|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

00ユニットとBETAや珪素系生物の考察コメントログ1

このページ直接編集しない! 考察ページから投稿汁!

  • なんで「生物根拠ゼロ、生命反応ゼロ」の00ユニットが必要だったのかが結局説明不足な気がするのは自分だけ?
    オルタ3での「生物として見て貰えてない人間」のESPは失敗したのに、なんで00ユニット=「完全非生物の人間模倣存在」のESPは成功したの? -- (名無しさん) 2006-03-12 02:16:35
  • >なんで00ユニット=「完全非生物の人間模倣存在」のESPは成功したの?
    00ユニットはオルタ3のエスパー達に比べてESPのパワーを高い
    って説明なかったっけ -- (名無しさん) 2006-03-12 02:52:13
  • あ号標的が00ユニットを自分達(BETA)と同じ存在と判断したからでせう。
    『存在を認識した。情報を転送せよ』とかいってるし。
    -- (名無しさん) 2006-03-12 02:53:27
  • >>あ号標的が00ユニットを自分達(BETA)と同じ存在と判断したからでせう。
    それは大前提です。オルタ3では相手にしてもらえなかったから、今度は相手に自分を認識させる為に00ユニットを用意したんだからそうでないと無意味。
    判らないのは「何故、BETAは炭素生物なのに00ユニットと言う非炭素で非生物を用いて存在を認識させようと(BETAと同じと誤認させようと)したのか」と言う事。
    炭素系生物であると言う共通項を捨て去るんだから、そこには何か根拠があった筈。 -- (名無しさん) 2006-03-12 03:12:04
  • 開戦当初に人類=炭素系よりも機械=非炭素系に多くの反応を示したからでしょう。
    ただ、確かに非炭素系を生命としてみなす可能性がある、と言う理由にしかならないのは確かですね。 -- (名無しさん) 2006-03-12 04:21:11
  • >開戦当初に人類=炭素系よりも機械=非炭素系に多くの反応を示したからでしょう。
    理由はわからないまでも前提として人類側はこの情報を持っていた。
    故に試してみた。

    >ただ、確かに非炭素系を生命としてみなす可能性がある、と言う理由にしかならないのは確かですね。
    そして結果としてなぜ機械に反応するのかという理由が、創造主が非炭素=珪素生命体だったから。
    だから、非炭素=創造主と同系統のゼロゼロユニットには強力に反応した。

    と解釈した。 -- (名無しさん) 2006-03-12 16:28:42
  • >>そして結果としてなぜ機械に反応するのかという理由が、創造主が非炭素=珪素生命体だったから。

