まるで別人のようにやせ衰えてしまった。
その姿を見かねた村長は、国司に娘をあきらめてもらうよう直訴した。
しかし、それに腹をたてた国司は村長を殺してしまう。
その知らせを聞いた『菊子』はその夜、『江照之進』の遺体の傍らにあった
赤石という宝石を持って、村の森の奥深くへと姿を消していった。

菊子→この辺で,内なる菊子が暴走し始める。

それからその森では度々、女の幽霊が旅人を森の奥へいざなおうとする姿が目撃されるようになった。
それを不憫に思った村人達が、生前『菊子』と『江照之進』が
二人で逢う時に利用していた大きな木の根元に神社を建てて
赤石と一緒に『菊子』を祀るようになったという・・・・・・。→生前菊子にまつわる噂があった為,封じる。
その後,女の幽霊の姿はみなくなった……。→菊子は封じられた。
そして,現代の夏祭り。そんな,過去があろうとはつゆ知らず,1人のハゲが江照之進の祠に近づいていく.....。

後半の真相

菊子は,江照之進の形見の赤石を持ち,江照之進の祠に赤石も祀り,自分は穢れているので
神格化(菊子の中で)した江照之進の側にはいられないと思い,離れた場所で自決。
そして,菊子は死後,祟り神となり,江照之進の祠に近づくものを自分の方に誘い,殺すようになる。
後に,村人達の手により封印される。

キーワード


赤石のかけらについて

ノーマル最奥にある「江照之進の祠」に奉られている物。
江照之進の形見。
元々は赤石神社で奉られていたものだが、江照之進が菊子の為に簪に加工した。
ところが簪は国司に踏み潰されて破壊され、赤石だけが残った。
絶望した菊子は赤石を持ち、村から姿を消してしまう。
村を去った菊子は、完成したばかりの「江照之進の祠」に赤石を置いていった。
自分の為に赤石を使った簪が作られていたことを、菊子は最後まで知らなかった。

ネタバレ

実は,江照之進の魂が宿っている。菊子の側に行きたいが為に,駅長にとりつく。
江照之進はなにがなんでも駅長が菊子の祠の奥地までたどり着くように頑張る。

菊子について

江照之進の狂信者。優しい子?そんな馬鹿な。
彼女は,江照之進に近づく不届き者を闇に葬っているような,狂った人間だ。
表面上では,誰にでも優しく取り繕ってい。
今回,菊子が駅長達の前に姿を現したのは,赤石が原因だ。
赤石は,彼女にとって死んで神格化した江照之進そのもの。
それを,祠から持ち出し,持っている彼らは,彼女にとっては,抹殺するべき対象であり,
江照之進を穢す者でしかない。
菊子の心情はこんな感じ。
は?なんで,あいつ江照之進様の形見もってんの?マジむかつくんだけど。
江照之進様の形見に触んないでくれる?穢れるんだけど。
あ~,もうマジ無理だわ。菊子切れちゃった~
殺す

人物設定

菊子(きくこ)

目的 国司に対しての恨み
自分に降り注いだ不幸な人生に対し
形見の赤石はどこ?
現在は,暴走してる.手当たり次第に行っている
動機 国司に江照之進と父を殺された
特技 帰らずの森に引き寄せる
容姿 生前
髪型:肩以上の長さ。黒。
肌:白い。
顔:美形。

菊子悪霊化
髪型:生前と同じ
肌:以上に青白い
顔:やつれてはいるが,非常に妖艶
性格 優しい、内気、でも頑固、江照之進狂信者
態度 誰にでも,優しい。
しかし,江照之進が絡む話になると,いつもより強気になる。口数も増える。
江照之進を否定しようものなら....

心の内は,江照之進様!ラブ!愛してます!江照之進様!
江照之進様の為ならなんでもしますわ!江照之進様の為ならなんでもいたします!
江照之進様の邪魔をする奴なんて私が消して差し上げます!
環境 両親は早くに亡くしており,村長が親代わり。
村長,いい人。
菊子の可愛らしさと無邪気な笑みから村では人気者。
また,礼儀も年の割には正しく,みんなから慕われている。
菊子がヤバい子
一人称 通常:わたくし
口調・口癖 丁寧。江照之進の事になると少し早口
口癖→江照之進様
例となるセリフ 今日も江照之進様はすばらしかったわぁ

江照之進(えてらのしん)

目的 菊子に赤石を渡したい。
菊子に会いたい。
動機 菊子に簪を渡す前に殺されてしまった。
特技 赤石に自分の魂を宿す
容姿 生前%br()髪型:短髪
肌:褐色。焼けてる。
顔:美形。

