※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 騎士(愛鳴之藩国版) RD:18 評価値:7
    • 部品: 概要
    • 部品: 騎士になるには
    • 部品: 騎士道
    • 部品: 剣術
    • 大部品: 所持品 RD:5 評価値:3
      • 部品: 剣
      • 部品: 盾
      • 部品: 鎧
      • 大部品: 馬具 RD:2 評価値:1
        • 部品: 鐙
        • 部品: 蹄鉄
    • 部品: 馬の扱い
    • 大部品: 愛鳴之馬 RD:8 評価値:5
      • 部品: 基本
      • 部品: 用途
      • 部品: 生物学的特徴
      • 部品: 草食性
      • 部品: 寿命
      • 部品: 知能
      • 部品: 毛色
      • 部品: 重種



部品定義


部品: 概要

騎士とは、主に戦場において騎馬で戦う者に与えられた名誉的称号、およびそれから派生した(必ずしも騎乗戦士ではない)階級を指す。称号としての騎士を騎士号という。

部品: 騎士になるには

通常、騎士となるためには剣や盾、鎧などの装備や馬を用意する必要があるため富裕階級に限られるが、素行が良く、成績優秀な者が希望した場合には国からこれらが支給され騎士となる場合もある。

部品: 騎士道

騎士道とは、騎士階級の行動規範であり、忠誠、公正、勇気、武勇、慈愛、寛容、礼節、奉仕などが徳とされ、これを重んじる者こそを騎士と呼ぶ。騎士道に従って行動する騎士は周囲から賞賛され、騎士もそれを栄誉と考えた。

部品: 剣術

刀剣で戦う武術のこと。愛鳴之藩国において騎士の学ぶ剣術は戦場で甲冑をつけた複数の相手と戦うことが前提とされた実戦的なものであり、いわゆるスポーツの剣道とは異なる。

部品: 剣

長い諸刃の剣身を持つ手持ちの武器の1種である。諸刃である点で刀と区別する。騎士の持つ剣は一般的に片手剣とされている。これは剣と盾を持って戦闘を行うためである。

部品: 盾

防具の一種。主に手元で所持し、刀剣や槍・弓矢などによる攻撃・射撃から身を守るための道具。
大きさは腕に装着して用いる小型の物から全身を覆う大型の物まで様々存在し、盾の形も円形や三角形及び四角形、木の葉型や多角形の形状などいろいろある。使用者の好みで材質や形状は違う。


部品: 鎧

敵の攻撃から身を守るために着る防具のこと。全身を金属鎧とするのが主流であるが、女性騎士や重すぎる鎧は不便だとする者などは革やリネンを使った鎧を使用する場合もある。

部品: 鐙

鐙革(あぶみがわ)で鞍から左右1対を吊り下げ、騎乗時(馬に登るとき、および、乗っているとき)に足を乗せる(これを「鐙を履く」と言う)。ただし完全に足を深く通すのではなく、爪先を乗せるようにして使う。素材には金属を使うのが一般的。

部品: 蹄鉄

蹄鉄(ていてつ)は、主に馬の蹄(ひづめ)を保護するために装着される、U字型の保護具のこと。蹄の破損を防止し、摩耗を防ぐために用いられる。野生の馬と異なり、家畜の馬は蹄が弱くて摩耗してしまう。これを避けるために蹄鉄が考案された。素材は鉄が一般的。

部品: 馬の扱い

騎士となる者は自分専用の愛馬を持つ。ともに戦場を駆ける唯一無二の相棒であり、世話をし、長い年月をともに過ごすことで人馬一体を体現する。

部品: 基本

ウマ目(奇蹄目)のウマ科に属する動物である馬の一種。社会性の強い動物で、野生のものも家畜も群れをなす傾向がある。

部品: 用途

家畜として飼われ、主に乗用や運搬、農耕などの使役用に用いられるほか、食用にもされ、桜肉(さくらにく)と称する。軍用もいる。

部品: 生物学的特徴

首と頭が長く、長い四肢をもつ。角はない。各脚とも第3指を残し他の指は退化している。よく発達した蹄(ひづめ)をもち、硬い土の上を走ることが出来る。長い尾と、頭から首の上部にかけての鬣(たてがみ)を除くと、全身の毛は短いが、ある程度の寒冷地での生活にも耐えられる。

部品: 草食性

草食性であり、よく発達した門歯と臼歯で食べ物を噛み切り、擂り潰す。後腸発酵動物であり、反芻動物とは異なり胃は一つしかもたない。しかし大腸のうち盲腸がきわめて長く(約1.2m)、結腸も発達している。これらの消化管において、微生物が繊維質を発酵分解する。胆嚢がないことも草食に適している。

