Q60

    
Q.ゴールって何だったの?



A.最初は「夢を見続けることで、もう一人のわたしの悲しみを理解すること」、最後は「その理解した悲しみを癒すこと」。

AIR編8/4朝

だからきっと、辿り着ける。
ふたりで目指したゴールに。
誰も辿り着けなかった…ゴールに。

8月4日朝の時点で往人が「ふたりで目指した」と過去形で言っているのだから、これ以前に既に目指す「ゴール」について「ふたり」の共通認識ができていたとわかる。

それは具体的に何だろうか。観鈴は言う。

AIR編8/4夕

【みすず】「わたしが終わらせるの、その悲しみを」
【みすず】「どうしたらいいのか、まだわからないけどね」
【みすず】「でもきっと、その夢を見続けたらわかるはず」
【みすず】「わたしがなにを背負って、今もこの空にいるのか」
【みすず】「それは誰もできなかったこと」
【みすず】「今までわたしだった人たちが、誰もできなかったこと」

「誰もできなかった」という観鈴の言葉が、8/4朝の往人のセリフ「誰も辿り着けなかった」と重なる。これこそが観鈴の目指したゴールだ。

もうひとりのわたしが、何を悲しんでいるのか。なぜ空で苦しんでいるのか。夢を観続けることで、それを理解すること。それが初期の観鈴のゴールだった。

DREAM観鈴シナリオ7/27

【観鈴】「わたし、がんばって夢を見る」
【観鈴】「もっと夢を見れば、わかるかもしれないから」
【観鈴】「その子がどうして苦しんでるのか」
【観鈴】「そうすれば、その子のこと、助けてあげられるかもしれない」

【往人】「…わかった」
俺はそう答えた。
【往人】「俺が手伝ってやるから」

観鈴の目指す目的を、往人が手伝う。だから、二人で目指したゴールになる。

そして8月14日の朝。観鈴は最後の夢を観ることで、本当のゴールを知ることになる。「最後は、どうか幸せな記憶を」という願い、つまり翼人の使命が、神奈を空にとどめ続けたのだと。だから観鈴は、晴子の胸を死ぬ場所として選んだ。「幸せに死ぬ」ことが本当のゴール、だと理解したから。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

コンテンツ


-



↓アンケートページもあります


選択肢 投票
呪は解けた派 (1654)
呪は解けてない派 (764)