    結果論的にはコンピーターに多く使ってあるシリコン素子に反応してたんだろうけどねぇ、BETAは。
    ……5もそうだけど、考えを詰めていくと4も結構ばくちと言うか自棄っぱちな要素強くね?
    人類の命運を分けるような作戦の採用理由が「とりあえず試してみました」色が強い気がす -- (名無しさん) 2006-03-12 19:29:29
  • オルタ3からして夕呼自身が「半ばヤケクソ」と評してるし、その成果を吸収って言ってるけど手段として重要な一角に組み込んでる4も、実はかなりヤケクソ? -- (名無しさん) 2006-03-12 20:22:30
  • >00ユニットはオルタ3のエスパー達に比べてESPのパワーを高い
    霞と同程度の能力を付与したって言ってなかったっけ?
    てかこれもかなり不思議だよな。遺伝子操作で能力強化はまだ判るけど、脳機能の一部をどうやって付与したんだ?(笑 -- (名無しさん) 2006-03-12 21:03:50
  • BETAの材料が人間ってのは「あ号」が言ってたけど、あれって兵士級だけなの?
    全てのBETAに当てはまると思ってたんだけど…。
    「資源採取の為に地球に来た」って理由も
    「BETAを増やすための材料(炭素生物)である人間を捕獲に来た」って勝手に解釈してるんだけども。 -- (名無しさん) 2006-03-12 23:29:53
  • >「資源採取の為に地球に来た」って理由
    おそらく、『なぜか使用されていない』グレイ・XXが目的の資源だと思われる -- (名無しさん) 2006-03-12 23:37:49
  • 兵士級が確認されたのが95年。
    本来の目的が母星へ資源を送ることである以上、兵士級への再利用は「資源搾取のついで」だけですね。
    ただ、私も他のBETAへの再利用も可能性として有ると思います。
    あと、増やす方法は人類からの転換ができるのなら仲間(BETA)の利用もできるかもしれない
    それにあの物量はからすると、クローン培養のようなことも出来ているのではないかなあ。 -- (名無しさん) 2006-03-12 23:51:44
  • BETAが人間の解釈で言うところの「炭素系生物」であって兵士級に使う素材の一例として○○が提示されただけで、別に「人間」とは言って無い事に注目。
    話の流れ的に、人間ってアレだろ、こっちで兵士級に再利用してる材料じゃん? そんなん生物ちゃうやん、と言う感じ。
    構成要素的に、人間以外の炭素系生物も使用されていると推測できる。 -- (名無しさん) 2006-03-13 00:31:59
  • たしかに人間が使われているのは一部だと思う。
    資源採掘と敵性体排除のためにBETAが作られる。おそらくその惑星の敵に合わせて色々な種類のBETAが作られるんだと推測。
    戦闘機が最初に有効だったのはBETAに光線級がいなかったためで対戦闘機用に光線級が製造された。
    ハイヴの周りから採取した自然などで採取に必要ないものを何らかの形でBETAの材料にしてるのではないか。 -- (名無しさん) 2006-03-13 02:12:47
  • 日本のBETAに占領されていた一部地域で自然が残っていたのは
    何故? 珪素系生物がそこにいたから、って説を見た気がしたけど
    そもそも珪素系生物がいる星にはBETAは来ないとか言ってませんでした? -- (名無しさん) 2006-03-13 17:35:47
  • 珪素生物的にNGな不純物が回収資源に混入して除去が面倒だから放置されてるって説を友人がぶってた。
    火山帯に必ず高濃度で含まれる物って何かあるかね。硫黄? -- (名無しさん) 2006-03-13 18:29:29
  • 作中では火山地帯だから?というような憶測はしていましたね。正解かどうかは不明だったけど
    ちなみに、上位存在が活動可能な星に生命体は居ない、というような事言っていたと思う。
    創造主が上位存在を送る星系には生命体が居ないというのを原則にしているのか、珪素系生命体が活動できる星では上位存在が活動できないのかは不明。 -- (名無しさん) 2006-03-13 18:35:36
  • BETAは何故人を喰うのだろうか?
    エネルギー供給は炉からできるわけだし‥。
    喰う機構とか必要無い気がするんだが、資源回収が目的なら。 -- (名無しさん) 2006-03-13 21:28:28
  • ↑ちゃんとした意味もあると思うけど
    単純に噛まれる喰われるって表現のほうが恐怖心を演出し易いからだと思う
    -- (名無しさん) 2006-03-13 22:26:34
  • 単純に再利用の材料の一つの「炭素系物質」ってことでハイヴに持ち帰るためじゃない?
    あと、「歯は一番硬い」ってどこかの探偵がいってたけど、
    BETAが地球に来た時に「人間なり動物なり喰って」とかの何らかの方法で
    「地球の地形」「災害(人間)の対処」ににとって都合のいいデータを手に入れたわけで、
    ほとんどの動物も一番攻撃力高いのは「噛む」かなと。。。
    BETAの口の位置も人間の頭部狙いやすいとこについてるし、
    だから「喰う」というより「かじる」って意味で、
    「単なる武器として口がある」ってとり方もできるかな。。。 -- (名無しさん) 2006-03-13 23:04:46
  • 生殖器官も消化器官も無い、て言ってたから
    食って腹の中に入れて運ぶ、という手段をとってるのかもしれん。 -- (名無しさん) 2006-03-13 23:12:10
  • 火山地帯にBETAが進行しない、またBETAの創造主がいるような世界には他の生命体はいないというのは、ソースは忘れましたが、BETAの創造主のような珪素系生物が生存するためにはかなり高温な星でないと行動に支障が出るためだったからなはず。
    要は温度が金属の融点を超えているような星か?
    だからBETAが火山地帯に進行しなかったのも、創造主に類似する存在がいると判断したとも考えられる。
    なお太陽系でBETAが進行しない星があるとすればそれは金星以内の太陽に近い星だけだと思われる。 -- (名無しさん) 2006-03-19 22:10:22
  • そもそもBETAの「地球上に生命体は存在し得ない」という意見は終始変わってないわけで。。。 -- (名無しさん) 2006-03-20 01:41:02
  • BETA(というかBETA作った珪素系生命体)にとって炭素系生命体は「人類で言うところの機械」みたいな存在なんだろうな。 -- (名無しさん) 2006-03-21 20:20:33
  • たまの死体、BETAはどうやって運んだんだろ? -- (名無しさん) 2006-03-20 18:02:48
  • んー、あの状況だとどうだろう、、、
    たとえば、BETAは全て上位存在の一部で、こう、ハイブをうにょーんと、、、無いな。
    テレパシー的なもので上位存在に「標本」として詳細を送信、上位存在は手持ちであった一番新しいデータとしてBETA製造の要領で炭素系物質で忠実に再現、、、、とか?
    絶対違いますね、本当にありがとうございました。

    -- (名無しさん) 2006-03-20 22:11:03
  • それなら、わざわざ死体を忠実に再現するよりは
    上位存在「なんかこの星にも生命体がいるとか馬鹿なこと言ってる奴がいるんだけど、なんかそれっぽいのってあるー?」
    兵士級「あー、とりあえず今喰ってるのがまだ形半分くらい残ってるんで持って行きやーす」
    上位存在「あ、そんじゃお願ーい」
    兵士級「うぃーっす」
    ・・・って感じ? -- (名無しさん) 2006-03-21 19:23:08
  • >>BETAは死んだ人間しか見てない
    武とか純夏とか他にも捕虜だったのは結構いる。 -- (名無しさん) 2006-03-21 22:07:35
  • つか上位存在がタマの死体を見せてこれが生命体か?と言っていたけど
    そりゃおめーらがタマを殺したから生命体じゃなくなったのはあたりま
    えじゃね? -- (名無しさん) 2006-03-21 22:13:39
  • >>そりゃおめーらがタマを殺したから生命体じゃなくなったのはあたりま
    えじゃね?
    つまり創造主の定義する「生命体」は「原型とどめなくなったくらいじゃ死なない。」
    ってことじゃない?現に動き回ってる炭素系なBETAを上位存在は「殺したから生命体じゃない」じゃなくて「最初から生命体じゃない炭素系物質が安易に変化しただけ」って解釈で言ってる。

