※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 三条幸恵(さんじょう さちえ)は、『のーふぇいと!』及び長編小説「紡がれし心」の登場人物である。
 性別は女。
 CV:喜多村英梨



概要

 貴也のクラスメイトの1人。百子に匹敵する程の終始ハイテンションなキャラクターである。人当たりが良くて周囲への気配りが利く人物で、誰とでもすぐに仲良くなる事が出来る。
 サブキャラクターではあるがメインヒロイン並に出番が多く、ルートに関係なく最後まで物語に絡むのだが、残念ながら彼女を攻略する事は出来ない。勉強はあまり得意ではなく、学校の成績は中の下程度。
 親しい者を独特のあだ名で呼ぶ癖があり、例を挙げると貴也の事を「たかやん」、メイベルの事を「メイっち」、希咲の事を「ホッシー」、睦月の事を「ムッツリーニ」など。

★家族構成
 不明

★学歴、職歴
 悠峰学園(卒業)

★主な使用武器
 無し

★主な戦闘スタイル
 無し

ゲーム本編での活躍

 悠峰学園に転校してきたメイベルに真っ先に話しかけ、瞬く間に仲良くなる。しかしメイベルのサイコキネシスを真っ先に目撃してしまい、証拠隠滅の為の洗脳光線を浴びたクラスメイト第1号になってしまった。

 貴也たちが学園祭の準備に追われて忙しい中、家庭の事情で貴也たちを手伝えない事を気にしており、その埋め合わせとして度々貴也たちに差し入れを渡している。

長編小説『紡がれし心』本編での活躍

 最終話のエピローグに登場。悠峰学園に編入しクラスメイトとなった美羽に真っ先に話しかけ、瞬く間に美羽と仲良くなる。その際に美羽を「みゆみゆ」と呼び、以後それが美羽のあだ名として一部のクラスメイトに定着してしまった。

 元々「みゆみゆ」というあだ名は奈々が美羽に使っていた呼称なのだが、彼女が美羽を「みゆみゆ」と呼んだのは全くの偶然であり、美羽自身も別にその呼び方を悪くは思っていない。

長編小説『紡がれし心』後日談での活躍

 「学園祭」では睦月の計らいで男装した美羽に思わず本気でときめいてしまい、「ほっぺでいいからアタシにキスして」などと迫ってしまう。学園祭本番では店の司会進行役を務め、美羽に演舞をさせて客を盛り上げる事に成功するなど、学園祭のランキングでクラスが上位に食い込む事に大きく貢献している。