|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

純夏の夢コメントログ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 現在、双子に関しては、世界説とG弾説が有力です。 -- (TEST) 2006-03-01 23:52:37
  • 量子力学的を概念的に説明した表現かと思った。
    ナンタラ理論で双子(時間と重力)が大きくなったり~って
    回りくどい比喩をしているものでは? -- (名無しさん) 2006-03-04 16:33:27
  • オリジナルハイブとデータリンクした結果、上位の存在視点で
    G弾とスサノオを脅威的災害とみなしたイメージなのでは? -- (名無しさん@ピンキー) 2006-03-04 23:41:51
  • 単純に冥夜と悠陽のことと思ってた -- (名無しさん) 2006-03-05 12:13:07
  • >とても大きな、とてもちいさな、とてもたいせつな、
    >あいとゆうきのおとぎばなし
    愛と勇気が双子って事かな?解釈とゆーか意味付けだけど -- (としあき) 2006-03-05 16:45:56
  • タケルのクローン作ってるのかと思った、んで最後にBETA側の00タケルみたいなのが出てくると期待したんだが -- (名無しさん) 2006-03-06 03:03:24
  • まああそこから考えると心理学的な考えからすると大きい双子は
    純夏の「武に対する想い」と「今まで築きあげた倫理観」だと思うんですが -- (偽武) 2006-03-07 14:44:28
  • 「順番に」という部分を考慮すると、あの双子ってのは純夏と結ばれたタケルの構成要素
    じゃないかな。つまりあの夢は、タケルが因果導体になった原因が純夏だと言うことを自覚
    したことを表してるんでは。

    脳髄純夏が、真っ暗なところでひたすら「タケルちゃんに会いたい」
    G弾の影響も手伝って、EX世界から要素が集まってタケルの集合体がオルタ世界に召喚(双子その1)
    集合体タケルが、この世界で純夏にたどり着くまで、ひたすらアンリミループ(双子その2)