    -- (名無しさん) 2006-03-21 23:53:31
  • 原型とどめなくなったくらいじゃ死なないかどうかは関係ないとおも。
    でも「元から生命体じゃない」というとこはそうだろうねー。
    炭素系だと自律行動してても生命認定しねーということでは。
    どんなアホ創造主だよとも思うけど、案外昔の黒人を白人が人間扱いしなかったぐらいな認識なのかもなー。 -- (名無しさん) 2006-03-22 02:19:52
  • でもさ、究極の面で言ったら、創造主の言ってることもあってるんじゃない?
    たとえば、人間が機械、つまり「ロボット」に意思もたせたとしても、「生命体」として扱うとは思えない。
    コレは今までの別の「ロボット」関係のマンガでもよくネタになってる話だよね。
    だから創造主にっとての人間も、立場が逆なだけで、「BETAという名のロボット」と同じ「創造主が作り出した本来意思を持つはずのない物」として扱ってるんじゃない?
    現に上位存在は「人類は別の根源主であると推定」類のこと言ってるし。。。
    -- (名無しさん) 2006-03-22 02:34:48
  • ふと思ったのだが、ALってキャプテン・ハーロックの影響が大きくないだろうか?
    なんか敵性体の人類に対するスタンスが似ている気がするし。

    既出だったらごめんなさい
    -- (名無しさん) 2006-03-22 12:50:04
  • ↑と言うか70~80年代アニメ全般の影響は受けてると思う。あの頃は絶望的な状態の人類が
    立ち向かっていく話が多かったし…。でもキャプテンハーロックは感じなかったかな?
    敵性体の人類に対するスタンスって? もっと具体的に教えて。 -- (名無しさん) 2006-03-22 13:58:33
  • なんとなくだけど
    BETAの生命体に対する考え方がサイバーナイトのバーサーカーに似てる気がする
    一つの意思で統率された群体全体を一つの生命体であると言う事が前提であり、人類のようなそれぞれが個別の意思を持ってばらばらに行動する群れを見て「秩序のない端末の群=生命体ではない」と判断してるような

    単純に珪素生物でない炭素生物を自身と違いすぎるのでそれが生命だと認識できず、ものとして見てるのかもしれんが

    説明下手で済まん -- (名無しさん) 2006-03-22 14:45:56
  • ↑↑↑↑↑
    付けたしだけど、以上を踏まえてだ、
    人類が別の星巡ってロボットの類の自立した物体見つけても、「生命体」と認めるより「宇宙人がロボット作ってこの星に放したッッ!!」って結論が先になるのは当たり前だと思う。
    所詮「生命体」「非生命体」どちらも人間が作り出した概念なんだしな。。。 -- (名無しさん) 2006-03-22 15:38:47
  • なるほど、確か植物人間としての意思で統率された群体、だったかな?ハーロックの場合。
    その考え方だと確かに似ているね。私が感じなかったのはBETAの生命体に対する考え方の
    認識が違うから。

    私はBETAが人類を「別群体のBETA」と認識していると思っています。これなら人類を
    生命体と認めない(武と会話しているにも関わらず)理由になるからね。

    -- (名無しさん) 2006-03-22 15:59:23
  • あと、ハーロックの場合なんだけど
    敵が機械の中に居る知性に対して興味を持っている。
    接触しようと積極的に手を出してきたし。

    00ユニットはこの辺の影響かと思った。 -- (名無しさん) 2006-03-22 17:12:34
  • >>私はBETAが人類を「別群体のBETA」と認識していると思っています。
    だろうね、そうなると上位存在は「自分で作ったBETAに「俺は人間だ!」とか思わせるとはよ、こいつらの創造主アフォだな」とか思ってるんだろうなぁ、、、、
    -- (名無しさん) 2006-03-22 23:53:31
  • もうここまで来ると生命体の定義ってなに?って感じだな。
    俺の意見だけどBETAは創造主によって作られた炭素系生物だから
    自分たちのことを生命体とは認識していないけど実際人類も炭素系生物だけどはじめは海に
    住んでた微生物から進化して最終的に人間ってものになったわけなんだよな?
    しかもBETAと違ってちゃんと自己増殖もできるんだし。なにごとにも例外はあるってことだと思うけどなぁ。 -- (名無しさん) 2006-03-23 20:35:22
  • BETAは結局のところ単なる資源回収ユニットなんだから、例外に対応できるような高度な思考ルーチンを求めるだけ無駄。 -- (名無しさん) 2006-03-23 22:32:04
  • >>はじめは海に住んでた微生物
    その微生物はどうやって誕生したのかまだ解明されてない
    飛来した隕石に微生物が付いていたとか言う説もある

