|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

Wiki練習用ページ

大見出し

アニメTE

|山吹色の瑞鶴。
アニメ版TEに登場。武御雷に準拠するなら恐らくF型。


ネタ

はてなダイ○リー改

 【白銀武】【しろがねたける】 (?~2022没)
BETA大戦中期~末期に実在した救国の士。
訓練校時代は歴代最高の戦術機適正値・訓練成績を記録しており、カリキュラム、戦術機OSが大幅に改善された現在でも、彼を越える者は居らず、その半ばに到る者すら稀(何れも後の著名なトップガン)。彼の公式記録としての生涯BETA撃墜数744,825体は、個人の撃墜数として空前絶後としか表しようのない戦歴である。

また、彼はBETA大戦における4大発明の1つ、戦術機OSであるXMシリーズの発案者でもある(XM3~)。訓練生時代に発案したとされており、非凡といわざるを得ない。

XM3は所謂第三世代OSのプロトタイプであり、第二世代OSから飛躍的に機動性・柔軟性を向上させてはいるが、戦術機操縦の発想や方向性が第二世代OS迄とは異なる。結果的にその優れた性能を完全に引き出すには更に高度な操縦技術や戦術機適正、そしてその向上した性能を戦場で活かす為の、小隊単位での高度な連携を要求する事となった。なお、その高性能故、XM3の性能を完全に引き出す事ができたのは、発案者である彼本人のみであるといわれている。しかし、彼程に習熟できずともXM3が画期的な戦術機OSであったことは間違いなく、古参衛士の戦績や生還率の向上は勿論、新兵の*初陣生存時間が大幅に引き上げられたことにより、次代のエース達を生み出す礎となった。以降、XMシリーズは改良され続けXM6迄が彼の手により試案されている。

彼の戦歴は華々しいものではあるが、その経歴となると実は空白の期間や謎の部分も多いことはあまり知られていない。彼が初めて戦場に登場するのは、公式記録上では「甲20号作戦」からであり、それ以降の戦歴は少し調べるだけで膨大なデータが検索されるだろう。では、彼が公式に現れるその前後において2点程、整理推測してみよう。

まずは訓練校時代であるが、以下の事があげられる。

  • 訓練校以前の経歴が不明(抹消されている?)
  • 訓練校卒業から実践配備までの期間が不明瞭。
  • XM3の開発者が**香月博士である。

彼は「桜花作戦」における最深部突入部隊(A-01部隊と推測される)の生還者ではないか?というのが定説なのだが、それは彼が過ごしたとされる訓練校が香月博士のお膝元(国連横浜基地に付属する衛士養成学校)であり、更にはXM3の開発者が香月博士であることから、彼はA-01部隊候補生として選抜されていたのではないか?と考えられるからだ。また、付け加えるならば精鋭部隊には当然のことだが、衛士の個人情報は最重要事項として隠匿されるのが常である。

次に、彼の記録上の初陣である「甲20号作戦」においてである。

  • 非公式ながら、日本帝国政威大将軍『煌武院 悠陽』殿下より直々に、当時斯衛軍に採用されていた純国産最新鋭戦術機「武御雷」を賜っている。
  • 「武御雷」は「紫黒」でカラーリングされており、以降「紫黒」は彼の駆る戦術機のパーソナルカラーとされている。

今でこそ彼は英雄であるが、いずれも驚愕すべき事柄であり、一介の初陣の衛士ではありえざる栄誉である。しかし、やはりその点における正確な資料は残されていない。
「武御雷」については、仮に彼が将軍家(五摂家)に類する家系、もしくは斯衛軍(の中でも高い階級)での立場も持ちえたのであるならば、考えられなくもない。五摂家の中には御自らが戦術機を駆り戦場に赴く方もおられるし、その護衛として選抜された斯衛兵も付き従う。その際には斯衛軍で採用される戦術機、この場合では「武御雷」に搭乗するのが通例である(斯衛軍においても下級兵の場合、搭乗する戦術機は異なる為)。また五摂家の方は自らの冠位に従うカラー、斯衛の者は階級に従うカラーとなる。
しかし、「紫黒」のパーソナルカラー。日本帝国民なら周知の通り、「紫」とは冠位十二階における最高位、征夷大将軍にのみ纏うことの許される色でもある。事実、『煌武院 悠陽』殿下は御自ら出陣なさる事はなかったが、専用機として「紫」の「武御雷」を所持しておられた。その「紫」に準ずる「紫黒」の「武御雷」を駆る。それこそが『煌武院 悠陽』殿下と何らかの近しい関係・交流があった事のではないか?公表されてはいないが、将軍家の一族に連なるのではないか?と推測される理由であり、彼の背景を一層謎とさせている(彼の素性追求を自重しなければならない暗黙のルールともいえる)。ただし、彼自身が自らの素性を語った記録はなく、今現在も彼の素性は謎である。上記はあくまでも推測に過ぎない。なお、後に『煌武院 悠陽』殿下と彼との仲睦まじい御姿が報道され、世界中で噂が飛び交っている(記者は不敬罪で逮捕されるも、『煌武院 悠陽』殿下の恩赦にて釈放)。その際、『煌武院 悠陽』殿下は生涯婿をとることはなく、跡継ぎにも養子を迎える等、彼に操を立てていらっしゃるのではないか?との噂が流れたのは庶民の浅夢であろうか。また、彼自身一度も妻帯することなくその生涯を閉じている。

彼は、自らが指揮する部隊を常に「伊隅ヴァルキリーズ」(由来は不明)と称しており、現在「伊隅ヴァルキリーズ」=最精鋭部隊の称号として国連軍で正式採用されている。尚、教導隊所属時以外は常に最前線で戦い続け、実質的な戦術指揮は副官である社霞***が行っていた。

彼の部隊は地球上のハイヴ9、月面上のハイヴ5、火星上のハイヴ4を駆逐しており、最後のハイヴ「マーズゼロ」攻略作戦において、反応炉のトラブルにより「わ号目標」と共に自爆。その時の部下達への言葉

「俺も多くの先達と同じく、基地に咲く桜となって…」

はあまりにも有名。

現在、彼は救国の士であることは無論、人類救済の英霊として靖国神社に特別に祭られているが、彼の部下や教え子達は彼の遺書に従い、横浜基地の坂にある桜の下に、彼が地上で愛用していた武御雷のフレームで鋼鉄の墓碑を建て、遺品である日本刀(銘は不明とされている)を納めている。今現在も、その地へ墓参する人は後を絶たない。

彼が生涯愛し続けた横浜基地の桜の周辺は、現在、奇跡的に回復、自然を取り戻し、今年も彼の部下や教え子達が作った鋼鉄の柱上で力強く咲き誇っている。



 *・・・当時の対BETA戦における新兵の平均的な初陣生存時間はおよそ8分に過ぎず、それは「死の8分間」と呼ばれていた。
 **香月博士・・・香月夕呼博士。XMシリーズの開発者。当時の国連横浜基地副司令。稀代の天才科学者であり女傑。A-01部隊なる直轄精鋭部隊を保持していたとされる。
 ***社霞・・・甲20号作戦時よりの白銀武の副官であり、後の対月面・火星ハイヴ攻略作戦の総司令補佐官。その生涯において彼をサポートし続けた。あが~。


あのSSを書いた作者様、是非wikiにupしていただけませんか?勝手に設定いじくりたおしてすんません(・ω・)ちょっと膨らませてみますた。

このSSがある場所を教えて欲しいです。


↑元々は、発売1月後くらいの2chのオルタ本スレです。

↑どのスレだったか具体的に覚えてらっしゃいませんか?

↑判明しました。2006年3月19日頃の2chのマブラヴ本スレです。


ネタ戦術機

不知火 XF-Kuri373 “栗の子ガード”

国連軍 特殊作戦軍団 特殊兵器システム開発戦術機団 第373特別支援部隊、通称“栗の子ガード”所属機。地球を侵略する未知の生命多“BETA”に対して、アイドル歌手兼声優“ミナミ・クリバヤシ”の歌での攻撃が有効と判明。国連軍では、92式多目的自律誘導弾システムをベースに独自の特殊音響兵器“Kri-ES”(クリノコ・エフェクト・システム) を開発。不知火に装備させることに成功した。“ミナミ・クリバヤシ”の歌を戦場に響かせるこの不知火は“栗の子ガード”と呼ばれ、BETAの殲滅と共に、前線の衛士たちの士気を向上させる“歌姫の戦術機”として活躍した。
(本機はフィクションであり、マブラヴオルタネイティブ本編とは一切関係ありません)

不知火 XF-Kuri373s “栗の子ガード指揮官機”


国連軍 第373特別支援部隊、通称“栗の子ガード”において、アイドル歌手兼声優“ミナミ・クリバヤシ”の歌声に乗せ、対BETA用特殊音響兵器として開発された“Kri-ES”(クリノコ・エフェクト・システム)の攻撃力を増幅させる機能を搭載した特別仕様機。
キーボード型の巨大コントロールユニット“Kri-Ena”(クリノコ・エフェクト・ナビゲーション)を不知火のマニピュレーターでマニュアルコントロールするため、この指揮官機に搭乗する衛士は驚異的なまでのマニピュレーター操作能力が要される。その反面、対BETA戦での戦闘能力は極めて低い。
なお、指揮官機である同機のカラーリングは、部隊内での識別を容易にするため、ピンクを基調としたものとなっている。
キーボード型の“Kri-Ena”は、不知火の背中に装備された74式可動兵装担架システムに接続されている。
(本機もフィクションであり、マブラヴオルタネイティブ本編とは絶対関係ありません)

日本帝国 極東方面軍 第7大隊所属 吹雪・改


極東方面軍 第7大隊は、先の国連軍の要請により投入された国連軍 第373特別支援部隊、通称"栗の子ガード"の活躍で有効とされた対BETA用特殊音響兵器"Kri-ES"(クリノコ・エフェクト・システム)を搭載した戦術機を主力として編成されている。"Kri-ES"で得られたデータをもとに日本帝国軍が小型化、携帯化した"Kri-ES・量産型"を実戦投入が待たれる吹雪が装備。その真紅に染められた"吹雪・改"がBETAに放つ攻撃は"サウンドの火炎爆弾"と呼ばれ、極東において絶大なる戦果をあげた。
(本機は戦術機メカアクションフィギュアA3を楽しむためのものであり、アージュ作品の公式設定ではございません)

日本帝国軍 次期戦術歩行戦闘機 F-4JXXX 超撃震


帝国軍において今なお数的な主力戦術機である77式戦術機「F-4J撃震」の老朽化に伴い、同機種を代替し、国防省が中期防衛計画において進めている「高汎混成調達運用」での「汎」側の役割を担う戦術機として検討が進められていたもの。
甲20号目標制圧作戦の成功を受け、また今後想定される大陸反攻に鑑み、原型機となる77式が持つ堅牢性や長年培われた運用経験を最重視したとしており、また海外セールスを踏まえ、F-4系機体運用国での採用に有利に働くよう、外国人受けのよい日本的イメージの代表格である「武者」の意匠を取り入れた新設計の複合装甲やセンサーマストを採用している。2005年初頭からの配備を目指すとしている。大東亜連合軍並びに国連軍向けの愛称は元となった米国製戦術機「F-4」の愛称である「ファントム」にちなみ、「マーベラスファントム」

◆ 各所の反応
  • 帝国陸軍技術廠・巌谷榮二中佐
    「今回採用が決定したのは、あくまで高汎混成調達運用方針における『汎』であって、94式の後継となる『高』は未だ選定中である」
  • 帝国陸軍参謀本部・大伴忠範中佐
    「これこそ帝国の技術の粋が込められた戦術機。94式改修もF-4JXXXと同様の方向で行うべきである!」
  • 試02式の試験運用を担当していた日本帝国陸軍開発衛士・風間祷子中尉
    「(本命と言われていた)01式、02式の導入が先送りとなったのは残念ですが最前線で戦う衛士達に、これまでより強力な機体が早期に配備されるのは喜ばしい事です」
  • 試01式の試験運用を担当していた日本帝国陸軍開発衛士・涼宮茜中尉
    「いや、まぁ、確かに撃震は良い機体だけど……さすがに今更というか、なんでよりによってそれなのというか……そもそもあの槍っていったい……」
  • 帝国斯衛軍・月詠真那中尉
    「斯衛の82式に同様の改修が為されない事を切に願う」
  • ボーニング社 フランク・ハイネマン氏
    「日本の美徳であるMOTTAINAI精神の真髄を見た。F-5に対する同精神の発露に期待を禁じ得ない」


終わりなき夏 永遠なる音律 UNLIMITED

平和な日常は、あの日突然終わりを迎えた──
Beings of the Extra Terrestrial origin which is Adversary of human race
人類に敵対的な地球外起源種、通称BETAの侵略によって、人類は滅亡の危機に立たされていた。
この未知の脅威に対し、人類は"戦術機"と呼ばれる兵器を開発して戦場に投入する一方で、あらゆる方法でコミュニケーションをとる試みを続けていた。
その最中、ある一人の研究者が「BETAに対する音響兵器の有用性」と題する仮説を発表する。
更なる検証の結果、BETAに"音を伝える"と行動パターンに変化が生じる事が確認されたため、より高い効果を持つ特殊兵器の開発が始まった。

主人公は対BETA用音響兵器開発の為に編成された特殊兵器試験部隊「特殊音響兵器試験部隊(シンフォニーズ)」に所属し、幼なじみの小鳥遊澪や、雨宮歌音らと共にBETAとの戦いに挑む──

小鳥遊 澪 Mio Takanashi

BloodType:O
Height / Wieght:140㎝/38㎏
3Size: 82㎝ 75㎝ / 56㎝ 54㎝ / 84㎝ 76㎝
Position:Storm Vanguard
臆病な性格で物陰に隠れつつの戦闘を行う。
天性の素質か、敵の死角をつくのが非常に巧みであり、超至近距離からの一撃を得意とする。

雨宮 歌音 Kanon Amamiya

BloodType:AB
Height / Wieght:160㎝/48㎏
3Size: 80㎝ 85㎝ /58㎝/82㎝
Position:Gun Sweeper
戦域全体を見渡せる戦術眼を持ち、防御が手薄な地域に向けて、恐るべきBC兵器を撒き散らす。
その姿から『殲滅の料理人』の異名をとる。

折原 藍 Ai Orihara

BloodType:A
Height / Wieght:158㎝/45㎏
3Size:85㎝/ 57㎝ 55㎝ /84㎝
Position:Strike Vanguard
稀有な格闘センスを有する。
愛用の武器は、近距離から中距離までをカバーし、射程距離外の敵に対しては律子とのコンビネーションで対処する。

越野 可憐 Karen Koshino

BloodType:B
Height / Wieght:143㎝/42㎏
3Size:83㎝/56㎝/ 84㎝ 80㎝
Position:Strike Vanguard
格闘センスでは藍に及ばないもののその拳は、一撃必殺の破壊力を秘める。
愛用の武器により、彼女の拳は突撃級の外殻をも砕く。

リーゼロッテ・シュレーベル Lieselotte SAchreiber

BloodType:A
Height / Wieght:155㎝/48㎏
3Size:89㎝/59㎝/88㎝
Position:Blast Guard
母親からチェロを習った名家のお嬢様。
得意とするチェロに似た外観の試験兵器との相性は抜群である。

大上 律子 Ritsuko Oogami

BloodType:AB
Height / Wieght:150㎝/45㎏
3Size:86㎝/55㎝/87㎝
Position:Storm Vanguard
自分の決めた道は絶対に曲げず、道理を蹴飛ばしてでも道を作る、試験部隊隊長。
気に入らないヤツは、上官であろうとBETAであろうと場外までふっ飛ばす。

越野 隆

BloodType:O
Height / Wieght:172㎝/58㎏

冬馬 巧

BloodType:O
Height / Wieght:170㎝/58㎏


試製93式近接戦闘三叉槍

試製93式近接戦闘短刀

イタリアから導入された短刀と三叉槍。
ナイフとフォークと言ったらイタリア人に怒られる。
刃部分は高周波ブレード、三叉槍はスタン機能付と言われているが詳細は不明。
ブレードマウント固定用の穴や握りから、74式近接戦闘長刀の半分くらいのサイズがあると思われる。
既に短刀というレベルではない。

対BETA用衛生装備333号

液体とも固体とも判別できない謎の物質が入っている鍋。
鍋にバイオハザードマークが記されている点と、緑の髪の衛生兵が開発したという噂から、対BETA用の化学兵器ではないかと言われている。
ブレードマウント固定用のハの字状の溝が付けられている。

試製82式投射弾頭

BETA群への投射攻撃用に開発された専用弾。
直接投射時にはマッハ4を超える速度でBETA群を薙ぎ払う。
その威力は後に開発された電磁投射砲と互角とも言われている。
1000本以上は連続投射ができないのが弱点。
82式近接戦闘撲刀の原型とセットで運用される。
単体で手投げ弾として使用した方が便利。

76式近接打撃装備

『皇帝の拳』との異名を持つ近接戦闘装備。
後期型になると拳そのものを射出し敵にぶつける機能が追加され、ブレード追加型や左右の拳を合体させて射出するなどのバリエーションを生んだ。
これだけ試製の文字がないので制式採用されている模様。
打撃部分に指向性爆薬を搭載している。

試製89式多目的誘導弾システム

戦術機で運用可能な中距離誘導弾。
特殊なケースに内蔵され肩に担いで運搬される。
ケースの中には誘導弾の他に戦術機用追加装甲が収納されていて、いざとなればズバッと装着して防御力を向上させる事が可能。
兵装担架固定用の溝が彫られている。
戦術機用のズバッとスーツがどんなものか見てみたい。

試製82式近接戦闘撲刀

82式投射弾頭とセットで開発されたが、近接戦闘用兵装としての有用性が認められた為、突起を追加して攻撃力をより強化したモデルが開発された。
その破壊力は、要撃級BETAすら場外まで打ち返す事ができる。
突起というかリアクティブアーマー(という名の指向性爆薬)を43発(7×6+1)も搭載。

虫笛鎖鎌

鎖鎌の分銅の替わりに虫笛が取り付けられたもの。振り回して音を発生させ、BETAの行動を操ろうと考案された。

90式外部音響装置

戦術機の肩に取り付けるスピーカーシステム。
BETAにある特殊な音を浴びせ、撤退または行動を停止させる為に開発された。


大見出し


サイト内検索フォーム