部品: 寿命

寿命は約25年、稀に40年を超えることもある。繁殖可能な年齢は3-15歳程度。繁殖期は春で、妊娠期間は335日。単子であることが多い。

部品: 知能

知能は家畜の中ではかなり高い。脳の発達度を示す指標の一つである脳化指数は犬猫に次ぎ、少なくとも長期記憶は非常に高いことが知られている。乗り手(騎手)が初心者或いは下手な者であれば、乗り手を馬鹿にした様にからかったり、わざと落馬させようとしたりする行動をとることもある。
逆に常日頃から愛情を込めて身の回りの世話をしてくれる人物に対しては、絶大の信頼をよせ従順な態度をとる。大切にしてくれたり何時も可愛がってくれる人間の顔を生涯忘れないといわれる。

部品: 毛色

馬の特徴の中でも、一見して最初に目につくのが毛色である。基本的な毛色として栗毛、栃栗毛、鹿毛、黒鹿毛、青鹿毛、青毛、芦毛、粕毛、駁毛(ぶちげ)、月毛、河原毛、佐目毛、薄墨毛、白毛の14種があげられる。

部品: 重種

主に農耕や重量物の運搬のために改良された品種であり、愛鳴之藩国では重い甲冑を着込んだ重装備の騎士の乗馬とされた。大きな個体では体重1トンを超えることも珍しくない。また、軽種よりも美味とされ、食用として用いられるのは重種馬が多い。



提出書式


 大部品: 騎士(愛鳴之藩国版) RD:18 評価値:7
 -部品: 概要
 -部品: 騎士になるには
 -部品: 騎士道
 -部品: 剣術
 -大部品: 所持品 RD:5 評価値:3
 --部品: 剣
 --部品: 盾
 --部品: 鎧
 --大部品: 馬具 RD:2 評価値:1
 ---部品: 鐙
 ---部品: 蹄鉄
 -部品: 馬の扱い
 -大部品: 愛鳴之馬 RD:8 評価値:5
 --部品: 基本
 --部品: 用途
 --部品: 生物学的特徴
 --部品: 草食性
 --部品: 寿命
 --部品: 知能
 --部品: 毛色
 --部品: 重種
 
 
 部品: 概要
 騎士とは、主に戦場において騎馬で戦う者に与えられた名誉的称号、およびそれから派生した(必ずしも騎乗戦士ではない)階級を指す。称号としての騎士を騎士号という。
 
 部品: 騎士になるには
 通常、騎士となるためには剣や盾、鎧などの装備や馬を用意する必要があるため富裕階級に限られるが、素行が良く、成績優秀な者が希望した場合には国からこれらが支給され騎士となる場合もある。
 
 部品: 騎士道
 騎士道とは、騎士階級の行動規範であり、忠誠、公正、勇気、武勇、慈愛、寛容、礼節、奉仕などが徳とされ、これを重んじる者こそを騎士と呼ぶ。騎士道に従って行動する騎士は周囲から賞賛され、騎士もそれを栄誉と考えた。
 
 部品: 剣術
 刀剣で戦う武術のこと。愛鳴之藩国において騎士の学ぶ剣術は戦場で甲冑をつけた複数の相手と戦うことが前提とされた実戦的なものであり、いわゆるスポーツの剣道とは異なる。
 
 部品: 剣
 長い諸刃の剣身を持つ手持ちの武器の1種である。諸刃である点で刀と区別する。騎士の持つ剣は一般的に片手剣とされている。これは剣と盾を持って戦闘を行うためである。
 
 部品: 盾
 防具の一種。主に手元で所持し、刀剣や槍・弓矢などによる攻撃・射撃から身を守るための道具。
 大きさは腕に装着して用いる小型の物から全身を覆う大型の物まで様々存在し、盾の形も円形や三角形及び四角形、木の葉型や多角形の形状などいろいろある。使用者の好みで材質や形状は違う。
 
 
 部品: 鎧
 敵の攻撃から身を守るために着る防具のこと。全身を金属鎧とするのが主流であるが、女性騎士や重すぎる鎧は不便だとする者などは革やリネンを使った鎧を使用する場合もある。
 
 部品: 鐙
 鐙革(あぶみがわ)で鞍から左右1対を吊り下げ、騎乗時(馬に登るとき、および、乗っているとき)に足を乗せる(これを「鐙を履く」と言う)。ただし完全に足を深く通すのではなく、爪先を乗せるようにして使う。素材には金属を使うのが一般的。
 
