部品構造


  • 大部品: 王犬 母なる犬 RD:8 評価値:5
    • 部品: プロフィール
    • 部品: 母性
    • 部品: フサフサの毛
    • 部品: 子供好き
    • 部品: 優しげな瞳
    • 部品: 優雅な所作
    • 部品: あやすのが得意
    • 部品: 子を守る親



部品定義


部品: プロフィール

数多くの子犬たちを生み育てる中で、種族を越えた母性を持った犬。
親の無い子供達の母として
全国民の母として国民をいつも見守っている。

部品: 母性

父性のことを善と悪を区別して指導する傾向とすれば、母性とは善悪の分け隔てなくすべてを包み込む傾向のことといえる。
すなわちママみである。

部品: フサフサの毛

思わず触りたくなるふさっとした毛。この毛並みを保つためには毎日のブラッシングはかかせない。
育ててきた子供達にブラシをかけてもらうのが彼女の喜びである。

部品: 子供好き

どんな子供ともすぐに仲良くなれる一種の才能。子供はみな直感が優れているもので、自身に向けられる感情を敏感に感じとってしまうものだが、どんな子供も彼女には心をひらきすぐに寄って来る。

部品: 優しげな瞳

アーモンド型をした美しい瞳。釣り目だが、精悍というよりは優美であり、強さよりも優しさを感じさせる瞳である。犬だが、ただの犬ではないと思わせる瞳。

部品: 優雅な所作

優雅とは、上品で美しいことであり、気持ちや雰囲気にゆとりがあるさまである。彼女の行動にはすべてに品があり、食事にしても歩く動作にしても、見る者すべてに美しい印象を与えた。

部品: あやすのが得意

子供、とりわけ小さな赤ん坊を泣き止ませるのがとても得意。ほほを舐め、頬ずりをし、甘噛みする。子供にはかまってやるのが一番だとよく知っている。

部品: 子を守る親

子とは護られるべき可能性であり、親とは護るべき存在である。母と呼ばれる犬は子たる愛鳴之の民を守るとき、その力を最大限に発揮する。



提出書式


 大部品: 王犬 母なる犬 RD:8 評価値:5
 -部品: プロフィール
 -部品: 母性
 -部品: フサフサの毛
 -部品: 子供好き
 -部品: 優しげな瞳
 -部品: 優雅な所作
 -部品: あやすのが得意
 -部品: 子を守る親
 
 
 部品: プロフィール
 数多くの子犬たちを生み育てる中で、種族を越えた母性を持った犬。 
 親の無い子供達の母として 
 全国民の母として国民をいつも見守っている。
 
 部品: 母性
 父性のことを善と悪を区別して指導する傾向とすれば、母性とは善悪の分け隔てなくすべてを包み込む傾向のことといえる。
 すなわちママみである。
 
 部品: フサフサの毛
 思わず触りたくなるふさっとした毛。この毛並みを保つためには毎日のブラッシングはかかせない。
 育ててきた子供達にブラシをかけてもらうのが彼女の喜びである。
 
 部品: 子供好き
 どんな子供ともすぐに仲良くなれる一種の才能。子供はみな直感が優れているもので、自身に向けられる感情を敏感に感じとってしまうものだが、どんな子供も彼女には心をひらきすぐに寄って来る。
 
 部品: 優しげな瞳
 アーモンド型をした美しい瞳。釣り目だが、精悍というよりは優美であり、強さよりも優しさを感じさせる瞳である。犬だが、ただの犬ではないと思わせる瞳。
 
 部品: 優雅な所作
 優雅とは、上品で美しいことであり、気持ちや雰囲気にゆとりがあるさまである。彼女の行動にはすべてに品があり、食事にしても歩く動作にしても、見る者すべてに美しい印象を与えた。
 
 部品: あやすのが得意
 子供、とりわけ小さな赤ん坊を泣き止ませるのがとても得意。ほほを舐め、頬ずりをし、甘噛みする。子供にはかまってやるのが一番だとよく知っている。
 
 部品: 子を守る親
 子とは護られるべき可能性であり、親とは護るべき存在である。母と呼ばれる犬は子たる愛鳴之の民を守るとき、その力を最大限に発揮する。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "王犬 母なる犬",
     "children": [
       {
         "title": "プロフィール",
         "description": "数多くの子犬たちを生み育てる中で、種族を越えた母性を持った犬。 \n親の無い子供達の母として \n全国民の母として国民をいつも見守っている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "母性",
         "description": "父性のことを善と悪を区別して指導する傾向とすれば、母性とは善悪の分け隔てなくすべてを包み込む傾向のことといえる。\nすなわちママみである。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "フサフサの毛",
         "description": "思わず触りたくなるふさっとした毛。この毛並みを保つためには毎日のブラッシングはかかせない。\n育ててきた子供達にブラシをかけてもらうのが彼女の喜びである。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "子供好き",
         "description": "どんな子供ともすぐに仲良くなれる一種の才能。子供はみな直感が優れているもので、自身に向けられる感情を敏感に感じとってしまうものだが、どんな子供も彼女には心をひらきすぐに寄って来る。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "優しげな瞳",
         "description": "アーモンド型をした美しい瞳。釣り目だが、精悍というよりは優美であり、強さよりも優しさを感じさせる瞳である。犬だが、ただの犬ではないと思わせる瞳。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "優雅な所作",
         "description": "優雅とは、上品で美しいことであり、気持ちや雰囲気にゆとりがあるさまである。彼女の行動にはすべてに品があり、食事にしても歩く動作にしても、見る者すべてに美しい印象を与えた。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "あやすのが得意",
         "description": "子供、とりわけ小さな赤ん坊を泣き止ませるのがとても得意。ほほを舐め、頬ずりをし、甘噛みする。子供にはかまってやるのが一番だとよく知っている。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "子を守る親",
         "description": "子とは護られるべき可能性であり、親とは護るべき存在である。母と呼ばれる犬は子たる愛鳴之の民を守るとき、その力を最大限に発揮する。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]


作成:積木