部品構造


  • 大部品: 私塾 RD:12 評価値:6
    • 大部品: 概要 RD:6 評価値:4
      • 部品: 始まり
      • 部品: 開設援助
      • 部品: 生徒
      • 部品: 教師
      • 部品: 何を教えるか
      • 部品: 場所
    • 大部品: 授業内容 RD:6 評価値:4
      • 部品: 農耕・土木
      • 部品: 畜産・酪農
      • 部品: 狩猟・漁労
      • 部品: 技術
      • 部品: 保健・衛生
      • 部品: 読み書き計算



部品定義


部品: 始まり

かつて勉強の機会を得られない子どもたちがいることを知り、「すべての子どもに教育を」をスローガンに環境整備に奔走した大人たちがいた。
その活動は教師育成から始まり、私塾の開設支援や職業体験施設の建設を経て、最終的には学園都市を建造した。
そして今、我々は砂ばかりの大地に立っている。当然、教育環境などない。
ならばどうするか、など考えるまでもない。もう一度始めるだけだ。一歩ずつ、しっかりと、前へ。

部品: 開設援助

私塾開設に関する相談窓口の設置や、開設してから数年間という期限付きで税率を減じるなどで、私塾開設の推進を行う。
ただし財源も無限にあるわけではないため、税率の減額割合や援助承認数はその点を考慮して決定する。

部品: 生徒

元々は子どもたちへの教育のための私塾だが、今回はそれに加え、大人たちへと役に立つ知識の伝達を行うことを想定しており、幅広い年代の人々が生徒となる。

部品: 教師

実務経験が豊富にある、あるいは専門でその道を学んだ人物のうち、知識を教えるのに適性があると判断された人物を教師に採用する。
ただし子どもたちの教師についてはその時点では本採用ではなく、研修・試験を受けて問題なく突破した者だけが本採用となり正式な教師となる。

部品: 何を教えるか

最低限生きていける環境を構築する必要があるため、大人たちに農耕・酪農などの食料関係、土地の開拓やより良い生活にするための環境整備に関する知識を教え、共有することから始める。
子どもたちに対しては、まずは健康に関することや、簡単な読み書き計算から教える。

部品: 場所

子供たちへの教育に関しては、勉強に適した環境を用意し、そこでの授業となる。
大人の場合は座学だけではなく、畑などの現場で実際に行いながら教授する事もある。

部品: 農耕・土木

作物の生育に適した土地に改良して収穫量を上げる方法や、田畑を開拓する際の注意点、あるいは水路や防風・防潮林の設置方法、大地を改良する際の効率的な方法や自然との調和をとる方法など、農耕・土木に関した知識を教える。

部品: 畜産・酪農

牛や豚、鶏などの家畜・家禽の世話についてや、食肉にするための解体・加工をする際の注意点など、畜産・酪農に関した知識を教える。

部品: 狩猟・漁労

自然界にいる野生の動物や魚などの狩り方や、狩った後の解体に関すること、狩猟場所である自然界(山、海、川など)の脅威など、狩猟・漁労に関した知識を教える。

部品: 技術

綿などを加工して衣服を作成する方法や、あるいは木材を加工して道具を作成する方法、食料を長期保存する方法など、なにかを加工して役に立つものに変える技術に関した知識を教える。

部品: 保健・衛生

怪我をした場合の手当ての方法や、清潔さを保つ方法とその理由と効果、水は念のため煮沸した物を飲むようにするなど、子どもでも安全にできる保険・衛生に関した知識を教える。

部品: 読み書き計算

子どもたちそれぞれの理解度に合わせて教える内容レベルを調整しつつ、子供が興味を持って楽しめるような授業を心がける。



提出書式


大部品: 私塾 RD:12 評価値:6
  • 大部品: 概要 RD:6 評価値:4
    • 部品: 始まり
    • 部品: 開設援助
    • 部品: 生徒
    • 部品: 教師
    • 部品: 何を教えるか
    • 部品: 場所
  • 大部品: 授業内容 RD:6 評価値:4
    • 部品: 農耕・土木
    • 部品: 畜産・酪農
    • 部品: 狩猟・漁労
    • 部品: 技術
    • 部品: 保健・衛生
    • 部品: 読み書き計算


部品: 始まり
かつて勉強の機会を得られない子どもたちがいることを知り、「すべての子どもに教育を」をスローガンに環境整備に奔走した大人たちがいた。
その活動は教師育成から始まり、私塾の開設支援や職業体験施設の建設を経て、最終的には学園都市を建造した。
そして今、我々は砂ばかりの大地に立っている。当然、教育環境などない。
ならばどうするか、など考えるまでもない。もう一度始めるだけだ。一歩ずつ、しっかりと、前へ。

部品: 開設援助
私塾開設に関する相談窓口の設置や、開設してから数年間という期限付きで税率を減じるなどで、私塾開設の推進を行う。
ただし財源も無限にあるわけではないため、税率の減額割合や援助承認数はその点を考慮して決定する。

部品: 生徒
元々は子どもたちへの教育のための私塾だが、今回はそれに加え、大人たちへと役に立つ知識の伝達を行うことを想定しており、幅広い年代の人々が生徒となる。

部品: 教師
実務経験が豊富にある、あるいは専門でその道を学んだ人物のうち、知識を教えるのに適性があると判断された人物を教師に採用する。
ただし子どもたちの教師についてはその時点では本採用ではなく、研修・試験を受けて問題なく突破した者だけが本採用となり正式な教師となる。