赤石化
色:血の色
元は,菊子の為に作った簪の一部。
江照之進の形見として,菊子のより祀ってあった。
200年の歳月を経て,菊子に赤石を渡したい思いが募り,赤石に魂が宿った。
性格 さわやか。誰にでも親切。困ってる人は必ず助ける。
外から見ると完璧超人。頼れる兄貴!
態度 困ってる人は助ける。
頼まれごとは断らない。
環境 江照之進は,村一番の働き者で,菊子の幼馴染。
江照之進は漁師。
江照之進と菊子は,村でも有名な恋人同士であり,二人の親も認めていた。
ちなみに,江照之進に秘かに想いをよせている女性は,知らぬ間に,村から消えている。
理由は,皆同じく都に奉公に行ったという。
赤石は江照之進
一人称
口調・口癖 ちょっとぶっきらぼう
例となるセリフ おい,大丈夫か?なにかあるなら言ってみろ。俺がなんとかしてやる。

その他

国司→ラスボス。村人ゾンビ

万が一,先生たちが赤石を捨てたら,透明になって見守ってる運営から空からプレゼント
捨て多分,国司増える







肝試し
  • ゾンビの声を消す
  • ノーマルは盲目なし 
  • ゾンビの速度を上げる
  • モブの落ちてくるタイミング
  • ハードへの道をもっと分かりやすく 視覚的に ノーマルの道にも村の方にも戻れなく
  • 死んだときの対処法  
  • リスポン場所を追加




やる事!
  • 肝試しの菊子の声での誘導
  • ハードの先 国司のみ
  • リスポン設定
  • 当日きた新入塾者の対応→ゲート塞いじゃうとか 色々説明
  • 看板
  • プログラム(4日と5日の動き,スタッフとかのも)
  • 注意事項等
  • 屋台の運営の仕方 無人でも大丈夫なように?全自動にしたいな ドライブさん
  • テクスチャ整理 ドライブさん
  • 法被配布 ドライブさん
  • 倉庫の処理の仕方 運営本部にして建て替える 建材は最後には移動 トイレ
  • 自由人の対応
  • 先生と駅長に渡す設定とか注意事項とか 先生のは当日読んでもらうやつ的な
  • 当日スタッフの役振り
  肝試しのスイッチ
  案内
  肝試しの脅かし役
  肝試し撮影
  花火の打ち上げ
  盆踊りの音楽
  美人浴衣コンテストの審査委員
  屋台入る人
  • 色んなハプニングの対処法







肝試し最終ステージについて

ボス部屋にTp

眼前にはでかい国司が壁に埋まってる(モニュメントで各部位にガーディアンがいる)

菊子からメッセージ
「よくここまで来たわね なんか語る」

バトルスタート

シミが沸いてくる

チャット欄にえてらのしんからのメッセージで攻略法(弱点)を教えてくれる
「ガーディアンを倒せばおk」

ガーディアンをすべて倒すとシミとモニュメントが消?

国司第2形態 エンダードラゴン

倒すと奥の部屋へとつながる入口がモニュメントのあった場所に開かれる

中に入ると菊子らしき人物?がいる
それに赤石を渡すorチェストに納品すると菊子とえてらのしんの会話が開始

「元の世界へ返そう...」
2人は神社の中腹?それかどっか会場内に出る



モニュメントは国司のゾンビみたいな風貌?
各部位にガーディアンがついていてそれをすべて倒すと第2形態へ
第2形態はエンダードラゴン
シミはテクスチャを変えて登場

例えば、第1形態をジャイアントゾンビ、第2形態をモニュメント、第3形態をエンダードラゴンとするなら、

モニュメントの風貌をゾンビに拘らなくても良くなるかもしれません

また、エンダードラゴンではなく、ウィザーを採用するのも候補に入れても良いかもしれません



一般開放時
通常は祠まで1~4人で 1組ずつ言ってもらう事 ←自動化できないよなぁ
国司とのバトルは,時間を決めて,後何分で国司復活!みたいな感じにして,
何人でもできるようにする

プログラム
4日

18:00~ 前夜祭開会式
18:30~ 屋台紹介,会場案内,赤石鯖内の観光案内

地下闘技場のエキシビジョンマッチという名のテスト

21:00~ 駅長放送開始
22:00~ 駅長ノーマルコースのイベント開始
      開始の仕方
23:00~ 駅長のが終わり次第 花火開始 



5日

15:00~ 鯖にはいる
18:00~ 先生放送開始
     会場めぐり
20:30~ 駅長&先生によるハードコース 細かく
     美人浴衣コンテスト
     地下闘技場
     盆踊り
     花火