※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は雨が降るので家にいる。
ついでに、このブログの使い勝手を知るために、長文をやってみようと思う。
さしあたり、CDを聞いた時の感想文をのせてみようとおもう。

 ①字数制限は本当にないのか
 ②他のテキストエディターで文字の大きさや色をいじると、どう再現されるか
 ③wikiでHTMLみたいな表現が出来るか
 ④ワープロモードだけなのか




(フォントサイズ-2)
balladを辞書で引くと以下となった。

バラード【(フランス)ballade】
 1中世の欧州で盛んに作られた定型詩。三詩節と一反歌により構成され、それぞれ同一行の繰り返しで終わる。譚詩(たんし)。
 2 素朴な言葉でうたった短い物語詩。譚歌(たんか)。
 3物語詩的な内容をもつ声楽曲や器楽曲。譚詩曲(たんしきよく)。譚歌。

バラードといえば、スローな曲で、「聴かせる曲」といったイメージだった。
2番がイメージに合う感じ。



(フォントサイズ-1)
叙情詩って言葉はどうなんだろうと思ったので、これも引いてみた。

叙情詩 じょじょう‐し
 1叙事詩・劇詩とともに詩の三大部門の一。作者の感情や情緒を表現した詩。リリック(lyric)。
 
むしろ、こっちの方が俺の持っていたバラードの意味に近いかな。


「作者の感情や情緒を、素朴な言葉で表現してうたった、短い物語」
と、上記2つを合わせてみた






ガラス越しに消えた夏/鈴木雅之 (ブロック体+オレンジ +1)
 この7枚綴りのCDの、1枚目の1曲目に選ばれている。
 王道中の王道なんだろうね。
 曲を聴いていると、時間が戻る感じがする。

  >サヨナラを繰り返し 君は大人になる
  >ときめきととまどいを その胸にしのばせて
 

人魚/NOKKO
 春をイメージさせるやわらかな曲。
 せつない歌詞が印象に残る。
 この曲が主題歌だったドラマを見ていたなあ。

  >涙が枯れるその前に星を見上げる
  >すてきな事もさみしさも輝きに似て 
  >あなたがくれたその面影に

 
君がいるだけで/米米CLUB 
 よく聴いたなあ。
 これ、歌い上げられたら気持ちいいだろうなあ

  >すぐ目の前にあることを忘れてた
  >なぜもっと
  >素直になれなかったのだろう君にまで

   
いつかきっと/渡辺美里
 いつも力強くてポップなんだよね。
 勇気付けられるとかよく聞いたなあ。
 ラジオで流れてるとうれしい歌手の一人。

  >君とぼくの二人の距離 追いかけても追いつけない
  >長距離走者の淋しさに似ている 冬の陽差し影おとした
  >交差点でふりむく君に心の中で 何度もすきだとさけんでた


ジュリアン/PRINCESSPRINCESS
 みんな聴いてたなあ。
 修学旅行のバスとか、このバンド一色だった。
 いい曲揃いだったなあ。

  >さようなら優しさを想い出を涙を
  >忘れてたときめきをせつなさをありがとう 言葉では何ひとつ言えなかった
  >あなたにこのうたを贈るわ


雪が降る町/UNICORN
 奥田民生さんのポップなバンド・ミュージックはいいよね。
 曲の演奏に遊びが感じられる。
 気軽に聴ける曲が好きかな。


そして僕は,途方に暮れる/大沢誉志幸
 ハスキーな声ながら、やさしいんだよね。
 ソウル系やR&B系の曲はどれもすごくいいものばかり。
 1曲目「ガラス越しに消えた夏」はこの人の曲。
 http://music.yahoo.co.jp/bin/listen.php?cid=100000002212

  >やさしくなれずに離れられずに
  >思いが残る

  
大きな玉ねぎの下で/爆風スランプ
 コミックバンドみたいな名前だけど、硬派な曲もあったりする。
 硬派な曲はカッコイイから好きだ。

  >ぺンフレンドの二人の恋は
  >言葉だけがたのみの綱だね

  >君の返事読みかえして席をたつ
  >そんなことをただ繰り返して
  >時計だけが何もいわず回るのさ


Maybe Tomorrow/REBECCA
 NOKKOさんのいたバンドで、すごいよく流れてた。
 はっきりとした曲で、詞もよかった。
 カラオケといえばバスでしか歌えなかった時代に、どれだけ聴いたか分からない…

  >ひとりぼっちで歩きはじめたからもうふり返ることは出来ないね
  >灰色の日に行きづまっても
  >あきらめは出来ないのMaybe Tomorrow


はなれていても/五島良子
 五島良子さんのことはこのCDで初めて知った。調べてみると、soul&balladeな歌手らしい。
 いままで、厚かましげな押しがソウルだと思っていた。
 この人のように伝えることもあると勉強になった。
 いまならば、aikoとかと比べてみたら、いいところが見えてくるはず。 
 
  >はなれていても心はいつでもどこかで想ってる 明日行きのカーブを曲がり終わる頃
  >頬にぬれた涙もかわくから
  >あなたも今心から笑っていると信じたいの


僕がどんなに君を好きか,君は知らない/楠瀬誠志郎
 声がすばらしい。 
 そして、なんだかこそばいようで恥ずかしくもある。
 郷ひろみの方が有名だが、こっちがいい。
 
  >はじめからあきらめていたけど  だけども好きで
  >どうしようもないけれど とにかくここまで来たよ
  >会うたびにね僕は なんでもないふりした


言えないよ/郷ひろみ
 70年代~80年代のアイドル。
 この頃の、この人の歌のバックで流れてる演奏はマジすごいです。
 知らないだろうなあ、もったいない。 まあ、この人自体は俺も嫌いだし仕方ないかも。

  >ああきみをだれかにね さらわれたなら耐えられないくせに
  >言えないよ好きだなんて 誰よりもきみが近すぎて
  >言えないよ恋だなんて


優しい雨/鈴木祥子
 鈴木祥子さんもよく知らなかったので調べてみた。 すごい知ってる曲多かった;
 松田聖子、PUFFY、小泉今日子、西田ひかる、篠原涼子、ともさかりえ、渡辺満里奈、藤井尚之…
 この人を知ったことは、このCDでの最大の収穫だった。

  >運命だなんて□にするのなら 抱きしめて連れ去ってよ
  >私のすべてに目を反らさないで はじまってしまったから
  

Melody君のために.../TUBE
 TUBEのシングル曲は、どれだけ流れてたかわからない。
 全部好きだなあ。
 最後あたりの演奏がいい。

  >僕のMelody君のために カタチのない贈り物だけれど
  >燃える夜を分かちあえる 誰より大事な人にsongforyou

 
抱いて…/松田聖子
 バラードの王道、松田聖子にはかなわない。
 …としか言いようのない、良くできた曲。
 女性目線だから、わからないなあ;





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー