遊園地


/*/
L:郊外ファームタイプの遊園地 = {
 t:名称 = 郊外ファームタイプの遊園地(施設)
 t:要点 = 家族連れ,遊具
 t:周辺環境 = 売店,モノレール
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *郊外ファームタイプの遊園地の施設カテゴリ = 藩国施設として扱う。
  *毎ターン生物資源が+15万tされる。
  *毎ターン資金が+5億される。
 }
 t:→次のアイドレス = 変身ヒーロー(職業4),ドキドキデート(イベント),地下秘密基地(施設),ジェットコースター(施設)

/*/

イラスト

※要点:・家族連れ・遊具
(作成者:たまき )

※周辺環境:・売店
(作成者:SVL )

※周辺環境:・モノレール
(作成者:たまき )


継承元



設定文

※要点:・遊具(※1)
※周辺環境:・売店(※2)
  • モノレール(※3)

「ナガスパ グランブルー」

○建設の経緯
第三層(旧愛鳴藩国時代)の南部地区には、すでに総合レジャー施設「ナガスパ シーサイド遊園地」が建設されており、週末ともなるとたくさんの親子連れ、カップルから観光客までが、スリルとサスペンス(?)を楽しみにやってくる。
しかしあるとき、ふと経営者が遊園地内を見ると足りないものに気がついた。「この遊園地では海水浴ができない!」と。
シーサイドと名前が付くように遊園地敷地の外には砂浜が広がっている。
夏の盛りには浜茶屋が軒を連ねるが海岸は、シーズンオフの今、寂寞として物悲しい砂の器であった。
経営者はそれを見やりつぶやいた。「海が・・・すき」。

かくして遊園地の隣に『ロマン』『ファンタジー』『海で思いっきり遊ぶ』ことを目的として建設されたテーマパーク「グランブルー」が建設されることとなった。


○「グランブルー」の主要アトラクションと施設(※1)
1)サイレン・コースト
古来、船乗り達をその麗しき歌声により岩礁に引き寄せ、難破させる魔性サイレン。
ふとしためぐりあわせで恋に落ちた勇者とサイレン一族の末姫とのロマンス。その勇者一行にサイレン一族が襲うことで起こる悲劇をオペレッタとスイムで詩情豊かにつづる。
特に女性と子供に人気のあるアトラクションである。
劇場はギリシャ神殿をモチーフとした建物で、舞台とプールが一体となったステージを見下ろす、ゆったりとした観客席で観劇することができる。
またサイレンの悲恋以外にも定期的に演目を代え上演されており、ファンは定期的に訪れ新作をチェックしている。

2)パイレーツ オブ レムーリアン
多くを語る必要はあるまい。男と男と男女の。血沸き肉踊る冒険と心怪しげなロマンスに溢れたエリアである。
入り江では海賊船がその宿敵と火砲を交え、接近すると互いの船の間に渡し板を掛け、船員が相手の船に切り込むアトラクションが繰り広げられる。
野性的かつ秀麗なアクターによる華麗なアクションと、男と男と男女により、どとーの勢いで展開する笑劇。
ややあぶのーまるな演出には、一部の厳格な親父さん方からは渋い顔をされるが、おおむね老若男女に楽しまれる出し物となっている。

本アトラクションを楽しんだ後は、程近い御茶屋(※2)さんで一服されることをお勧めする。
一見門前町にでもありそうな和風のこしらえの店だが、扱っている品物はレムーリアンになぞらえたものである。
まずは定番「ぐらん饅頭」。海藻が皮に練り込まれておりモチモチの触感が口に楽しい。
それを食べた後レムーリアティーで口を湿すと、ふくよかな香り、スッキリとした味わいで、饅頭の後味を豊かにしてくれる。
お持ち帰りには、レッドサーモン甘納豆などはいかがだろう。深い甘味と柔らかな小豆はお茶受けにバッチリである。また興味深いのは北海道名物「甘納豆赤飯」のレシピが「食紅」「ごま塩」とともに付いてくることである。
これでご自宅でも甘いお赤飯、を楽しむことが可能である。

3)ポセイドン・ランナウェイ
海底コースターと言うべきもので、レールに乗った機密性のカプセルは地上のステーションを発進するとそのまま波を掻き分け海中に没する。
隆起した海底地形、繁茂する海藻類とその間を遊弋する魚達。不規則な照明に浮かび上がるそれらは、自然のものでありながら不思議な様相を垣間見せる。
ほどなく人工物が視界に目立つようになる。海底都市、乗客は壮麗な建築物でありながら無人の廃墟に迷い込む。
廃墟の奥で見つけたものは、財宝・・・そしてその守護者であった!
凶悪かつ醜悪なモンスターに襲われる乗客が乗るカプセル。
モンスターから逃れるために激しく動揺するカプセルは、スピードを上げ地上を目指す。果たして乗客の運命は!

本アトラクションを楽しむある家族の風景
「おとーさん! まっくろいおばけがやってくるよー」
赤い髪に黄色いリボンをつけた女の子が恐ろしげに声を上げた。
「いやーっ! あっち行ってー!」
女の子はお母さんに抱きついた。
お母さんは「あらあら」と楽しげに思い、しかしその顔はいかにも恐怖に怯えるように作られていた。
「大丈夫よ! お父さんがやっつけてくれるわっ!」
あーずるー、お父さんは娘に抱きついてもらえなかったのを寂しく思いつつ、しかしお母さんに隠れたメイレイをだされたので、結構その気で見栄を切った。
「この胸のエプロンにかけてっ! かわいいよーちゃんをやらせはしないぞっ! きなさいっ!!」
「父は一番!」と書いたエプロンをつけたお父さん。男前である。
「おとーさん、かっこいいー!」(母娘)
かくしてこの親子連れの乗ったカプセルは、ノリノリでユラユラと去っていった。

4)コーラルビーチ
かっこいい名前が付いているが人々は単に「さんご海岸」と呼ぶ。
ここは懐かしい海水浴場の雰囲気を演出しており、バラック立ての「浜茶屋(海の家)」が軒を連ねる。
白砂の浜辺は夏ともなるとたくさんの海水浴客で溢れる。
思いっきり海で遊んだ後、浜茶屋で焼きソバやラーメン、カレーライスを楽しみ、心地よい疲れと共に家路に着く。
またオフシーズンはマリンスポーツ向けに開放される。
ヨット、サーフィン、ウィンドサーフィン、ジェットスキー等、浜辺に隣接するヨットハーバーが基地となりサービスを提供している。
余談だが、ここの浜茶屋の中には本施設の経営者がこっそり店を出しているとのことである。そして海を楽しむたくさんの人々を見て感涙にむせび泣いているというのは別の話。

5)モノレール(※3)「轟天号」
上記アトラクションと各アメニティ施設は高架式モノレールで結ばれている。
ピンクの車体に乗った乗客は、眼下で繰り広げられるアトラクションの様子や人の流れを見つつ、ゆっくりと揺られて移動する。
各施設を足で回るのもいいが、モノレールでの空中散歩もまた視点が変わり「グランブルー」をより楽しく満喫できることだろう。


○「ナガスパ グランブルー」への行き方
もっとも間違いがないのが、国内(第三層)の観光地を縦横に結ぶ観光バス「イヌバス」の利用である。
イヌバスに乗ると、丸いつばのラインがシックな濃い紺色の制帽とおそろいの色のスーツを着こなし、かわいいピンクのエプロンを付けたバスガイドが旗と尻尾をふりふり案内してくれる。
主なバスターミナルは旧愛鳴藩国政庁跡(現在宿泊区)近辺にあり、そこから各観光地に向けバスが出発する。
バスは普通の民家、空き地が立ち並ぶ住宅地を抜け街道の交差点に至ると、常に白煙が立ち上る愛鳴山の方向とは逆の南部地区にハンドルを切る。
大通りの両側には名物の商店街が立ち上り、様々な赤色の髪をした大人が子供とともに一緒にエプロンを付け仕事をし、人々が買い物をする活気ある姿が見えることだろう。
そのまま街道を南下すると道すがら味のれんや文教地区を見ることができる。
右手の窓に空港を眺めたせ、そのまま左手の窓を見ていただきたい。
「ナガスパ シーサイド遊園地」の大観覧車が目の前にあることだろう。
そのとなりが「ナガスパ グランブルー」である。
隅々まで楽しんでいっていただきたい。


(作成者:九頭竜川)