※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 ストレイト・クーガー
【出典】スクライド
【声優】津久井教生
【性別】男
【外見】180cm程
    75kg程
赤茶の毛に青いラインが左右に 黒目
バイザーのようなサングラスを着用

【性格】
何事も速くあることを心情とし、会話戦闘思考すべてが速い
他よりも自分が遅いことを嫌う
人の名前をよく間違える
「カズマ」→「カズヤ」
「みもり」→「みのり」
ただ、重要な場面で間違えずに呼んでいたことから、間違った呼び方をするのがわざとであることが伺える。

【特異能力】
アルター能力(近くにある物質を分解・再構成する能力であり敵の武器をアルター可するといったことも可能?)
能力名は『ラディカル・グッドスピード』
あらゆるものを速く走らせることができる能力(作中では車のみであった)
能力の性か本人の腕か、運転が荒く同乗者はほぼ確実に酔う
自身に装着し主に蹴りを主体として戦うことも。

【備考】
アルター能力を使うたびに寿命を消費する、なお老化ではない(即、死に繋がるほどでは無いが無茶をすれば…)
カズマに戦いのなんたるかを教えた師でもある、「衝撃のファースト・ブリット」「瞬殺のファイナル・ブリット」を作中で放った。
その強烈な言動や性格から今でも根強いファンが多い。終盤にカズマから二度だけそう呼ばれたことから、ファンの間ではアニキと呼ばれている。
長いセリフを息継ぎせずに早口で語ることが多い

【台詞】

「この世の理はすなわち速さだと思いませんか、物事を速くなしとげればそのぶん時間が
 有効に使えます、遅いことなら誰でも出来る、20年かければバカでも傑作小説が書ける!
 有能なのは月刊漫画家より週刊漫画家、週刊よりも日刊です、つまり速さこそ有能なのが、
 文化の基本法則!そして俺の持論でさ-------ァ!」

「俺はこう思うんですよ。運転するなら助手席に女性を乗せるべきだと。
 密閉された空間、物理的に近づく距離、美しく流れるBGM。
 体だけでなく二人の心の距離まで縮まっていくナイスなドライブ!
 早く目的地に行きたい、でもずっとこうしていたい、この甘美なる矛盾、
 簡単には答えは出てこない、しかしそれにうもれていたいと思う 自分がいるのもまた事実! 
 (三守の頬が接触)ウヒョーーー!ファンタスティーーーーック!!」