    その結果、純夏と結ばれたあのタケルが居る、と。 -- (名無しさん) 2006-03-08 09:30:23
  • もしかしたら人間とBETAかも -- (レロ) 2006-03-11 05:21:45
  • 間接的な意味も持たせているとは思うけど
    G弾のことで良いと思う。
    明星作戦で2発のG弾を使用したと言うことと、その影響とカガミスミの意思の結果
    シロガネタケルが現れた。世界に来たということだし。 -- (名無しさん) 2006-03-12 03:57:56
  • それが怖い夢に当たるの? -- (名無しさん) 2006-03-12 13:06:29
  • 怖かったのは、武ちゃんが居なくなるのと、暗い部屋に一人ぼっちって事じゃないの? -- (名無しさん) 2006-03-12 13:50:05
  • マブラヴエクストラ編で純夏以外のヒロインと結ばれた世界での純夏の無意識下での嫉妬の集まりみたいなもののイメージではないでしょうか。 -- (名無しさん) 2006-03-13 23:36:45
  • とても大きな双子
    あ号目標と横浜基地の反応炉
    順番に小さくなって
    情報のやり取りの時の明滅。
    この頃から情報を気づかないで送っていたはず。
    と無理やりなこと言ってみる。 -- (diarize) 2006-03-14 00:40:30
  • G弾かなと思ったけど考えてみたら間接的すぎる。言われても結びつきにくいから違うと思う。次回があるとも思えないけど今回じゃわからない事なんじゃないかな -- (無名) 2006-03-14 05:02:14
  • タケルの○キンだと思ってた俺って… -- (名無しさん) 2006-03-14 21:53:23
  • 反応炉(BETA)視点の純夏と純夏の自意識だと思う。
    >情報のやり取り
    これに収束する訳ですが。 -- (名無しさん) 2006-03-15 01:13:36
  • 90番格納庫にあった、凄乃皇弐型と四型(のML機関)のことだと思ったんですが・・・。
    今作だけでは結論は出ませんね、これ。 -- (TN) 2006-03-16 22:48:54
  • うまい表現のしかたができませんが、
    武をAL世界に呼んでしまった純夏と、
    自分と結ばれるまで武をAL世界で延々とループさせ続ける純夏の2つだと思ってました。
    両方とも、武と純夏が結ばれることで解消されますよね? -- (名無しさん) 2006-03-17 08:00:28
  • セックス&夢を見る→無意識領域の開放→ハイヴコアの機能と自分が武を因果要因たらしめたと気づく→自閉モード
    つまり夢によって純夏がハイヴコアの機能と自分が武を因果要因たらしめたと気づいた
    ってことは大きな双子によってそのことに気づかされた可能性が高い。自分的には大きな双子=多数の並列世界に存在しうる武
    と考えます。それらが集められてBETAの存在する世界に、死んだはずの武が召喚され純夏の前に現れた。
    目が覚めると=武のベットではなく00ユニットとして完成されたとき。 -- (名有りさん) 2006-03-18 21:52:27
  • 「大きな双子=AL世界とEX世界」
    だと思う。双子っていう風に人の比喩になっているのは確率時空の世界が
    人の意思に大きく影響を受けるから。双子は、違いがあまりないという風に
    解釈できるので二つの世界がほぼ同じということも表している。
    また、「大きな双子が順番に小さくなって・・・」は、二つの世界が繋がって
    いく瞬間と考えられる。量子論の存在確率を考えれば、二つの世界が別々に
    存在する確率よりも繋がる(重なる)確率の方が小さいので、世界が小さく
    なっていくイメージになるのではないか。
    そして、繋がった世界から因果導体として呼び寄せた。
    こんな風に考えてましたが1つの考え方としてどうでしょうか。 -- (名もなき人) 2006-03-28 21:43:58
  • 「大きな双子=AL世界とEX世界」
    ただ単に似ているからってことでもいいような気がします。
    そして小さくなってというのは、その二つの世界の「可能性」と
    いうか「存在」といったようなものを使って、因果導体を
    呼び寄せたからではないでしょうか。
    だからその後にタケルが目の前にいた、に繋がるかと。 -- (名無しさん) 2006-03-29 20:20:56
  • 大きな双子って聞くと双子座の伝説を連想する。
    双子座の伝説って戦死した兄と不死身の弟の話だけど、兄→AL世界で死んだ武、弟→ループする武って感じ。
    小さくなるのは、並列世界の武がループする武に収束する過程のことかな。 -- (名無しさん) 2006-03-29 23:31:02
  • 大きな双子⇒あ号標的反応路のエネルギー(?)とG弾2発の爆発で発生したエネルギー(?)
    小さくなる⇒主人公が顕現化するときに消費される上記2つのエネルギー消費
    結果として10月22日に主人公が現出っていう肯定を夢で見ただけじゃない? -- (名無しさん) 2006-03-30 01:19:51
  • 俺は純夏のコトを示しているような気がする。
    >>武をAL世界に呼んでしまった純夏と、
    >>自分と結ばれるまで武をAL世界で延々とループさせ続ける純夏の2つだと思ってました。
    コレかな。
    自分たちの力の消滅を予期し、それがタケルの存在によって齎された、と気づいたんじゃないかと。
    自分の死もBETAの情報転送云々理解より前に薄々感じてたんじゃないかな・・・。 -- (名無しさん) 2006-04-01 05:49:28
  • そう言えば、この時に武のループが消滅したんだよなァ。
    とすると、これはループ消滅に起因しているはず…
    …思いつかないんで、誰かループ消滅と双子の夢を関連付けてくれ。 -- (pink) 2006-04-05 01:44:25
  •  白銀武の因果律的な因子の集合体(以下UL白銀)は、明星作戦のときに使用された2発のG弾と反応路のG元素の共鳴反応により引き起こされた重力異常により生まれた時空の裂け目みたいなものを通って、反応路に接続していた鑑純夏の「タケルちゃんに会いたい」という純粋な願望をトリガーにしてUL世界に現れたと考える。作中で社霞が夕呼先生の推論として似たようなことを言ってた気がする。
    UL白銀は、おそらく反応路で生成されていたG元素がG弾と反応し消費された物質で構成されると考えられる。たとえば時間軸を「ループ以前の身体的特徴を残したまま」さかのぼっているのでG6元素とかで逆スピン(?)を起こしているとか。
    しかし、UL白銀の意思とは無関係にループしているのでUL白銀は被観察者と思われる。
    観察者は何?と考えると、UL白銀をUL世界に呼び時間をループさせている存在になる。
    UL白銀は鑑純夏の純粋な意識によってUL世界に呼び出されており、ループは鑑純夏の無意識領域に存在する負の感情により逆スピンして過去に戻っている。(作中にあった正の感情は未来に向かい、負の感情は過去に向かう云々)
    鑑純夏がUL白銀と結ばれることで彼女の負の感情が開放され、同時に無意識領域にあった記憶を認識できるようになる。(この時点では記憶の関連付けがあいまい)
    無意識領域にあった記憶が認識できなかったのは負の感情があったからと思われる。(失恋したら何もできなくなる云々)
    無意識領域の負の感情が開放された時点で、ループの原因が消滅。
    同様にこの時点で無意識領域にあった関連付けされていない記憶も関連つけられるようになる。
    そして、「何故、死んだ白銀武が因果導体となってここにいるのだろう?」と考え出したとき、記憶の関連付けが開始される。おそらく関連付けが終わる前に寝てしまったから「夢」として認識されたのではないかと思う。
    以上のことから考察すると
    「大きな双子がだんだん小さくなってタケルちゃんが目の前にいた」のはUL世界に白銀武が構成されたときの記憶。
    ループの消滅は、無意識領域から負の感情が開放されたから。
    と考えられ、無意識領域の開放が”原因”で「夢」と「ループの消滅」は”結果”だと推測できる。
    故に「夢」と「ループ消滅」は両方とも結果であり無意識領域の開放という点において関連つけられるのではないだろうか??
    -- (↓書いてて疲れた・・・) 2006-04-05 22:30:01
  • ちなみに「UL白銀」と「UL世界」と表現したのは
    ・Unlimitedの意味解釈のひとつに「不確定の・・・」というのがあったもので。
    ・Alternativeの意味解釈に「2つ以上のうちの1つ」というのがあり、AL白銀やAL世界と表現してしまうと鑑純夏によって選択されたという意味合いになりそうだから。
    -- (↑書いてて疲れた・・・) 2006-04-05 22:45:47
  • >>おそらく反応路で生成されていたG元素
    フェイズ2だから精製してないし、どっちにしろG元素精製は反応炉じゃなくてアトリエの仕事だ。 -- (名無しさん) 2006-04-06 15:40:30
  • 横浜基地襲撃の際、BETAがエネルギー補給してたから生成されているものと思ってた。
    それに「フェイズ」とか「アトリエ」等は人間側の概念を当てはめた推測でしかなく、現に地下構造とモニュメントの規模に矛盾があることは説明済みじゃなかったっけ?
    しかも、反応路とG弾が反応して400kg残ったのか、もともと400kgしかなかったのか実際にはわからないし。
    横浜基地の反応路でG元素が生成されていなければODLの浄化処置は無理な話しだし・・・ -- (↑書いてて疲れた・・・) 2006-04-06 18:10:55
  • >反応路とG弾が反応して400kg残ったのか、もともと400kgしかなかったのか実際にはわからないし。
    ただ。夕呼先生の説では大量のG元素の消失があったらしいですね。
    夕子先生がそこまでいうなら何がしかの消失の痕跡があったと考えるほうが自然ですね。
    -- (うぐぅ~来訪者) 2006-04-07 01:01:25
  • ハイブを作るのにG元素を使っているという説明じゃなかったっけ?
    上位存在がG元素と一緒に落ちてきて、それを使いながらハイブを構築する。
    そしてフェイズ6以上の大きさになるとG元素を生成できる装置なりなんなりを
    作れるまでになっている。そこまではただ消費するだけ。
    横浜基地は人類に渡して情報収集するためだかで、例外として規模が矛盾ということ
    な説明だったはず。
    純夏のリーディングで全ハイブのデータが手に入ったあとにも、
    その辺りの説明変更がなかったことを考えると、仮設はほぼ間違いないとかと。
    20号目標の制圧シミュレーションでもアトリエなんて説明なかったし。
    作戦目標にないだけで、あとで確保する予定だったのかもしれないですが。
    400kgは武がAL世界に来る時に大量に失われたG元素の残りってことで
    いいかと思います。

