※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自分が軟式テニス部だったので書いておきます。

ショット編
1 ラケットのなるべくど真ん中を狙って打つ
真ん中に当たらないとあまり飛ばなかったり、変な方向に飛んだりしてしまいます。

2 しっかり振りきる

3 体重移動をしっかりと
体重をボールを打つ前に後ろにかけて、打つ瞬間に体重を前にかけましょう。
体重を後ろにかけっぱなしのまま打つと、ボールが上の方に吹っ飛んでしまいます。

4 ボールが当たる瞬間、力を入れる
そうすると早いショットが打てます。あまり力を入れすぎると、思った方向へ飛ばなかったりします

5 早くラケットを振る
4と同じく早いショットが打てます。無理はしないように。

6 体全体をねじるようにして打つ


サーブ編
1 ボールを上にあげる時はとにかくまっすぐ
ボールをあげる位置がずれるといいサーブは打てません。
高さは自分の背や手の長さなどを考えて自分で決めましょう。

2 サーブを速く打ちたい場合
投げたあとに体重を後ろにためて、打つ瞬間にためていた体重を前に出しましょう。
他にはタイミング良くサーブを打ったり、ラケットのど真ん中にボールを当てたりすれば最高のサーブが打てるはずです。

3 コントロール重視でサーブを打ちたい場合
サービスラインの一番はじに缶などを置いてそこを狙う練習をしてみましょう。
最初はサーブを遅く打って缶を狙えばいいと思います。
慣れてきたらだんだん速くサーブを打って缶を狙ってみましょう。
何度も繰り返し練習をすれば、かなりコントロールが良くなると思います。