アイドレス工場

データ

L:アイドレス工場 = {
 t:名称 = アイドレス工場(施設)
 t:要点 = 工場,乗っているライン,工場で働く国民
 t:周辺環境 = 工業地帯,工業に向いた地形
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *アイドレス工場の施設カテゴリ = 藩国施設として扱う。
  *毎ターンI=D,ウォードレス、戦車、独自兵器、航空機、RBを任意の組み合わせで25人機分生産される。この時、資源が-5万tされる。
  *生産しないかわりにそのターンでの整備フェイズで、評価+8の整備判定の修正を得ることが出来る。
 }
 t:→次のアイドレス = I=Dの改良(イベント),大型I=Dの開発(イベント),整備工場(施設),造船所(施設)


イラスト&設定文章



(イラスト:折口素数(te2)&山吹弓美(Shunki))




(イラスト:折口素数(te2))

(文:朝倉景光(ふくすい) 編集:佐倉透(透))
愛鳴之藩国の工場は、それほどに大きいわけではない。
というより他の大国に比べれば、その規模は小さいとも言えるだろう。
しかしながら、その生産力が他国劣ると評価される事はない。
はて。一体。
今回は、その生産力とそれを支える工場で働く国民について説明しよう。

第六層にある旧え~藩国時代の首都を西に数キロにある、工場地域。川を挟むようにある工業地帯は、豊富な水量と平坦な地形、海と首都に近い点から、藩国内では最も開発に適する地形だった。
そこに、愛鳴之藩国のアイドレス工場はある。
来るべき時のために建設されていたこの工場は、旧え~藩国がごたごたで移動して、新しくこっちに建設してからというもの一度も稼動していなかったのだが、この度の戦闘でI=Dの大量生産の必要性を痛感し、工場の重い扉を開くこととなった。
次がいつか解らないという急ぎの事情があったので、生産可能になる設備が調うとすぐに稼動するように事が運ばれた事は言うまでもない。
何と言うか、まぁ、ぽち姫にとことん弱い、良く言えばノリのいい、悪く言えば頭の悪い、そんなわんわん帝國ならではであった。

工場内部は、その小さめな規模の工場を存分に使えるよう、綿密に設計されている。
最小で最大を動かすのがコンセプトだ。

例えば、ラインによって運ばれている部品の数々。
ただの流れ作業と思うなかれ。あなどってはいけない。
我が藩の英知と技術の結晶、人の手など全く必要としない……はず。
ごめん早くも嘘ついた。ただの流れ作業です。

実際の話、当初の設計図の段階では本当に綿密に設計されており、多くの機械やロボットが入る予定だったのであるが、それが揃わない内に「時間はいくらあっても足りない!機械がない分は、流れ作業で俺達が組み立てる!」とか言い出した我が旧え~藩の国民、本当にそれを実行に移したのだからさぁ大変。
何が大変って、実行に移した彼らが一番大変なのは言うまでもない。
機械がやるところを手作業でやるのだ。労力がかからないわけがない。
その分技術が磨かれ、後に機械が入ってからはスピードが上がり、作業も正確になったのだが、そんなものは言わば苦労のおまけである。
何と言うか、彼らはバカであったということだろう。
確かに、藩国としても、支払う給料は変わらない上に予定を前倒ししてのスタート、良い事尽くめなのは事実。
特に断る理由もないので、現在も100%設備が揃っているわけではないが、調達でき次第投入、ということで、普通に運営している。ちなみに、手作業なので、何気に品質はかなり良い。
ぽち姫の人徳も、悪い方にも転ぶが良い方にも転ぶという、典型的な話である。

さて、これからはそんなバカのような国民へスポットをあてて話を進めていくとしよう。
さっきからくどいように言っているが、ここの旧え~藩国民、伊達に「昼行灯」などと掲げているわけではなく、立派にのほほんさらにバカ、これはどこのわんわん帝國の者でも言えそうだが、要するに頭がすこぶる弱い。
どれほど弱いかと言うと、ぽち姫が何とかかんとかと言って涙していた、という噂を聞いた次の日には行動を起こし、さらにI=Dの設計図が出来たという知らせが夜に伝わると次の朝には寝袋持って工場に集合し、さらにその日の内に明日からの作業の全工程を、設計図の隅々まで読みまくってパーツ一つの組み立て漏れがないように、何度も何度も寝ずにチェックして組み立て、2時間寝て、その後からはもう量産に入っていたくらいである。
かなり究極だった。半端ななく頭が悪い。
「お前らちょっと休め」と、めずらしく常識のある人(藩王)に忠告されたら猛抗議し、実はきちっと睡眠をとっているという一日の綿密なスケージュール表と、食事の材料とカロリー計算までしている食事に関する書類を提出する始末。予期していたのか、怖いほど準備万端だった。
その書類の最後には、、“ぽち姫のため、敵を倒すため、我々が倒れるわけにはいきませんから”という一文があり、藩王は嘆息。
最早自分の事など考えてない事が見え見えである。というか、注意された理由を何か勘違いしていた。
これに呆れ果てた藩王は、書類に全て投げやりにサインすることになる。
しかしこのお陰で、予定前倒しでの作業開始が実現出来たと言ってもいい。
何とまぁ、この国民達、やたらと頭が良いように見えるバカだろう。仕組んでいると考えた方がよっぽど救われるというものだった。

国民達、勿論、作業が始まってこの方、手を抜いたことなどない。
異様に熱心である。いつもの、のほほんという国民の空気はどこへやら、かなり真剣。
栄養と睡眠を、本当にギリギリで管理している彼らが運営する工場は、24時間フル稼働だ。
人数と時間と物量が許す限りの生産を行うこの工場、生産した後のアフターケアもばっちりである。
パイロットの元に直通で届け、有無を言わさずに説明と解説。
作った者が一番理解しているという点では理に適っているやりかただが、働きすぎもここに極まるというもの。若干パイロットに迷惑なのは言うまでもないだろう。

まぁ、とにもかくにも、国民の頭の悪さは置いといて、その生産力と国民の努力は驚くべきものである。
だがしかし、実際のところ、突き詰めていくと、何のことは無い。
つまるところ、ここの国民はバカで、頭が悪くて、ぽち姫を愛していた、ただそれだけである。
それだけで、人間はここまで出来るのだ。
それだけで、人数も規模もカバーするのだ。
それだけで、何もかもの制約を超えて、全てを圧倒するのだ。

人間とは本当に恐るべき生き物だ、としか言いようが無い。
それを痛感させるのが、この国の工場。
他国に負けない生産というのも頷けるというものである。

  
添付ファイル