○愛鳴之藩国って?
愛鳴藩国とえ~藩国の2国が合併してできた藩国で、京都府にあります。
どんな国民がいるのかというと、旧愛鳴藩国系の「はてない国人」、旧え~藩国系の「北国人」がいます。
最近ではそれらに加え、藩国の犬士たちである「愛鳴之犬士民」、はてない国人から派生した「雲を掴む民」、北国人から派生していった「人狼」という人々も生活しています。






○愛鳴之藩国の特徴は?
子どもがたくさんいる、という点です。
国是が「子どもの幸せのために」ですので、そこに力を入れています。
そのため、戦力拡充よりも子どもたちや国民にいい影響があると思われるアイドレスを取得する傾向にあります。




○どんな職業アイドレスがあるの?
大まかに分けると僧侶(低物理域)系とメード(中~高物理域)系の2系統があります。
僧侶系の最先端の僧正は、治療行為や対アンデッド戦が可能であり、外見や知識、幸運の能力が高めです。
メード系の最先端のナースメード2は、子どもが関係する際に能力が向上したり敵を倒しても不殺で取り押さえられ、全体的に能力が高めです。
その他にも「奥さん」「偉大なる母」といった家庭関係のもの、「警官」「行政官」といった内政関係のもの、などなどいろいろあります。






○人や職業以外のアイドレスは?
先ほど書いたように、愛鳴之藩国は子どもが多い藩国です。
そして残念ながら藩国が貧乏でもあるため、勉強を教える教師を十分に揃えることが出来ずにいました。
そこで子どもたちへの教育支援で私塾開設支援を行い、「教師育成」も進めました。
さらにイベントで「職業体験施設」や「学園都市」を建設し、子どもたちの勉強する機会を作ってきました。
そのような事情から、教育系の施設なども多くあります。




○愛鳴之藩国ではどんなことがあったの?
嬉しいことも悲しいことも、いろいろありました。
藩国で過ごす国民達の日常でのちょっとしたエピソードでほんわかしたり、自分たちが貧乏なのにもかかわらず困っている人に支援物資を送った国民を誇らしく思ったり。
国土の80%が灰燼に帰して98%の国民が亡くなったり、子どもの為のナースメードが悪用されて人身売買に使われたり。
本当にいろいろありました。
嬉しいことでは皆で喜び、悲しいことではそれを止めるために出来る対策を考えて実行してきました。
そしてこれからも同じように藩国所属のPLは、喜びを分かち合い、悲しみを止めていくことでしょう。




○今はB世界にいるって聞いたけど?
現状、B世界での愛鳴之藩国がどのような状況なのかというと

1.藩国船が埋もれている
2.(設定)国民は藩国船から脱出し、歩いて後ほねっこ男爵領さんまで避難してきている

ということしか判明していません。
情勢が安定したら藩国船を掘り返し、国民が故郷に帰れるようにしようと考えていますが、いまだ作業に取り掛かれていません。




○最後に
以上、簡単ではありますが、愛鳴之藩国の紹介とさせていただきます。
これからどのようになるかはわかりませんが、「子どもたちの幸せのために」ということだけは変わらずに進み続けることだけは確かです。
皆様にご助力をお願いすることもあるかと思いますが、その時はどうかよろしくお願いいたします。




                                                                          文:花井柾之(摂政)
                                                                          イラスト:山吹弓美

  
添付ファイル