    もしかしたらBETAの創造主が産み落としたのかモナー -- (名無しさん) 2006-03-24 00:58:13
  • >>自己増殖もできるんだし。
    生命=自己増殖
    っていうのも難しいよな、生殖機能のない人間にも成せる事は星のようにあるしな。
    まぁ、それも「例外」って言っちゃえばすむんだけど、

    >>BETAは結局のところ単なる資源回収ユニットなんだから
    「資源回収」のみが目的で送り出すにしても、これからの資源回収の効率化のためにも新たな「災害」の予防や「認識」は必要だとおもうけどな、
    「炭素系のこの活動物質がいる星は危険ダッ」的な。。。

    まぁ、そういうのも含めて、メッセージ性の高いゲームだからなぁ、、、
    -- (名無しさん) 2006-03-24 01:57:01
  • ただね、見ている限り、BETAの資源調達のやり方って、
    色々考えていくと無理があるんですよ。

    まず目標惑星についてなんですが、極論して彼らが鉱床とみなした惑星の
    末路って質量が軽くなって、結果、軌道を大きく外れて恒星系全体を崩壊させてしまう
    恐れがある。ひいては恒星系が属する銀河全体を崩壊させてしまう可能性が…
    まぁ、生命体がいないことが確認されているということになっているのでそちらは目をつぶりましょう。

    しかし、さらに深刻なのはかれらの本星の質量!
    最終的にこちらも重力バランスが崩壊して恒星系全体が崩壊する可能性があります。
    惑星内の資源調達のばあい、これらは惑星表面の質量バランスが多少
    移動する程度ですが…
    自然な状態を保存しつつ、恒星系や銀河の重力バランスをも
    保存するような活動をするにはBETAのような送りっぱなしの
    資源調達では早晩限界が出てくるはずなんですね。

    今の人類の宇宙開発で地球外に送られた地球由来物質の質量は微々たる物だし、
    大半は重力圏内でデブリとして軌道運動しているものが殆どなので、
    全体として地球の質量を心配する必要は無いわけですが…

    宇宙に10の37乗個もあるハイブの数から考えて、その増加質量は
    生半可な量ではないと思われます。
    下手をするとBETAの創造主種はすでに彼らの母星もろとも滅びているのでは?





    -- (うぐぅ~来訪者) 2006-05-07 16:09:10
  • >>最終的にこちらも重力バランスが崩壊して恒星系全体が崩壊する可能性があります。

    核分裂とか対消滅のように質量をエネルギーに変えるようなシステムならばそのようなことは起こらないのでは?
    または、資源を分解して人間たちの言う気体のような状態にして宇宙空間に放出するとか。 -- (こたろー) 2006-05-09 21:55:41
  • >核分裂とか対消滅のように質量をエネルギーに変えるようなシステムならばそのようなことは起こらないのでは?
    そのとおりなんだけど、その場合は逆にエネルギーを100%消費する方法も必要になるわけで…
    -- (うぐぅ~来訪者) 2006-05-15 22:33:28
  • ここまで進化した生命体文化圏が「母星」なるものに居住してるとは思えないけどなー。
    適当に銀河規模のダイソンスフィア作ってコロニー化してるぐらいな規模の文明では。

    あと、そもそも彼らが「何のために」資源を集めてるかが不明っしょ?
    少なくともこの規模の資源、というか物質を「母星」に集めてるという方が
    むしろ不自然。母銀河系内にすら集めてないんでないかな。

    個人的には、どっか自分たちの文明圏とは別の場所で、銀河規模の土木工事でも
    してるんではと思ってるけどね。 -- (える) 2006-05-18 19:35:37
  • その辺を突っ込むと械他星系の資源を搾取できる文化レベルを持つBETAの生みの親との開戦につながっちゃうんだろうね。
    目的はさておき、他星系へBETAのような巨大な作業機械を送り込む技術は光速機関や重力制御が無くても膨大な時間と予算さえ費やせるなら人類にも可能だろうと思う。
    ただ、それがただの営利目的であるBETAの生みの親が相手となるとダース単位で地球ごと滅ぼされそうだ。
    人類の歴史を異星人に当てて良いものか不明だが、現存する技術の兵器転用は当然考えられているだろう。
    ならば、BETAが生成するグレイシリーズ(おそらくは異星人の特殊な技術を使うエネルギーの規格)を使った兵器、もしくはそれ以上の威力を持った兵器を所持していることになる。
    それこそ、オルタネイティヴの当初の目的「共存」への道を模索するほか無いのではなかろうか?
    BETAが何によって増殖するのか・・・(効率を考えるにハイヴ内部に細胞分裂か何かで増える設備があるのではないだろうか?)仮に地球の鉱石(電磁加速で打ち出すのだからおそらく)を目的とするのなら作業機械に自己増殖型かつ非金属重機を使うのは理にかなっているように思う(異星人の規格ではどうか不明だが)

