※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[看護の機能]

 看護とは,人が生まれ,その生を閉じるまでに経験される健康現象において,個人,家族,地域社会に関与して,その生命力や生活のリズムが損なわれないように見守り,かつそれを十分に発揮できるように支え,励ますことによって,自立への援助を意図した働きである。

 この看護の働きは,その個人の飲食を助ける,排泄を助ける,休息・睡眠を助ける,身体の清潔を保つなどの身の回りの世話を通して展開される。また,採光,換気,温度,静寂などの生活環境を調整する活動を通して看護の働きは,より一層のこと発揮されている。さらに,与薬,検査,処置などの診療の介助にあたっては,安全,かつ安楽にその個人に適用するくふうを通して,看護の配慮がいかされる。また,患者が自分の気持ちや意志を伝えられるように助け,周囲の人々への信頼感をはぐくむことのできるように,また,みずからの価値を認めることのできるように支えることを通して看護の援助が展開される。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー