ナイト・ポストオフィス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


いつの間にか、月曜日の夕方になっていた。

それまでいろんなことがあった。
ブリッジで傷んだ髪を金色に染めた女性にカエルのような顔だと馬鹿にされたり、
掲示板でファッションの話に横槍いれても誰も反応してくれなかったり、
鏡の前で一時間ほど自分の顔を見て、どの角度からの顔が一番格好いいのかを調べたり。

要するに、何もやることがなくて暇だった、ということだ。
勉強は、一切していない。
だって、受験するのは再来年だろ?まだ時間はある、楽勝だぜ。

12月も中旬に差し掛かり、最近はもっぱら日が落ちるのが早くなった気がする。
6畳一間の部屋は、17時になるともう明かりをつけなければ何も見えないほどの暗さになり、
先程まで差し込んでいた西からの夕焼けの光は、まるでそれが幻であったかのように、
地の底の沈んでいったらしい。

僕はカーテンを閉めようと椅子から立ち上がり、窓のほうに手を伸ばす。
そこに、聞きなれない電話の着信音と振動が僕の鼓膜を突然たたき出した。
目をやると、知らない電話番号が記されている。
両親以外からの着信なんて何か月ぶりだろう。

おそらく今日からはじまる郵便局のバイトの人からだろう、と思い
一度咳払いをしてから電話に出る。

「もしもし?」

女の声だ。落ち着きのない、若く、そして耳に響きやすい心地の良い声だった。

「も、もしもし」

女性と話すのが久しぶりだからか、やけに鼓動が早く感じられた。

内容は、なんてことのない間違い電話だった。
だけど、今の僕にはそれが、淡い恋のはじまりに感じられた。



751ちかぽよ:2014/12/08(月) 17:44:20 ID:cZ/A0XVA0
?知らない女に間違い電話を装った電話を掛けて来られた
想定していた人と別人だったらもっと戸惑うはずだが…?電話番号で検索したら広島だったが俺を狙ってる奴が関西にいるのか?



掲示板で女性と話したことを自慢する。
それから2時間ほど、僕はひらすら妄想をしていた。

これから郵便局で同じ声の持ち主の女の人にあったらどうしよう。
とりあえず、郵便局で若い女のバイトの人がいたら声をかけよう。
「あの、もしかしてさっき電話してきませんでした?」って。

妄想の中の彼女は、「えへ、ばれました?実はあなたのファンなんです。青年実業家の、あ、な、た、の」
と喘ぐような声で耳元で囁きかけてくる。
僕は、彼女の腰に手をまわし、勢いでアツいディープキスを。

それから二人だけの恋物語がはじまる。
夜の郵便局は、これからだ。



752タチネコくん:2014/12/08(月) 19:44:08 ID:8SubEy8s0
ギクッ

753ネコタチくん:2014/12/08(月) 19:46:56 ID:c6KS6br.0
まーたお前か
俺の壷に手出してんじゃねえよころすぞ


 

第6章 終

 

<<第5章 真冬の夜の悪夢
>>第7章 ナイト・ポストオフィス2

目次に戻る

 

.

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。