    ときに、単体BETAは強いのだろうか?
    作品中で数の脅威を存分に示したBETAの単体での考察を見た限りで考えてみた。
    まず、姿は生物的で攻撃方法もレーザー種を除けば地球の在来種に同じような特徴を見出せなくもない。
    レーザー種の地平線の果てまで敵を正確に捕捉する方法(電波ではなく特殊な方法だろうか?)以外は対生物に当てはまりそうだ。
    しかし、骨格があるのかも不明(映像や静止画で一定の方向に稼動していること、フォルムや見た感じの行動ではありそう)だが、その筋繊維は驚異的な伸縮力を示している。
    レーザー種などはその体格からすると貧弱な脚部で活動しているし、戦車級の顎はその全長が4,4m程度であるにも関わらず、機体装甲を食い破る。要撃級は明らかに重量の前腕を振り回し、一撃で戦術機を破壊している。
    どちらも人間の(数?)千倍の戦闘力を持つという戦術機(まりも教官談)の機能を一部とはいえはるかに凌駕しているのではないだろうか?
    いかがだろうか? -- (ONIK) 2006-06-07 17:09:20
  • >BETAが何によって増殖するのか・・・
    あ号標的での武との会話で、われわれの材料だと言ってタマを引っ張り出したので
    BETAは地球の物質を使用しているのでは。 -- (UQRX) 2006-06-16 13:34:21
  • 普通に人間が材料と言い切っていいじゃん
    BETAの兵士級だか闘士級だって原材料:人間だし。 -- (名無しさん) 2006-06-20 16:38:29
  • >普通に人間が材料と言い切っていいじゃん
    人間が材料というより炭素系物質が材料なんじゃない?
    そして、人間は炭素系物質に含まれる・・・と。 -- (名無しさん) 2006-06-22 20:18:32
  • アレ?兵士級以外は人から生成されるって記述はないから違うんじゃない?他の葉BETAには人間って材料にはなっても原料にはならないかもね。それに兵士級って明らかに見劣りしてるじゃん。他のBETAが作業機械の能力があるっていうなら、兵士級の出来る仕事ってせいぜい掃除くらい?力は弱いし、足は遅いし、ビームでないし・・・・。 -- (saw) 2006-06-24 01:20:47
  • ところでさ、カシュガルって上位存在なわけだけど、月から定期的に来るBETAの着陸ユニット。あれも上位存在なんかな?
    たしか、不定期で落下してくるとかの記述があったとおもうんで、いままで、いくつ来たかは不明としても、それが上位存在なら月で作れるってこと?それとも、月に上位存在ってたくさんいるのか?
    上位存在自体が、被創造物=創造主の造ったものって言ってたから、月に創造主いなけりゃ無限には来ないはずだけど……
    分裂?増殖?だめだ、コレだと計算が出来なくなる……

    あと、なんで落下してくるんだろう?
    ユーラシアの次がアメリカ大陸だからカナダは分かるけど、以降全部アメリカ狙いなのか?つーか、カナダの着陸ユニットの破壊って月に知られてるのか?資源の射出がないから判ったとか?
    う~ん地球―月間で情報のやり取りって出来てるのか?だとしたら、オリジナルハイヴの上位存在の消滅って、すぐに月にばれる?
    どうなんだろ?
    -- (名無しさん) 2006-07-02 21:12:50
  • えーと、不定期でなんちゃらってのは「不定期に打ち上げてる」方じゃない?
    月から定期的に着陸ユニットが来てるという表現はなかった気がする。
    「着陸ユニットが着たら核で迎撃してオリジナルハイヴがこれ以上増えないようにする」
    とは言ってたけど、それは現在「迎撃ばんばんしてます」ちう意味じゃないだろうし。

    あと着陸ユニット形式を一度取ると連絡網が切れる、という表現はあった。
    だから地球~月間でのやり取りはないっぽい。
    よって月の上位存在は「ユーラシアとアメリカに一発ずつ落としたから後はシラネ」と
    いう状態で、アラバスカ以降は着陸ユニットは来てない可能性もある。
    人類は「こない」と確信できない以上、伊隅の言ってた核による防空体制を敷いてるだろうけど。
    だからカシュガル上位存在の消滅も知らない(気にしてない)のかもな。

    ただ、ハイヴ生成の説明で「着陸ユニットを地下に降ろして反応炉にする」と
    説明してたので、オリジナルハイヴ以外のハイヴはどうやって造られ始めるのか、
    とは俺も疑問には思った。各ユーラシアハイヴはカシュガル連絡網の子供なので、
    別個に着陸ユニットで来た訳ではないので(来たとすると上の説明と矛盾する)。
    -- (える) 2006-07-05 21:22:03
  • 不定期うんぬんはそのとおりだな。
    ただ、講師:伊隅大尉の話だと「宇宙ではやりたい放題」で「今の人類にできるのは」とあるから、どちらとも言えないな。
    で、思ったんだけど、重大災害が無い場合とかって、ある程度資源回収用のBETA造ったら、上位存在自体が移動するとかだとどうだろうか?まぁ思いつきなんで意味無いけど。
    実際さ、『母星』から地球に直じゃなくて、月経由ってのが意味わかんないんだよ。もしかすると火星も経由してるかもしれんしな。
    月と火星って、「ハイヴはあるけど上位存在はいない」とかだったら人類に希望っぽくていいんだけどな。
    あと、反応炉は造れると思って良いんじゃないか?伊隅大尉の話だと、「既存ハイヴ周辺の個体数飽和が、その直接のトリガー」って言うし。 -- (名無しさん) 2006-07-05 23:31:45
  • そのあたりは蟻とかハチとかの分家モデルみたいな感じで惑星内で飽和
    したハイブについては、分家プロセスが開始されると考えると一番わかりやすいのでは?

