愛鳴藩国とえ~藩国が合併して誕生した。

まずは両国の領土を一層ずつ持ち寄り、
お互いがお互いの国を尊重しつつ
無理の無いスピードで融和して行っている。

一応藩王はくぎゃ~と鳴く犬が引き続き行っている。

藩国設定

藩王くぎゃ~と鳴く犬が子供たちを救いたい思いから興った国。愛鳴藩国。
“この度、愛鳴藩国はえ~藩国と合併することとなりました”
この一文が愛鳴藩の至るところに貼られ、藩民の知るところとなった今、藩民たちからは「で、何が変わるの?」「愛鳴藩はどうなるの?」といった疑問が出始めた。
はてない国人の藩と北国人の藩の合併である。藩民が疑問を抱くのは当然であった。
藩庁に寄せられたこれらの疑問に対し、藩王であるくぎゃ~と鳴く犬はあっさりと答えた。
「何も変わりませんよ♪」
その何も変わらないという言葉には極力、え~藩の全てを存続させつつお互いの藩が持つ良い点を活かしていこうという大胆な考えを指している。
事もなしに言ってのける辺り、やはり破格の人である。
新たなる戦いの日々を知らせる長い夏休みの終わりを告げる鐘が響く中、
こうして愛鳴藩は2つの藩を合併し歩んでいくこととなった。



国名 愛鳴之藩国


藩王 くぎゃ~と鳴く犬

(秋川 志保画)

  • 国民番号 :43-00380-01
  • 国民名 :くぎゃ~と鳴く犬
  • 族称 :藩王
  • 爵位 :大伯爵
  • 所属藩 :愛鳴之藩国
  • 魂の故郷 :京都
  • 根源力 :105100
  • オーマネーム :
  • PL名:くぎゃ~と鳴くけもの
  • プロフィール:
戦争孤児たちを救う為、藩国を立てるという選択を行ったけもの。
孤児達の為、けものの誇りをすて、
わんわん帝國に尽くす犬を名乗るようになった。
子供達を救うという志の元、
アイスクリーム売りから始めて見事藩王まで登りつめた。
親の無い子供達の父として
全国民の父として国民を守る為に日々奮戦している。


王犬 母なる犬

(イラスト:赤星 緑、着色:クロ)

プロフィール:
数多くの子犬たちを生み育てる中で、種族を越えた母性を持った犬。
親の無い子供達の母として
全国民の母として国民をいつも見守っている。

アイコン版

  
添付ファイル