    あとODL浄化装置とG元素は関係ないかも。
    反応炉と直結して新鮮な青い光の水?みたいなのを使っていたと言ってましたし。
    反応炉はG元素を使って作ったのかもしれないが、
    以降は普通にハイブの機能として動いていただけかな、と。 -- (名無しさん) 2006-04-07 04:10:15
  • その青い光の水がG元素由来の液体と思ったんですが・・・
    量子電導脳ってG元素使って鹵獲技術で作成されたんだよね?
    ハイブの機能自体が「資源の回収」であって、その資源が地球上の構成物であり、それらを反応路で燃焼(反応)させてG元素云々を作り、フェイズ6だっけ?そこまで大きくなったら目的どおり打ち上げると・・・
    -- (↑書いてて疲れた・・・) 2006-04-07 07:27:56
  • >反応炉と直結して新鮮な青い光の水?みたいなのを使っていたと言ってましたし。
    そこまで明確にはしていなかったように思う。
    ただ、浄化作業自体は反応炉がやっているという話で…
    「脳の入っていたシリンダーとか装置類って、反応炉の床面と同じ青白い光を
    発していましたね。つまり、ODLの浄化自体は反応炉がやっているんです。」
    って解説だったと思います。
    つまり、装置とかの素材なんかがBETA由来くらいにしか明言はしてないのでG元素
    由来かどうかまでは作中では読み取れないですね。
    ただ、G元素技術についてはBETAの技術や設備を流用しないと量子電動脳を維持することすら
    出来ないのが現状という説明に留まったと記憶してます。