    ただ、惑星内ではトップダウン型の情報交換モデルを維持するようにしてあるのかもしれない。
    だから、カナダのハイブがもし撃滅されていなかったら、2つの家系ができて、互いに別々の
    命令系統を作っていることが証明されたかもしれないし、あるいは時間が掛かっても
    月、火星、木星、土星、といった形で情報を経由して最終的にはBETA本星付近の
    統合上位存在を経由して情報が全宇宙のハイブに伝播しているという可能性もありますが、
    それには気の遠くなるような時間が掛かるので人類の認識ではそうした情報伝播は行われ
    ていないと考えても構わないという話なのかもしれない。

    そういう意味では、1家系単位での命令系統で完結させるまでが実際的な対応の限界なのではないか
    という気がします。

    最悪、数十万年後には宇宙の全ハイブが対人類戦略をもって人類に挑んでくるというシナリオも考えられるわけですね…
    -- (うぐぅ~来訪者) 2006-07-09 13:18:47
  • ・オリジナルハイヴ(甲1号)の破壊
    ⇒甲1号からの資源の打ち上げがなくなる
    ⇒月(または火星とかの他の天体)のBETA(上位存在)より創造主へとオリジナルハイヴの消滅が伝わる?(仮定)
    ⇒消滅を確認した創造主(母星)からの上位存在を有するフェイズ6以上のオリジナルハイヴが飛来(核迎撃不可(仮定))
    ⇒オリジナルハイヴの破壊・初めへ or 破壊失敗・人類滅亡

    になるのは逃れられないんじゃないかな… -- (血と少女) 2006-07-16 02:19:48
  • まず、甲1号目標その他のフェイズ5以上のハイヴからの資源の打ち上げを月や火星のハイヴが確認できるとかということがあります。
    太陽系から脱出するために必要な速度(第3宇宙速度)は約16.7km/sなので補足できるかどうかかなり微妙なところだと思います。

    ひとつの銀河系にある恒星の数は約2×10^11だそうです。
    一つの恒星系に上位存在が10ほどいたとしても一つの銀河系に存在する上位存在の数は2×10^12です。
    上位存在の数は少なくとも10^30ほどはあるので、BETAは相当数の銀河系にまたがって活動する物と言えます。

    つまり、創造主のいる星が今も存在するかはわかりませんが、そこまでの距離は1億光年ほどある可能性もある、ということです。
    その時点で創造主を介しての情報伝達などというのはまず不可能ですし、創造主側から直接地球に何か来る頃には地球はすでになくなっています。
    だから創造主を介して何かというのは正直脅威にはなりません。


    ついでにいいますと、木星より外側にBETAのいる星は無いと思います。
    木星より外側の星はほとんどがガス惑星で、固体部分はほとんどありません。
    さすがにBETAも活動できないかと。 -- (名無しさん) 2006-07-17 03:03:58
  • 木星以遠の惑星でも、岩石型の衛星を持ってたりするんで、何らかの拠点にする恐れはありますな。
    余談ながら、木星の衛星エウロパには地表下に、地球の持つ以上の量の水がある可能性がささやかれ、ひょっとしたら生命がいるかも知れないと言われています。 -- (名無しさん) 2006-07-17 13:11:33
  • 質問、オルタをやってみて思ったのですが、我々の生きているこの世界にも観測者がいるのでしょうか?
    -- (なろ~) 2006-07-18 14:22:39
  • ↑間違え
    本題はこれ→BETAがもし資源回収を目的とした生物なのであるならば、ALTでヒロインが逃げた星にも、
    いつかBETAが来てしまうのでは? -- (なろ~) 2006-07-18 14:25:48
  • いつかという条件ならそうなるだろうね…、あとヒロインが逃げたというのはAL5のことかな?だとしたら、ほんとうに脱出できたかどうかももアヤシイと思うんだけど。
    ところで、なんか資源を送る星=母星=創造主のいる星みたいな発言が多いけど、断定するような表現ってあったけか?
    一応、上位存在との会話を見て見たけど、武が資源の回収について聞いた回答は、「上位存在を送り出した惑星に送る」だった。なんていうか、電気メーカーの工場みたいなものをイメージしたんだけど…
    ま、意図してそう言っているかは分からなかったけど。 -- (名無しさん) 2006-07-18 22:55:39
  • 一応、創造主はシリコンで出来ている知的生命体であると上位存在が言っていて、尚且つ定期的に母星=創造主のいる星に贈るわけだから、これ自体が断定表現なのでは?
    -- (なろ~) 2006-07-19 18:43:09
  • 創造主についてはそうなんだけど、そもそも「母星」って表現を上位存在が使っていないわけで、送り先については「送り出した惑星」とは言ってるけど、「造られた惑星」とも「創造主がいる惑星」とも言っていないということなんだけど……
    だから、上位存在がどこで作られるかどうかは別にして、資源の送り先自体は複数あるのかと、自分は普通に思っていたわけです。「母星に送る」という表現は無かったと思う。
    あと、上位存在自体が武との会話で自らを被創造物=「設計された『存在』の一部」と言って、それに武が「おまえ以外の『存在』」の数を聞いたら10の37乗って言ったわけで、コレって上位存在の数とはイコールにならないような気がするんだが…… -- (いっこ前の人) 2006-07-20 01:45:51
  • 確かに改めて見てみたらそんな事言っていました。自分もまだまだ甘いようです
    -- (なろ~) 2006-07-21 10:43:14
  • もしかして人類とか地球上の有機生命体の起源は、BETAなんじゃないかと思った、基本的
    に全生物の「生きる目的」は、増える事だと思う、そうプログラムされた単細胞生物かバク
    テリアかなんかを、創造主があらかじめ宇宙にばらまいておく、それがたどり着いた惑星
    でその惑星の環境に適した形態に進化した炭素生命が出来る、BETAが作業のためその惑星
    を、訪れた際に現地の炭素生命の情報を利用すれば作業効率が良くなるから、実際BETA
    にとって人類は、「再利用すべき資源」、そして創造主が「炭素生命に知性が発生する事
    は、ありえない」と言うほど地球の環境は奇跡的な存在なんじゃないかと

    -- (せつなさ) 2006-09-03 16:17:37
  • 人類の起源にBETAが関わっているとすると、BETAのいない世界での
    人類の起源が成立しなくなる。
    ということについてはどのような対案をお持ちですか?

    ただ、人類や他の生物の生きる目的が、「増えること」ではなく効率よく
    資源回収を行うための「テラ・フォーミング・ユニット」である可能性ということなら、
    なんかつじつまが合いそうな予感がします。
    鉄鉱石の鉱床なんかは藍藻類の誕生がなければなかったそうですし…
    その他の資源が「鉱脈」という形である程度狭い範囲にまとめて堆積していることにも
    生物の活動が関与している痕跡があるそうです。

    -- (うぐぅ~来訪者) 2006-09-05 02:59:07
  • >>人類の起源にBETAが関わっているとすると、BETAのいない世界での
    人類の起源が成立しなくなる。
    ということについてはどのような対案をお持ちですか?
    それを言うなら人間の主観時間から見て大体40億年前に
    地球に自己増殖プログラムを送り込む意味が分からない。
    地球に同型の炭素系生物を撃ち込んだデータが飛んでいたとしても、
    40億年も同じような鉱物収集機械を他銀河系に送り込み、そして未だに
    母星(もしくは集積所)へと輸送しなければならない程って・・・何に使う
    のかは不明ですが。BETAに常識は通じませんが、
    既に上位存在にとっての創造主は絶滅しているか、それに
    準ずる状態に陥っていると考えたほうが妥当でしょう。
    また、基幹プログラムとして創造主を認識できなければ上位存在とは言えないでしょう。
    マスタースレイヴ型の関係なのに。あ、宗教系ってのは無しで。未だにどこの宗教
    も神=創造主の普遍的な認識っつーのは確立出来てないので。
    -- (春巻き) 2006-09-06 00:52:56
  • >既に上位存在にとっての創造主は絶滅しているか、それに
    >準ずる状態に陥っていると考えたほうが妥当でしょう。
    まぁそうですね。
    ただ、人類とタイムスケールが違う可能性もまたあるわけで…
    恒星間飛行をやってのける種族の時間概念で40億年が長いのか短いのかは
    わからないと言い切ってしまうことも不可能ではないかも。
    -- (うぐぅ~来訪者) 2006-09-07 18:51:16
  • 人類の起源にBETAが関与している可能性は低いんじゃないかな。
    仮に人類がBETAの計画により発生したものなら上位存在は、武に生命である証明をせよ、とは言わんでしょう。
    何しろ、生命で無い証拠を保有しているのだから。
    逆に、道具である証拠を提示し下位ユニットとしての活動を要求するか、狂ったユニットとして廃棄を決めるかするだけでしょう。
    資源として捉えているということは少なくとも人類がBETAが作ったものじゃない証明になるんじゃないかな。 -- (あの) 2006-09-07 20:30:34
  • いかなBETAの創造主といえど40億年は短くないと思います。
    現に、現代の科学技術では10年前にはSFにしか存在しない技術が実現しているのですから。
    また、BETAの創造主にも個人が存在するなら意見の対立や不一致もあるだろうし、まったくないとは言い切れないでしょう。
    これは私の推論なのですが、かつて恐竜が絶滅したように地球の生物はその生態系を数万年周期で一大交代を果たしています。
    そのうちの一つくらいBETAの創造主が関与していたのかもしれません。
    SS用のネタを話すなら、武くんが因果によって世界を渡る際、そのイメージする世界の時間に食い込んだように、何らかの因果が太古の地球に繋がっていればどうでしょう?
    G弾の作用と純夏ちゃんの意思、BETAの増幅作用によって起こった収束した多次元世界の武くん、タイムループ。その原因たる3つでエネルギーに相当するのは明らかにG弾です。
    オルタネイティヴ5はそのG弾を大量に使用する一大反抗作戦。その何発かが因果を辿って別の世界の過去に影響を及ぼしたとは考えれませんか?
    なおかつ、その爆発の際にBETAが生成しているグレイシリーズ特有の反応が見られたとしたら、BETAが採掘する候補として地球に目をつける可能性がでてくるのではないでしょうか?
    なお、G弾の影響については一大交代の説の一つでシベリアにあるスーパープルームの原因とするなら1発のG弾でも地球環境に致命的な打撃を与えることが可能だと思います。
    いかがでしょうか
    -- (ryuku) 2006-09-09 14:19:24
  • 私は、「炭素生命に知性が発生する事は、ありえない」
    というのは、いわゆるロボット三原則的なBETA自体に対する"縛り"なのではないかと思う。

