Q.白穂の記憶が、なぜ佳乃の部屋にいながらにして見れる?



A.【推測】佳乃をチャネル(水路)として、神社に祀られている羽根の記憶にアクセスしている。

往人は観鈴と結ばれた次の日にも、佳乃と結ばれた次の日と同じように、本来なら観ることのできないはずの「神奈の悪夢」を垣間見てしまう。

そのような「記憶の共有」が果たして、往人の法術の素養によるものなのか、羽根が壊れているせいなのか、翼人にまとわりつく呪いのせいなのか。はっきりしたことは説明されていないが、国崎往人が「空にいる少女」と関係する少女と心を通わせると、記憶を共有してしまうことがあるようだ。

その証拠として、空の少女と直接何の関係も無い美凪と結ばれても、往人は変な夢を見たりはしなかった(美凪はむしろ裏葉の転生ではないかと思われる節がある)。もしも、みちると体を交わらせ心を通わせれば、みちるの『前世』等が見えたのかもしれない。…犯罪だが。

SEEN503.TXT(佳乃と結ばれた直後、往人の夢)

風。
風が吹き渡る。
黄金色の空。

SEEN505.TXT(神社で羽根の記憶にアクセスした時、往人の見た光景)

風。
風が吹いてくる。
金色の海。
羽根は伝える。

二つの場面の描写の共通性から、往人が佳乃の傍で見た夢は「羽根の記憶」を垣間見たものだと理解される。

そして以下のくだりから、それは往人が八雲の視点になって見ていた夢だとわかる。

SEEN503.TXT(往人=八雲視点)

だから、手を伸ばした。
渡そうとした。
いちばん、大切なひとに。

SEEN505.TXT(佳乃=白穂視点)

八雲はさかんに手をのばし、何かをつかもうとするのです。
羽根でした。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

コンテンツ


-



↓アンケートページもあります


選択肢 投票
呪は解けた派 (1654)
呪は解けてない派 (764)