    ただ、あ号標的だけが破壊目標だったことを考えるとG元素を生成するのか
    濃縮するのかって作業の主要部分はアトリエの役目で、反応炉はあくまで
    リアクターとしての機能のみと思われます。

    また、横浜ハイブの反応炉がG元素を生成できていたのかは不明ですし、
    消費していたかも不明ですね。

    -- (うぐぅ~来訪者) 2006-04-07 12:38:16
  • うーん、やはり反応炉はリアクターとしての機能かな・・・
    通信機としても動いてるので、もしかしたらと思ってました。
    -- (↑書いてて疲れた・・・) 2006-04-07 15:59:06
  • ついでにもうひとつ考察してみる。
    双子を”AB”と表現してみる。
    Aを10月22日を起点として、Extra編で拡散していた白銀の因果情報。
    Bを10月22日を起点として、Unlimited編で拡散していた白銀の因果情報。
    ここで、AがUL世界に転移してBとして拡散しているのだから、AとBは同時に存在していることになる。
    この状況は重ね合わせの状態であると思う。

    次に、鑑純夏の夢なので観測者は彼女としてみる。
    結ばれることによって彼女に観測され、AとBの拡散が収縮し始める。
    収縮した結果、A由来の白銀とB由来の白銀が観測される。しかし、この2つには対象性があるので縮退が起こる。この過程が双子が小さくなって云々の部分かと思う。

    夢で、自分が死んだら白銀武が消えることまでわかっていたのなら、鑑純夏の観測がなくなれば縮退が解け拡散していくことになる。この部分が怖い夢になっていたのかな・・・?

    量子力学云々はさっぱりなんで間違ってると思うけど、ちょっと書いてみたかった。
    -- (↑書いてて疲れた・・・) 2006-04-07 16:54:21
  • 以前、G元素が反応炉で作られていると書いた根拠みたいなものを書いときます。
    1.G元素が人類未発見であったことから周期表の第7周期以降の元素であると推測できる。
    2.第7周期以降の元素はすべて人工元素である。
    3.地球上では元素番号95番以降はすべて放射性で半減期はかなり短い。よって現在に至るまでにすでに消滅してしまっている。
    4.現在地球上で発見される超ウラン元素は、基本的に原子炉や粒子加速器で人工的に作られたものである。
    以上の点から私なりに解釈して、地球上の元素を「反応炉」で臨界させ「反応炉」で加速した電子なり素粒子なりをぶつけて電子軌道や電荷数を変え、G元素を作る。

    アトリエはG元素を元にグレイナインやらグレイシックスなりを生成する工房なのかもしれない。
    注意しなければいけないのは「あ号標的」が反応炉なのかどうかが不明確であること。 -- (書いてて疲れた・・・) 2006-04-11 23:08:48
  • もしアトリエでG元素が生成され反応炉は単なるリアクターだとするなら、
    1、わずか数tのG元素でフェイズ6規模の地上および地下構造物が出来るのか?
    2、高性能な「反応炉」を使わずに既存元素をG元素へ変換するという無駄な工程を踏んでいるのか?
    3、アトリエのイニシャル・エネルギーやコスト・エネルギーは何なのか?
    3、フェイズ5以下のハイブで数千万規模のベータ群へのエネルギー供給はどのように行っているのか?
    などなどご都合主義では割り切れないことがあるんじゃない?
    -- (書いてて疲れた・・・) 2006-04-11 23:31:02
  • >1、わずか数tのG元素でフェイズ6規模の地上および地下構造物が出来るのか?
    ハイブの外壁がG元素って設定はどこかに出展がありましたっけ?
    作中では物質的な強度ではなく「構造的な強度」によってハイブの外壁は
    強度を保っているという記述は見つかったんですが…
    その強度の秘密は複雑なパターンを組み合わせた構造…
    ありていに言えば城の石垣のように壁面全体で強度を保っているという
    イメージだったように思います。
    「わずか数tのG元素」どころかハイブの建設には1mgのG元素も必要と
    しないと思うんですが…(^^;
    てーか、横浜ハイブの外壁部はそのまま残してあるはずなので、それで400KgしかG元素がなかったという
    表現はしないのでは?
    ・・・ってわけで外壁部G元素説は無理があると思います。
    たしか、横浜ハイブの地下茎側面部に直接BETAが侵攻してこない理由が
    ハイブの外壁はBETAのハイブをそのまま残してあること、BETAは
    ハイブの外壁を壊さない。って説明だったと思うし・・・

