Q.呪いの発動条件は?

A.【推測】翼人が想いを深く寄せること。そして、翼人に心を寄せた人が、翼人の想いを受け止める。夢を語り合うのはその一つの表れとして表現される。



呪いが発動するためには、翼人が想いを寄せることが第一の条件だ。

SEEN703.TXT 

【裏葉】「柳也さまはお生命を奪われましょう」
 『柳也どの、死なないでほしい…』
【裏葉】「神奈さまの、想いの深さゆえに…」

そして、その相手も翼人に心を寄せ、翼人の想いを受け止めることで、呪いは完成する。

【裏葉】「それは翼人に心を寄せる者を弱らせ、やがては死に至らしめます」

【裏葉】「柳也さまは、神奈さまの想いを常に受けとめておられます」
【裏葉】「わたくし自身は方術で受け流しもできますが、柳也さまは…」

柳也は想いを受け止めることで呪われてゆき、神奈の悪夢での柳也と同じ状態になってしまった。

空気ネタバレ専用スレッド
189 名前: 名無しさん@そうだ選挙にいこう 投稿日: 2000/09/10(日) 00:24

こころが近づくと、神奈の閉じ込められている「柳也が死んだ夏の日」
とリンクされて、相手が神奈の心の中の柳也と同じ状態になってしまうんだよな。

それを回避するには、心を近づけないことだ。

SEEN702.TXT 

【母】「神奈、あなたもです」
【母】「わらわに触れてはなりません」

八百比丘尼は異様なまでに神奈を触れさせることを拒絶した。けがれているからと八百比丘尼は言ったが、その真意はおそらく、神奈が自分に心を寄せてしまうことがないようにするため。

往人が観鈴を、観鈴が晴子を、わざと拒絶したのと同じように。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

コンテンツ


-



↓アンケートページもあります


選択肢 投票
呪は解けた派 (1657)
呪は解けてない派 (764)