 部品: 蹄鉄
 蹄鉄(ていてつ)は、主に馬の蹄(ひづめ)を保護するために装着される、U字型の保護具のこと。蹄の破損を防止し、摩耗を防ぐために用いられる。野生の馬と異なり、家畜の馬は蹄が弱くて摩耗してしまう。これを避けるために蹄鉄が考案された。素材は鉄が一般的。
 
 部品: 馬の扱い
 騎士となる者は自分専用の愛馬を持つ。ともに戦場を駆ける唯一無二の相棒であり、世話をし、長い年月をともに過ごすことで人馬一体を体現する。
 
 部品: 基本
 ウマ目(奇蹄目)のウマ科に属する動物である馬の一種。社会性の強い動物で、野生のものも家畜も群れをなす傾向がある。
 
 部品: 用途
 家畜として飼われ、主に乗用や運搬、農耕などの使役用に用いられるほか、食用にもされ、桜肉(さくらにく)と称する。軍用もいる。
 
 部品: 生物学的特徴
 首と頭が長く、長い四肢をもつ。角はない。各脚とも第3指を残し他の指は退化している。よく発達した蹄(ひづめ)をもち、硬い土の上を走ることが出来る。長い尾と、頭から首の上部にかけての鬣(たてがみ)を除くと、全身の毛は短いが、ある程度の寒冷地での生活にも耐えられる。
 
 部品: 草食性
 草食性であり、よく発達した門歯と臼歯で食べ物を噛み切り、擂り潰す。後腸発酵動物であり、反芻動物とは異なり胃は一つしかもたない。しかし大腸のうち盲腸がきわめて長く(約1.2m)、結腸も発達している。これらの消化管において、微生物が繊維質を発酵分解する。胆嚢がないことも草食に適している。 
 
 部品: 寿命
 寿命は約25年、稀に40年を超えることもある。繁殖可能な年齢は3-15歳程度。繁殖期は春で、妊娠期間は335日。単子であることが多い。
 
 部品: 知能
 知能は家畜の中ではかなり高い。脳の発達度を示す指標の一つである脳化指数は犬猫に次ぎ、少なくとも長期記憶は非常に高いことが知られている。乗り手(騎手)が初心者或いは下手な者であれば、乗り手を馬鹿にした様にからかったり、わざと落馬させようとしたりする行動をとることもある。
 逆に常日頃から愛情を込めて身の回りの世話をしてくれる人物に対しては、絶大の信頼をよせ従順な態度をとる。大切にしてくれたり何時も可愛がってくれる人間の顔を生涯忘れないといわれる。
 
 部品: 毛色
 馬の特徴の中でも、一見して最初に目につくのが毛色である。基本的な毛色として栗毛、栃栗毛、鹿毛、黒鹿毛、青鹿毛、青毛、芦毛、粕毛、駁毛(ぶちげ)、月毛、河原毛、佐目毛、薄墨毛、白毛の14種があげられる。
 