部品: 何を教えるか
最低限生きていける環境を構築する必要があるため、大人たちに農耕・酪農などの食料関係、土地の開拓やより良い生活にするための環境整備に関する知識を教え、共有することから始める。
子どもたちに対しては、まずは健康に関することや、簡単な読み書き計算から教える。

部品: 場所
子供たちへの教育に関しては、勉強に適した環境を用意し、そこでの授業となる。
大人の場合は座学だけではなく、畑などの現場で実際に行いながら教授する事もある。

部品: 農耕・土木
作物の生育に適した土地に改良して収穫量を上げる方法や、田畑を開拓する際の注意点、あるいは水路や防風・防潮林の設置方法、大地を改良する際の効率的な方法や自然との調和をとる方法など、農耕・土木に関した知識を教える。

部品: 畜産・酪農
牛や豚、鶏などの家畜・家禽の世話についてや、食肉にするための解体・加工をする際の注意点など、畜産・酪農に関した知識を教える。

部品: 狩猟・漁労
自然界にいる野生の動物や魚などの狩り方や、狩った後の解体に関すること、狩猟場所である自然界(山、海、川など)の脅威など、狩猟・漁労に関した知識を教える。

部品: 技術
綿などを加工して衣服を作成する方法や、あるいは木材を加工して道具を作成する方法、食料を長期保存する方法など、なにかを加工して役に立つものに変える技術に関した知識を教える。

部品: 保健・衛生
怪我をした場合の手当ての方法や、清潔さを保つ方法とその理由と効果、水は念のため煮沸した物を飲むようにするなど、子どもでも安全にできる保険・衛生に関した知識を教える。

部品: 読み書き計算
子どもたちそれぞれの理解度に合わせて教える内容レベルを調整しつつ、子供が興味を持って楽しめるような授業を心がける。




インポート用定義データ


[
{
"title": "私塾",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "概要",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "始まり",
"description": "かつて勉強の機会を得られない子どもたちがいることを知り、「すべての子どもに教育を」をスローガンに環境整備に奔走した大人たちがいた。\nその活動は教師育成から始まり、私塾の開設支援や職業体験施設の建設を経て、最終的には学園都市を建造した。\nそして今、我々は砂ばかりの大地に立っている。当然、教育環境などない。\nならばどうするか、など考えるまでもない。もう一度始めるだけだ。一歩ずつ、しっかりと、前へ。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "開設援助",
"description": "私塾開設に関する相談窓口の設置や、開設してから数年間という期限付きで税率を減じるなどで、私塾開設の推進を行う。\nただし財源も無限にあるわけではないため、税率の減額割合や援助承認数はその点を考慮して決定する。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "生徒",
"description": "元々は子どもたちへの教育のための私塾だが、今回はそれに加え、大人たちへと役に立つ知識の伝達を行うことを想定しており、幅広い年代の人々が生徒となる。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "教師",
"description": "実務経験が豊富にある、あるいは専門でその道を学んだ人物のうち、知識を教えるのに適性があると判断された人物を教師に採用する。\nただし子どもたちの教師についてはその時点では本採用ではなく、研修・試験を受けて問題なく突破した者だけが本採用となり正式な教師となる。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "何を教えるか",
"description": "最低限生きていける環境を構築する必要があるため、大人たちに農耕・酪農などの食料関係、土地の開拓やより良い生活にするための環境整備に関する知識を教え、共有することから始める。\n子どもたちに対しては、まずは健康に関することや、簡単な読み書き計算から教える。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "場所",
"description": "子供たちへの教育に関しては、勉強に適した環境を用意し、そこでの授業となる。\n大人の場合は座学だけではなく、畑などの現場で実際に行いながら教授する事もある。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
},
{
"title": "授業内容",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "農耕・土木",
"description": "作物の生育に適した土地に改良して収穫量を上げる方法や、田畑を開拓する際の注意点、あるいは水路や防風・防潮林の設置方法、大地を改良する際の効率的な方法や自然との調和をとる方法など、農耕・土木に関した知識を教える。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "畜産・酪農",
"description": "牛や豚、鶏などの家畜・家禽の世話についてや、食肉にするための解体・加工をする際の注意点など、畜産・酪農に関した知識を教える。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "狩猟・漁労",
"description": "自然界にいる野生の動物や魚などの狩り方や、狩った後の解体に関すること、狩猟場所である自然界(山、海、川など)の脅威など、狩猟・漁労に関した知識を教える。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "技術",
"description": "綿などを加工して衣服を作成する方法や、あるいは木材を加工して道具を作成する方法、食料を長期保存する方法など、なにかを加工して役に立つものに変える技術に関した知識を教える。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "保健・衛生",
"description": "怪我をした場合の手当ての方法や、清潔さを保つ方法とその理由と効果、水は念のため煮沸した物を飲むようにするなど、子どもでも安全にできる保険・衛生に関した知識を教える。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "読み書き計算",
"description": "子どもたちそれぞれの理解度に合わせて教える内容レベルを調整しつつ、子供が興味を持って楽しめるような授業を心がける。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]

作成:花井柾之
8/5先行提出済み
参考ログ