こる殺害事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


事件の概要


こる殺害事件とは、2010年12月30日にこるが殺害された事件。
こるの死体が発見された当初はデブのタヌキ
階段から突き落とされて死んだとする説が有力視されたため、
タヌキが身柄を拘束された。
しかしその後も大君による麻薬の取引失敗説、
エージェントによる暗殺説などがとびかうなど、
以前として「」板は混乱につつまれたままであった。

しかし名探偵Gomiの名推理によって、
無事事件は解決された。



タヌキの身柄拘束に至るまで


「こるがデブに突き飛ばされて死んだ」

この訃報が「」板を驚愕させた。
「」板警察総本部長、アズールムーン
ただちにこるを殺害した犯人であるデブの身柄を拘束するよう
部下の宇宙警察Starneonに命令したとされる。

しかし当時ある女に夢中になっていたStarneonは
近くを歩いていたデブのタヌキを
容疑者扱いしてそのまま留置所にぶちこみ、
自らは夜のネオン街の中に消えていったという。



タヌキの釈放から麻薬取引失敗説への発展


取調べと指紋認証の結果、タヌキが犯人でないことが発覚。

さらに、こるが死ぬ直前に大君とコンタクトをとっていたことから、
麻薬の取引に失敗して激怒した大君が殺害したのではないか、
という説が新たに生まれた。

これを聞きつけたアズールムーンは
ただちにこるを殺害した犯人である大君の身柄を拘束するよう
部下の宇宙警察ジョンバンニに命令したとされる。

しかしジョンバンニが捜査の途中、
幼女(8歳)に恋をして行方不明になったため、
代役として宇宙刑事テルミドールが出勤。

大君は無罪だったが、テルミドールの厳しい取調べの結果死亡した。



エージェント暗殺説


階段から気配を消してこるを突き落としたのは、
気配を消すことのできるエージェントしかありえない、
といった説も浮上。


これを聞きつけたアズールムーンは
ただちにこるを殺害した犯人であるエージェントの身柄を拘束するよう
部下の宇宙警察妖光に命令したとされる。

しかし妖光はエージェント捜索の際に
AKB48のゴリラに遭遇。
「やびゃあ」「やびゃあ」とはしゃいでいたところを
何者かに銃で撃たれ、妖光は死亡した。
その後もさまざまな警察官がくりだされるが、
そのたびに暗殺されたため、捜査は打ち切りとなった。



名探偵Gomiの登場


暗礁に乗りかかった事件を解決したのがGomiだった。

犯人はGomi


という名言を残し、
名探偵Gomiはさまざまな証拠を集め、
見事に自分が犯人であることを立証。

ただちに逮捕され、事件は幕を下ろした。



.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。