舞台


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界観

現代日本と全く変わりはない。
携帯電話も使用され(スマートフォン等)、術師は術師で協会への連絡用に端末を別に所持している。


【間宵市】

遥人たちが暮らす都市。
中心街は大都会で、遥人たちが住む玲深の家はそこから数キロ離れた住宅街に近い場所に存在している。

市街地を挟み反対側にはかつて点在していた工業地帯の跡地があり、今では木々と廃墟が絡み合う無法地帯となっている。市の方でも管理しているとは名ばかりで、裏では練気術師と提携し彼らに事実上の譲渡をしているという噂もある。

「レストラン」
  • 桃香と遥人がよく訪れる中心街のレストラン。感じ的にはワンランク上のガ○ト。

  • 朝祇と遥人が食事に出かけた際、何も言わなければ朝祇が連れて行っていたであろうレストラン。福澤のおじさんが余裕で消える。

「中心街」
  • 朝祇と遥人が食事から帰る際に真華とイヴィルに襲撃を受けた。公衆の面前でも気にも留めない彼らを路地裏へ誘い込み戦闘に入る。

「廃墟」
  • 刀也と遥人、桃香が対面した場所。廃墟地帯の森でもさほど奥地ではない。当日は逃げ込んだ保護対象の術師がいるはずだった。