 部品: 重種
 主に農耕や重量物の運搬のために改良された品種であり、愛鳴之藩国では重い甲冑を着込んだ重装備の騎士の乗馬とされた。大きな個体では体重1トンを超えることも珍しくない。また、軽種よりも美味とされ、食用として用いられるのは重種馬が多い。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 87716,
     "title": "騎士(愛鳴之藩国版)",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-09-04 11:27:16.514636",
     "updated_at": "2017-09-04 11:27:16.514636",
     "children": [
       {
         "id": 87717,
         "title": "概要",
         "description": "騎士とは、主に戦場において騎馬で戦う者に与えられた名誉的称号、およびそれから派生した(必ずしも騎乗戦士ではない)階級を指す。称号としての騎士を騎士号という。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-09-04 11:27:16.516702",
         "updated_at": "2017-09-04 11:27:16.516702",
         "children": [],
         "character": {
           "id": 1928,
           "name": "積木"
         },
         "localID": 1
       },
       {
         "id": 87718,
         "title": "騎士になるには",
         "description": "通常、騎士となるためには剣や盾、鎧などの装備や馬を用意する必要があるため富裕階級に限られるが、素行が良く、成績優秀な者が希望した場合には国からこれらが支給され騎士となる場合もある。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-09-04 11:27:16.538869",
         "updated_at": "2017-09-04 11:27:16.538869",
         "children": [],
         "character": {
           "id": 1928,
           "name": "積木"
         },
         "localID": 2
       },
       {
         "id": 87719,
         "title": "騎士道",
         "description": "騎士道とは、騎士階級の行動規範であり、忠誠、公正、勇気、武勇、慈愛、寛容、礼節、奉仕などが徳とされ、これを重んじる者こそを騎士と呼ぶ。騎士道に従って行動する騎士は周囲から賞賛され、騎士もそれを栄誉と考えた。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-09-04 11:27:16.561037",
         "updated_at": "2017-09-04 11:27:16.561037",
         "children": [],
         "character": {
           "id": 1928,
           "name": "積木"
         },
         "localID": 3
       },
       {
         "id": 87720,
         "title": "剣術",
         "description": "刀剣で戦う武術のこと。愛鳴之藩国において騎士の学ぶ剣術は戦場で甲冑をつけた複数の相手と戦うことが前提とされた実戦的なものであり、いわゆるスポーツの剣道とは異なる。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-09-04 11:27:16.581458",
         "updated_at": "2017-09-04 11:27:16.581458",
         "children": [],
         "character": {
           "id": 1928,
           "name": "積木"
         },
         "localID": 4
       },
       {
         "id": 87721,
         "title": "所持品",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-04 11:27:16.602514",
         "updated_at": "2017-09-04 11:27:16.602514",
         "children": [
           {
             "id": 87722,
             "title": "剣",
             "description": "長い諸刃の剣身を持つ手持ちの武器の1種である。諸刃である点で刀と区別する。騎士の持つ剣は一般的に片手剣とされている。これは剣と盾を持って戦闘を行うためである。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-04 11:27:16.603743",
             "updated_at": "2017-09-04 11:27:16.603743",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1928,
               "name": "積木"
             },
             "localID": 6
           },
           {
             "id": 87723,
             "title": "盾",
             "description": "防具の一種。主に手元で所持し、刀剣や槍・弓矢などによる攻撃・射撃から身を守るための道具。\n大きさは腕に装着して用いる小型の物から全身を覆う大型の物まで様々存在し、盾の形も円形や三角形及び四角形、木の葉型や多角形の形状などいろいろある。使用者の好みで材質や形状は違う。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-04 11:27:16.625106",
             "updated_at": "2017-09-04 11:27:16.625106",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1928,
               "name": "積木"
             },
             "localID": 7
           },
           {
             "id": 87724,
             "title": "鎧",
             "description": "敵の攻撃から身を守るために着る防具のこと。全身を金属鎧とするのが主流であるが、女性騎士や重すぎる鎧は不便だとする者などは革やリネンを使った鎧を使用する場合もある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-04 11:27:16.645193",
             "updated_at": "2017-09-04 11:27:16.645193",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1928,
               "name": "積木"
             },
             "localID": 8
           },
           {
             "id": 87725,
             "title": "馬具",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-09-04 11:27:16.66685",
             "updated_at": "2017-09-04 11:27:16.66685",
             "children": [
               {
                 "id": 87726,
                 "title": "鐙",
                 "description": "鐙革(あぶみがわ)で鞍から左右1対を吊り下げ、騎乗時(馬に登るとき、および、乗っているとき)に足を乗せる(これを「鐙を履く」と言う)。ただし完全に足を深く通すのではなく、爪先を乗せるようにして使う。素材には金属を使うのが一般的。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 11:27:16.668502",
                 "updated_at": "2017-09-04 11:27:16.668502",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1928,
                   "name": "積木"
                 },
                 "localID": 10
               },
               {
                 "id": 87727,
                 "title": "蹄鉄",
                 "description": "蹄鉄(ていてつ)は、主に馬の蹄(ひづめ)を保護するために装着される、U字型の保護具のこと。蹄の破損を防止し、摩耗を防ぐために用いられる。野生の馬と異なり、家畜の馬は蹄が弱くて摩耗してしまう。これを避けるために蹄鉄が考案された。素材は鉄が一般的。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-09-04 11:27:16.690925",
                 "updated_at": "2017-09-04 11:27:16.690925",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1928,
                   "name": "積木"
                 },
                 "localID": 11
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1928,
