海草桃香(2nd)

あまぐさももか。

21歳(前作18歳)/148cm/41kg 一人称「あたし」

6/8日生まれ O型

パワー B-
練気 B+
スピード S

【概略】
玲深のもとを去った遥人の幼馴染で、彼と同じく桜田事件の生き残り。
3年の時を経て、あれよりも強い練気術師として帰ってきた。性格に関しては割と相変わらずである。
レイミィとともに朝倉家との対決に訪れ、成瀬家に助成することとなる。
未だに彼女の弟子を続けているようである。

【本人像】
性格は粗く雑で、まさか女子とは思えないような乱暴さ。
実はちょっとツンデレなだけで、遥人には特にそれが顕著になる。

というのは前作通り。
感情の脆さについては、時間の経過によって慣れたのか、ある程度の耐性を身につけたようである。

感情的かつ突発的で、計画性は全くない。思いつきや感情で行動することも多く、その度に周囲を悩ませていたが、今回は会議の話をある程度聞いていたり、発言に提案、意義を唱えるなどかなりの成長を見せる。持ち前の馬鹿さとテンションの型破りっぷりも場の空気に応じて抑えられるようになった。

【外見】
髪が伸びている。左のおさげはそのままに、だいぶ大人びて見える。
さりげない八重歯は据え置き。
メタルチャームの数が増えている。
灰シャツに黒ベスト。ネクタイ無しで第三ボタンくらいまで開けてる。腰にチェーンあり。靴はスニーカー。

【身体能力】
接近戦のセンスは相当なもので、その運動能力は熟練した術者に勝るとも劣らない。
小さな体躯を活かし、飛び回るような戦闘スタイルが特徴的。反面、パワーには秀でておらず、分析などを利用した戦闘も苦手。
だったのだが、前作よりはましになっている。

貫穿者(トガラギル) B
捻れた先端を持つ槍。身長の小さい桃香に合わせ長さが短めになっている。

絶影(クーゲルブリッツ) B+
1ターンのみを対象とした超加速。自身がその挙動の瞬間に触れていれば加速の対象は自分自身には限らない。
物理的な移動の範疇を出ないため、進路上に障害物があった場合はそれを越える手段は別に必要となる。ワープなどに応用することは出来ない。
練気術の上位互換ともいえる能力であり、単純さから練気の消耗や反動が小さく使いやすい。