|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ストーリー

――それは、語られなかった他なる結末。

とてもちいさな、とてもおおきな、とてもたいせつな、

あいとゆうきのおとぎばなし――


 2001年10月22日――平和な日本で暮らしていたはずの白銀武は、突然「平行世界」に放り出された。そこは、数十年に渡る地球外起源種「BETA」との戦争によって、人類滅亡の危機に瀕した世界――軍事が全てに優先する最前線国家「日本」だった。世界間を移動した原因もわからないまま、現実に翻弄され続けていた武も、いつしかその運命を受け入れ、人類救済計画「オルタネイティヴ4」に関わる国連軍衛士として、愛する者達と共に戦い続ける。だが、国家間の利害問題を克服できなかった人類は、地球放棄計画「オルタネイティヴ5」を選択してしまうのだった。

 そして3年後、深い眠りから目覚めた武は、以前暮らした「元の世界」にあるはずの、自分の部屋にいる事に気付く。

 全ては夢だったのだろうか……? 「元の世界」への帰還を期待する武に容赦のない現実が追い討ちをかける。カレンダーの日付は2001年10月22日。部屋の外に広がる瓦礫の荒野――武は再び、突然「平行世界」に放り出されたあの日に戻っていたのだ!
 世界間の移動に続く、時間逆行。人智を越えた怪現象に戸惑う武だったが、失望を振り払い、決意を胸に廃墟を行く。「未来の出来事」を知る者として歴史に関与し、悲劇的な「結末」を自らの手で変える――朧気な人類敗北の記憶と、理由のわからない喪失感が、武にそう決意させるのだった。

 「オルタネイティヴ4」を完遂させるべく、再び国連軍横浜基地の門を叩いた武は、計画総責任者である香月夕呼の協力を取り付け、その計らいにより、第207衛士訓練部隊に所属する。そこにはかつて共に戦った仲間達の初々しい姿があった。

 人類の敵「BETA」、組織や国家の軋轢、自らに降り掛かる非情の因果に対して、断片的な「未来」の記憶と3年間の軍経験、そして「覚悟」だけを武器に、たったひとりで戦いを挑む武。人類を敗北に導く「オルタネイティヴ5」発動まで、残された時間は2ヶ月弱。頻発するトラブルや計画の遅延をよそに、刻は無情に過ぎて行く……。

果たして武は、人類を勝利に導くことができるのであろうか――!?