Q91

    
Q.観鈴の姓は「神尾」か「橘」か?


A.神尾。

【女】「結婚もしてないふたりが、いろんないがみ合いの中で生んでしもた子なんや」

以上の晴子のセリフから、観鈴は私生児だとわかる。私生児とは婚前に生まれてしまった子を指す。法的には婚外子と呼ぶ。

私生児の場合は母方(神尾郁子)の姓を名乗ることになるので、観鈴の本名は「神尾観鈴」。「橘観鈴」という人物は存在しない。

橘敬介は父親として「認知」することで、法的に観鈴の父親となる。

それにしても、

【晴子】「実はな、あんたの出生届、十年も出すの忘れられてたんや」

「忘れてた」ではなく「忘れられてた」。晴子の冗談だが、二人が実の親子でないことがさりげなく示されている。

しせい-し【私生子】
法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子をいった語。民法旧規定では父の認知を得ていない者をいい、認知された子は庶子として家籍に入れられた。現在の民法では「嫡出でない子」という。私生児。

ちゃくしゅつ-し【嫡出子】
法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子。 (三省堂「大辞林 第二版」)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

コンテンツ


-



↓アンケートページもあります


選択肢 投票
呪は解けた派 (1654)
呪は解けてない派 (764)