    自立し自己進化する機能をBETAに持たせる時点で、造る側として危惧する事は、BETAが資源回収プラントとしての役割を逸脱する事ではないのか。
    あくまで、飼い主と飼い犬のを区別する分かりやすい線引きとして、有機・無機の違いで定義したのではないか。

    >これは私の推論なのですが~
    以降に関しては、論拠が乏しすぎる気がします。

    順当に考えて

    -- (ガーネット) 2006-09-27 01:39:38
  • 創造主はBETAに対し当然反乱を起こさないように制限をかけていると考えられる。
    そして、BETAは火山地帯には近づかない。
    これは創造主が生活に適した環境を破壊しないようにかけたプロテクトではないだろうか。
    だとすると創造主は溶岩の中で流体の状態であると考えられる。
    また、集めた物質は常に燃やされ母星の表面温度の維持のために消費されていることになる。
    ただ、この考えだと、どうやってBETAを作ったのかが問題になってしまう。 -- (あの) 2006-11-01 08:08:24
  • 雑魚BETAの創造に関しては、上位存在が土地土地に合わせたものをその場で適宜判断して作ってるんじゃないでしょうか?
    月や火星に出たBETAに関しての情報が無いのではっきり言えませんが、とりあえず地球上のBETAに関してはその殆どが“どこかで見た様な特徴の継ぎ接ぎ”になっている事や、最初から存在していても全く問題無い筈の光線級が事後対応で配備された理由の一端がここにあると考えられます。
    また、逆説的になりますが、完全に自動な自立式の資源収集装置を未知の環境へ送り込む場合にはそういった柔軟性を持たせられれば非常に有用だという事も論拠となるのではないでしょうか。

    問題点は、地球にオリジナルハイブが送り込まれた直後にそこから現れたであろう試作品に関しての話が一切出てきていない=最初からあの形だった可能性がある事。
    月や火星のBETAの情報も併せて、その点を地球人一同が何十年も気付かず放置するとは考えにくいのがこの説の障害。
    もし夕呼先生がそれに気付いていれば、今後-特にオリジナルハイブ内では新種が出る可能性がある事くらい言っていてもおかしくないですしね。

    それから地球上の生命体の起源=BETA説については、上位存在がエラー起こして通常動作せず、微妙な影響だけ残して機能停止したというアレな可能性を考える事も出来ます。
    エラーの影響で意図しない影響を与え、更に数十億年単位で変化し続けてきた結果である人類や他の生命をBETAが同族と認識出来ないのも道理でしょう。
    再びBETAが送り込まれてきた事については、元々完全自立型の上に自動増殖ですから、逐一送り先の経過を観察はせずに個別に次の標的へ着陸ユニットを飛ばしてるだけで、今戦っている相手は先に来たものとは別の星から来たと考えればさほど問題を感じないかと。 -- (今更ななし) 2006-11-24 19:01:24
  • 以前 地球上の生命体の起源=BETA説を提案した者です
    BETAのいない世界では、「人類BETA起源説」を説明できない と
    ありましたが、BETAの存在が確認されてない世界では、
    BETAが存在しないことを証明することは、不可能だと思います
    「悪魔の証明」とも言いますが、作品の中でエクストラの世界でBETAが
    いないと言い切った訳は、この世界にBETAの脅威がある可能性を
    残したままでは気持ち良くエンディングを、迎えられない理由が
    どうしてもあるからだと思います、正直、作中にBETAがいないことを
    どう説明していたか忘れましたが、どうやったら証明できるのか疑問です
    1、エクストラの世界にBETAがいないこと確立しなくてはならない
    2、BETAがいないことを証明できない、矛盾するがこの程度なら作品自体に
    影響は無い

    両方やらなくちゃいけないところが幹部の辛いところなんじゃないでしょうか?
    自分は、ここまで入り込める作品をほかに知りません、
    本当にすばらしい作品だと思います 

    -- (せつなさ) 2007-01-30 20:26:48