ミート・ザ・オフィサーズ2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


面接の時間が刻一刻と迫ってきている。
僕は、逃げだしたい衝動に駆られていた。


496ちかぽよ:2014/12/03(水) 13:56:11 ID:cZ/A0XVA0
家から出たくねぇ


誰かに相談するでもないつぶやきを掲示板に吐露する。

久しぶりに袖に腕を通すジャケットは、心なしか以前よりも少し重くなった気がした。
机の上に目をやると、昨日やっとの思いで仕上げた履歴書が置いてある。
今は、そのたった紙切れ1枚を封筒に入れることすら億劫だ。

準備できた?と普段よりも上機嫌で尋ねてくる母。
僕は首を横に振り、すっとネクタイを手渡し、締めてもらう。
ぎゅっときつく結ばれたそれは、まるで奴隷になれ、と僕に強要してくる怪物のように思えた。

出かける前に、化粧台の鏡で自分の姿を確認する。
スーツの自分も、渋くて、かっこいい。

髪の毛を七三に分けながら、僕はあることに気が付いた。
すかさず、掲示板の同志たちに相談してみる。


497ちかぽよ:2014/12/03(水) 14:40:23 ID:cZ/A0XVA0
封筒入れる鞄がねぇ
ジャケットのポケットに入れてっていいの?

返信は、なかった。

午後2時55分。ぴったり面接の5分前に郵便局前についた僕は、自分の社会人ぶりに少しうっとりする。
深夜に見たまとめブログにも、5分前行動が社会人のマナーだと書いてあった。
これで、採用間違いなしだろう。

高鳴る鼓動を抑えて自動ドアのボタンを押すと、
窓口に座っていた目尻の皺の深い女性がこちらをちらっと見て、会釈した。
バイトの面接に来た者なのですが、と伝えなければ。

心から絞り出した勇気が、胃袋のあたりにぽた、ぽた、と垂れ落ち始める。
それと同時に、急にお腹がきりきりと痛みだし、足は錆びついた鉄のように固くなった。
入口で茫然と立ち尽くす僕を、女性は怪訝そうな目で見つめる。
いや、怪しんでるのではない、きっとジャケット姿の僕に一目ぼれしてるのだ。
僕は、罪な男だ。

後ろで自動ドアの開く音がした。別の客が僕の横を通り過ぎていく。
さっと踵を返し、僕は近くのコンビニへと向かった。
前に貼られた注意書きを無視し、店員に声をかけることもなく化粧室に入る。

 

 

どうしよう。
逃げ出したい。

深いため息を肺の底から吐き出すと、腕時計を確認する。
午後3時きっかりだ。
このまま1時間ほどここで時間をつぶして、家に帰ろう。
母には、面接は受けたけど、不合格だったと説明すればいい。

何をするでもなく、おもむろに携帯を取り出し画面を見ると、一通のメールが来ていた。

母からだった。

もしかして心配で後ろをつけてきたのだろうか。
郵便局で立ち尽くす僕を見ていたのだろうか。
何もせずに、哀れにコンビニに逃げた僕に失望したのだろうか。

また、母を失望させてしまった―――。

一気に様々な考えが脳内を錯綜し、額から冷たい汗がぶわっと噴き出る。
深呼吸をして覚悟をきめ、僕は、そのメールを、確認した。



なんてことはなかった。そこには、面接がんばりなさい、の一言しか書かれてなかった。
だけど、その一言が、今の僕には一隻の助け舟だった。

そうだ。
あれほど、もう逃げないと決めたのに、社会に出ることを楽しみにしてたのに、
結局僕は、また同じ過ちを繰り返すところだった。
もう、大学受験で舐めた辛酸は二度と味わわないつもりだったのに。

すくっと立ち、鏡で容姿の乱れがないかを確認すると、
僕は風を切りながら一直線に郵便局を目指した。

肌寒い冬の日差しが、今の僕にはちょうどよかった。

 

第3章 終

 

 

<<第2章 ミート・ザ・オフィサーズ

>>第4章 ミート・ザ・オフィサーズ3

目次に戻る

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。