               "name": "積木"
             },
             "expanded": true,
             "localID": 9
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1928,
           "name": "積木"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 5
       },
       {
         "id": 87728,
         "title": "馬の扱い",
         "description": "騎士となる者は自分専用の愛馬を持つ。ともに戦場を駆ける唯一無二の相棒であり、世話をし、長い年月をともに過ごすことで人馬一体を体現する。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-09-04 11:27:16.797319",
         "updated_at": "2017-09-04 11:27:16.797319",
         "children": [],
         "character": {
           "id": 1928,
           "name": "積木"
         },
         "localID": 6
       },
       {
         "id": 87608,
         "title": "愛鳴之馬",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-04 11:14:11.319878",
         "updated_at": "2017-09-04 11:14:11.319878",
         "children": [
           {
             "id": 87609,
             "title": "基本",
             "description": "ウマ目(奇蹄目)のウマ科に属する動物である馬の一種。社会性の強い動物で、野生のものも家畜も群れをなす傾向がある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-04 11:14:11.351694",
             "updated_at": "2017-09-04 11:14:11.351694",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1928,
               "name": "積木"
             },
             "localID": 8
           },
           {
             "id": 87610,
             "title": "用途",
             "description": "家畜として飼われ、主に乗用や運搬、農耕などの使役用に用いられるほか、食用にもされ、桜肉(さくらにく)と称する。軍用もいる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-04 11:14:11.403029",
             "updated_at": "2017-09-04 11:14:11.403029",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1928,
               "name": "積木"
             },
             "localID": 9
           },
           {
             "id": 87611,
             "title": "生物学的特徴",
             "description": "首と頭が長く、長い四肢をもつ。角はない。各脚とも第3指を残し他の指は退化している。よく発達した蹄(ひづめ)をもち、硬い土の上を走ることが出来る。長い尾と、頭から首の上部にかけての鬣(たてがみ)を除くと、全身の毛は短いが、ある程度の寒冷地での生活にも耐えられる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-04 11:14:11.452446",
             "updated_at": "2017-09-04 11:14:11.452446",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1928,
               "name": "積木"
             },
             "localID": 10
           },
           {
             "id": 87612,
             "title": "草食性",
             "description": "草食性であり、よく発達した門歯と臼歯で食べ物を噛み切り、擂り潰す。後腸発酵動物であり、反芻動物とは異なり胃は一つしかもたない。しかし大腸のうち盲腸がきわめて長く(約1.2m)、結腸も発達している。これらの消化管において、微生物が繊維質を発酵分解する。胆嚢がないことも草食に適している。 ",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-04 11:14:11.510336",
             "updated_at": "2017-09-04 11:14:11.510336",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1928,
               "name": "積木"
             },
             "localID": 11
           },
           {
             "id": 87613,
             "title": "寿命",
             "description": "寿命は約25年、稀に40年を超えることもある。繁殖可能な年齢は3-15歳程度。繁殖期は春で、妊娠期間は335日。単子であることが多い。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-04 11:14:11.555313",
             "updated_at": "2017-09-04 11:14:11.555313",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1928,
               "name": "積木"
             },
             "localID": 12
           },
           {
             "id": 87614,
             "title": "知能",
             "description": "知能は家畜の中ではかなり高い。脳の発達度を示す指標の一つである脳化指数は犬猫に次ぎ、少なくとも長期記憶は非常に高いことが知られている。乗り手(騎手)が初心者或いは下手な者であれば、乗り手を馬鹿にした様にからかったり、わざと落馬させようとしたりする行動をとることもある。\n逆に常日頃から愛情を込めて身の回りの世話をしてくれる人物に対しては、絶大の信頼をよせ従順な態度をとる。大切にしてくれたり何時も可愛がってくれる人間の顔を生涯忘れないといわれる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-04 11:14:11.592517",
             "updated_at": "2017-09-04 11:14:11.592517",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1928,
               "name": "積木"
             },
             "localID": 13
           },
           {
             "id": 87615,
             "title": "毛色",
             "description": "馬の特徴の中でも、一見して最初に目につくのが毛色である。基本的な毛色として栗毛、栃栗毛、鹿毛、黒鹿毛、青鹿毛、青毛、芦毛、粕毛、駁毛(ぶちげ)、月毛、河原毛、佐目毛、薄墨毛、白毛の14種があげられる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-04 11:14:11.636627",
             "updated_at": "2017-09-04 11:14:11.636627",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1928,
               "name": "積木"
             },
             "localID": 14
           },
           {
             "id": 87616,
             "title": "重種",
             "description": "主に農耕や重量物の運搬のために改良された品種であり、愛鳴之藩国では重い甲冑を着込んだ重装備の騎士の乗馬とされた。大きな個体では体重1トンを超えることも珍しくない。また、軽種よりも美味とされ、食用として用いられるのは重種馬が多い。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-04 11:14:11.684878",
             "updated_at": "2017-09-04 11:14:11.684878",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1928,
               "name": "積木"
             },
             "localID": 15
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1928,
           "name": "積木"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 7
       }
     ],
     "character": {
       "id": 1928,
       "name": "積木"
     },
     "expanded": true,
     "localID": 0
   }
 ]



作成:積木