    2.3.4.
    G元素版プルサーマル・サイクルが成立していると考えれば、
    エネルギー取り出し(燃焼)専門の反応炉とG元素生成・精製専門
    のアトリエに分かれていてもむしろ効率が悪いどころか、必然と呼べるシステムかも…

    まぁG元素プルサーマルシステムが成立していたとしたら、反応路自身も
    燃えカスとして何がしかのG元素かG元素を含んだ中間物質を生み出している
    可能性も出てきますけどね…。

    -- (うぐぅ~来訪者) 2006-04-12 00:50:20
  • ハイブ建設にモース硬度15以上の材質を多量に使い数ヶ月のうちにとんでもない量を消費しているから。
    ダイヤモンドなのかもしれないけど・・ -- (書いてて疲れた・・・) 2006-04-12 08:00:44
  • プルサーマルって燃えカスからまだ使えるプルトニウムとウランを分離処理して、再度原子炉でってやつじゃなかったっけ?
    サーマルリアクターは原子炉のことらしいし。
    まぁそれはおいといて、私が勘違いしていた点は「反応炉」という言葉の解釈が若干違っていたことですよ。
    人工元素を作る工程は広義では反応と呼べますからね。
    さらに臨界させたりするんだったら炉は必要だと思いますし。
    とある元素を安定した状態で精製するのはアトリエでしょうし、その前段階で「反応炉」が使われていたのかなぁ・・と。
    とどのつまり、とある元素に素粒子をぶつけてG元素を生成するのが反応炉で、G元素を安定化させる(水素元素で言うなら水素ガスの精製)のがアトリエの仕事だと思っていたしだいです(汗

    -- (書いてて疲れた・・・) 2006-04-12 19:46:23
  • で、まぁこれは単なる妄想なのですが、
    あ号標的が反応炉ではないという前提で
    1.地下・地上構造がある程度の規模に達したらベータ群がその地域で飽和状態になる。
    2.周囲の地域に進行開始。新たなハイブを建造し始める。
    3.初期に建造されていたハイブ周辺には人類による災害なくなる。
    4.邪魔の入らないところで安全にG元素なりを精製して打ち上げる。
    5.邪魔の入るところ(横浜とか佐渡島など)では精製より災害対策を優先した体制がとられる。
    以上の点で妄想してみたら、フェイズ6未満では反応炉、フェイズ6以上ではアトリエとしての機能が付与される??
    と、またわけのわからないことを思いついた。

    とりあえず双子関連でも思いついたというか、まぁどうでもいいことなんだろうけど、世の中には「双子の光子理論」ってのがありますよ。
    作中で「百匹目の猿現象」や「2重スリット理論」や「シュレディンガーの猫」などなどがかなりあいまいに説明されていたんで、例に漏れず双子の夢も「双子の光子」のことをあいまいに説明したかったのかもしれない・・・。 -- (書いてて疲れた・・・) 2006-04-12 20:29:47
  • G元素がどうとかは置いておくとして
    双子ってG弾の爆発なんだとたった今そのシーンをやってて気付いた
    一回EDまでやって
    純夏の思いと2発のG弾の影響で武が因果導体になったというのを知ってないと気付かなかったな -- (永) 2006-08-09 04:04:00
  • 記憶が間違い出なければ、双子は要撃級(グラップラー級)で「主人公」のはず
    「主人公」は、BETAが作った00ユニットにあたるもの
    そういうシナリオがあったかと
    フラグは、ややこしすぎて判らないけど、遺書を読まない方法があったと。 -- (栄) 2007-05-06 04:41:47
  • ↑それは本編で没になったシナリオと言うことでしょうか?
    あと遺書を読まない方法ってFEXへ帰還の際、霞が告白するルートの事
    でしょうか? -- (影の人) 2007-05-06 11:36:24
  • 双子の夢に関しては、虚数空間に漂っている純夏の記憶とオルタ世界で00
    ユニットになった純夏の事で一方が小さくなっていくのは虚数空間の純夏
    の記憶が00ユニット純夏に集約されていく状態だと考えました。 -- (影の人) 2007-05-06 11:40:35
  • なるほど~。納得。「違和感」もあるし、それだろうと・・・。
    因果導体のタケルも純夏の近くにいて、(それまではいなかったし、不安定だった)
    00ユニットでもある純夏がエッチによって安定したということですね。
    先生によると、それによってタケルも因果導体で無くなった(戻れない)らしいですが。
    まぁ、タケルと純夏のおかげですかねぇ・・・。(と仲間) -- (↑) 2007-07-05 21:41:21
  • 前述した虚数空間に漂っている純夏の記憶と言うのは、逃亡したEX世界の
    純夏の記憶と言うことです。

    また別の考えなのですが。
    武がオルタ世界の純夏と結ばれた時点で世界をループさせる力は無くなったと
    霞は説明していました。
    あくまで仮説ですがその時点で因果律導体としての武は消滅しており、武が影響
    を与えた世界はその時点で修正されていたのではないでしょうか。
    つまり、消えていった双子の片方と言うのは、その逃亡したEX世界とは考えられ
    ないでしょうか。で、大きくなっていった双子の片方は純夏が再構築するFEX世界
    だったというのはどうでしょう。

    純夏の死ぬ時まで一緒にいたいという願望と武自身、その段階で知らなか
    ったとはいえオルタ世界でやるべき事があるというオルタ世界への執着心、
    さらに武を強く認識していた冥夜たち207B小隊の存在という大まかにその
    3つの要素が武をオルタ世界へ繋ぎ止めていたのではないでしょうか。
    で桜花作戦でそのうちオルタ世界に繋ぎとめる二つの要素が無くなり、最
    後の武のオルタ世界への執着心は最後の夕呼博士と霞の話で離散。という
    のではないでしょうか。

    純夏と結ばれた後のオルタ世界の武は、もしかしたら実体を持った思念体
    だったのかも。
    うまく説明できていませんがこんな感じです。どうでしょう。


    -- (影の人) 2007-07-29 01:20:38
  • 純夏の知性を維持するため、また、人間研究の一環で、
    「甲22号炉」に純夏の心が00ユニットのようにコピーされいて、
    そのデーターが旧横浜ハイブBETA群のシステムを、
    結果としてハッキングしていたと想像しています。
    (BETAの謎行動や、明星作戦の成功の謎はこれで解けるのでは?)
    つまり、「部屋の中で泣いている私」は、「甲22号炉」ではないのかと。
    とすれば、双子の片方は、純夏の「タケルと出会えない因果」(UL編)で、
    もうひとつは、純夏の「タケルと結ばれない因果」(EX編)では無いのかなと。
    作中「結ばれて因果導体では無くなった」時間は、「甲22号」が破壊された時間であり、
    「タケルと純夏が結ばれた」時ではないと。(時間的には1日もずれていないはず)
    結果としてタケルを因果導体にしていたのは、「甲22号炉」で、
    この世界にタケルを導いた原因のひとつに、「甲22号炉」も含まれているから、
    面白い解釈ではないかなと自画自賛中です
    他にも大胆な仮説があったり知りたいな~ -- (解凍まぐろ) 2007-09-20 09:34:48
  • 「純夏があの世界を作るきっかけになったG弾の象徴」
    だそうですよ?
    双子とは明星作戦のときに使われた二発のG弾のことだそうです
    君のぞらじお132回のマブラブラジオ(3)にて、吉宗綱紀本人が言ってました。
    できれば、どなたか確認してください -- (通りすがり) 2007-10-07 23:10:52
  • 私も確認しました。
    脳髄だけになった純夏が2発のG弾が炸裂した時に感じたイメージだそうです。
    -- (士魂) 2007-10-08 03:51:22
  • 答えが出たとなるとこの純夏の夢の考察は終了してしまうのでしょうか? -- (影の人) 2007-10-08 22:48:47
  • まとめ:
    純夏の前後の台詞と、シナリオ担当のラジオの発言から、
    "凄く大きな双子"とは二発のG弾の比喩表現と確定

    前後の台詞とは
    真っ暗な部屋で泣いている→脳髄だけで生かされている
    タケルちゃんに会いたい~順番に小さくなって→純夏の想いと、2発のG弾の影響が
    そしたらタケルちゃんが→タケルを因果導体化させた -- (名無しさん) 2007-10-13 08:20:36