※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

JAM さんの発言:
こんばんわー
生活ゲームにお伺いしました。
芝村 さんの発言:
記事どうぞ
JAM さんの発言:
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=5793&reno=5607&oya=5607&mode=msgview
こちらになります。
芝村 さんの発言:
イベントは?
JAM さんの発言:
えーと試練はまだ続行中でしょうか?
芝村 さんの発言:
解除されてる見たいよ
JAM さんの発言:
んじゃ適当にうちあわせっぽいことを
芝村 さんの発言:
OK
2分待て
/*/
ここは貴方の国だ。
大騒ぎになってそうで、さほどでもない
王城は、閑散としてる。
JAM さんの発言:
さすがだなあ
芝村 さんの発言:
アメルダは気味悪そうに静かな城を見てる
JAM さんの発言:
「こんにちは。かなり遅れましたが、ぽち皇帝のご即位おめでとうございます」
芝村 さんの発言:
アメルダは少し微笑んだ。
アメルダ:「ありがとうございます」
アメルダは貴方を見ている
JAM さんの発言:
「そういえばアメルダさんは王女の教育係りから肩書きとか変わったのでしょうか?」
芝村 さんの発言:
アメルダ:「……皇帝に教育できる者など、おりません。私はもう、無位無冠です」
アメルダは微笑んだ。
JAM さんの発言:
「ここは敢えておめでとうございますといいませう」
芝村 さんの発言:
アメルダ:「ほっとしています」
アメルダ:「今日は、どんな御用で?」
JAM さんの発言:
「とりあえず帝國の経済政策についての意見をいただければと」
芝村 さんの発言:
アメルダはびっくりしてる
JAM さんの発言:
「主にレム方面を経済圏に組み込む方針をどう進めるかあたりを」
芝村 さんの発言:
アメルダ:「迷宮対策でなく?」
JAM さんの発言:
「そっちはもうぶん殴りに行く方向になりつつあるので」
芝村 さんの発言:
アメルダ:「避難や初期対応は?」
アメルダ:「・・・・」
JAM さんの発言:
「とりあえず藩国に戻ってきた黒霧さんが対策立てているのでそれの実行まちですな」
芝村 さんの発言:
アメルダ:「・・・ここは、すごいのですね」
アメルダ:「経済のうち、レム-リアには多額のお金を落とすと聞いています」
アメルダ:「必然的に、経済圏に組み込まれるのではないですか?お金を貰えば、こちらで使うことになります。どうしても」
JAM さんの発言:
「落とした資金が循環しだせば思惑通りですが」
「向こうの主力商品が奴隷とか言われても正直困るので」
芝村 さんの発言:
アメルダ:「帝國のほうが、人、余ってましてよ?」
JAM さんの発言:
「現地法人でもつくって資源発掘会社にでもするべきかと一部藩王とは相談中ですがいかがなもんかと」
芝村 さんの発言:
アメルダ:「向こうには、まだ会社の概念がありません」
アメルダ:「難しいと思います」
JAM さんの発言:
「一部領主あたりに顧問を送り込んで荘園の鉱山verにでもするよう唆すくらいですかねえこちらからの介入は」
芝村 さんの発言:
アメルダはうなずいた。
アメルダ:「領主をまとめる人が、いたと思います。ノーア、とか」
アメルダ;:「彼女を交渉相手にするのが、いいと思います」
JAM さんの発言:
「すでに交渉はしてるんですがね」
「面識あるのでよんたのほうに丸投げしようかと」
芝村 さんの発言:
アメルダ:「なるほど・・・よんたに利権が集まりそうですね」
JAM さんの発言:
「そうすると経済Gを通してよんたに交渉をにするのがいいかな?」
芝村 さんの発言:
アメルダはうなずいた。
JAM さんの発言:
「一応経済Gが資源の支払いの30%みているので」
芝村 さんの発言:
アメルダ:「大きすぎる経済不均衡は、動乱の元です」
JAM さんの発言:
「ではレム方面はとりあえずその方向で進めます。」
「ある程度考えがまとまりました。ありがとうございます」
芝村 さんの発言:
アメルダは頭をふった。
アメルダ:「いえ。私は何も・・・」
アメルダは貴方を見ている
JAM さんの発言:
「アメルダさんのほうから何かご希望はありますか?」
「どういった事をおこなったらいいかとか」
芝村 さんの発言:
アメルダ:「国民を、お守りください。まずは、そこからです」
JAM さんの発言:
「承りました」
芝村 さんの発言:
アメルダ:「・・・これは希望でなく、なんというか」
アメルダ:「私の、そうあって欲しいという、押しつけかも知れません」
JAM さんの発言:
「いやまあいいんじゃないですか?押し付けでも」
芝村 さんの発言:
アメルダ:「……もう、皇帝陛下に押しつけるので、一生分をやりました」
アメルダは少し微笑んで貴方を見た
アメルダ:「お元気で」
JAM さんの発言:
「そちらこそお元気で」
芝村 さんの発言:
アメルダは足早に去っていった。
下を見て
JAM さんの発言:
とりあえずおっかけて
「あー一個言うのを忘れてた事がー」
芝村 さんの発言:
アメルダは振り向かずになんでしょうと言った
JAM さんの発言:
「まー個人的なことなんですがね」
芝村 さんの発言:
アメルダはじっとしている
向こうの樹が揺れた
JAM さんの発言:
「いままで言いそびれてたんですが第七世界人的に言うと私はJAMなんですよ。いまはKBNになってるけど」
「なにをいっているかわからないかもしれませんが」
芝村 さんの発言:
アメルダ:「・・・安易ななぐさめは、なさらないで」
アメルダは走っていった。
JAM さんの発言:
さらに追跡を
芝村 さんの発言:
森国人の娘がひょっこり顔をだしたよ。左右見てる
JAM さんの発言:
「なぜいるのかしらんが アメルダさんみなかったかね?」
芝村 さんの発言:
森国人はにこっと笑った。
貴方をなでなでしてる
森国娘:「アメルダは今日一緒にきた」
JAM さんの発言:
「いま走ってったんだがどっちいった?」
芝村 さんの発言:
森国娘は指さしたよ
JAM さんの発言:
敢えて逆方向へ
芝村 さんの発言:
/*/
はい。お疲れ様でした。
貴方は玉座に戻った
JAM さんの発言:
しまった騙された
芝村 さんの発言:
えー
JAM さんの発言:
まー迷宮の方はとりあえず避難させてから攻撃の間に隙を作らない方向でいきたいのですが
芝村 さんの発言:
はい。
出来ると思うよ
JAM さんの発言:
EV枠で対処ということですがいつ始まるかは未定なのでしょうか?
避難作戦なりだして攻撃とタイミング合わせるとか追加しとけば問題ないですか?
芝村 さんの発言:
問題ないと思う。
なるはやでやるよ>EV
JAM さんの発言:
んでは避難のほうはすぐだしときます
芝村 さんの発言:
はい
評価は+1+1でした。
秘宝館には1,1でした。
JAM さんの発言:
なぜか上がった
芝村 さんの発言:
では解散しましょう。おつかれさまでしたー
JAM さんの発言:
はいありがとうございますー