Q56

    
Q.そらが夢の中で往人になっているけど、どういうこと?


A.そらとしての記憶が追い出され、往人の記憶がそらという器を埋め尽くしてしまった。裏葉が言っていた「器が壊れ」かけている状態と思われる。

そう…僕はあの日、願った。
そして、思いは通じた。
なのに…
みすず…
【みすず】「なに…往人さん?」
目覚めたくない。
目覚めたくないんだよ…

………。
どうして、こんなにも悲しいのだろう…
彼女のそばにいるというのに…
どうして俺は…
思いも言葉も通じない…こんな姿でいるのだろう。
願いは届いたのではなかったのか…。

そらが自分のことを「僕」ではなく「俺」と呼ぶようになっている。往人としての記憶が大きすぎて、そらの記憶を一時的に追い出してしまったのだろう。この時、観鈴の呼び方も「みすず」ではなく「観鈴」になる。

同じ転生でも、観鈴の中での神奈の覚醒は、これとは全く正反対の様相を呈する。

SUMMER編

【神奈】「なぜ…なぜにみな、余だけを…残して…」

DREAM観鈴シナリオ7/29

【観鈴】「どうして…みんな…わたしだけ…残して…」

癇癪は神奈の悪夢を思い出しかけることだが、観鈴は自分のことを「余」ではなく「わたし」と呼ぶ。神奈としての記憶だけならば、観鈴の記憶を追い出すほどには大きくない。観鈴は観鈴のままだ。

【往人】「おまえは…誰なんだ」
【観鈴】「わたし? わたし、神尾観鈴」
【往人】「違う…その夢の中でだ」
【観鈴】「それはやっぱり…わたしだと思う」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

コンテンツ


-



↓アンケートページもあります


選択肢 投票
呪は解けた派 (1662)
呪は解けてない派 (764)