※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


とうじょうじんぶつ

そらとび先生 怪しいケモノ
人物紹介:そらとび先生
自称空飛ぶ犬。
なんかいっぱい増えたらしい。
体はエクセルでできているのでたぶんコピペしたんだろう。
人物紹介:怪しいケモノ
未確認生命体。
実はまだ存在しない。
こいつも体はエクセルでできている。

番外編2:図形描画で駒を作ろう


そらとび先生:
「こんにちは、前回の〆で”次回は移動距離の計算に役立つ関数について説明したいと思います。”といったがすまない、ありゃあ嘘だ」
そらとび先生:
「今回は図形描画をつかって役に立ちそうな物を作ってみようという番組です」
そらとび先生:
「いままでが”いち△のさ◇すう”だとすれば今回は”で◎るかな”とか”つくってあ☆ぼ”的なものになります。というわけで”ゴ○太くん”や”ゴ□リ”的な存在を呼んでみました」
怪しいケモノ:
「ワウワウ」
そらとび先生:
「諸々の事情により、まともにしゃべれない上に名前もまだないですが、様 式 美 です。それでははじまり~」
怪しいケモノ:
「ワウーー」
そらとび先生:
「さてまずは図形描画のツールバーを表示状態にしましょう」


そらとび先生:
「すでに表示されている人はそのままで。表示されていない人は、表示(V)をクリックして、ツールバー(T)から図形描画にチェックマークをつければ表示されます」


そらとび先生:
「では、最初に駒を作ってみましょう、とりあえず今回は円を使うことにします。先ほど表示されたツールバーの”楕円”を左クリック、その後にシート上の任意の位置で左クリックをすれば円が表示されます」



そらとび先生:
「つぎは、”ワードアートの挿入”を左クリックして表示された”ワードアートギャラリー”と言う名前の窓の”OK”を左クリックすると”ワードアートのテキストの編集”という窓が開くので”ゴブ”と入力してから”OK”を左クリックしてください」




そらとび先生:
「これで”ゴブ”と表示されたはずです。その表示された”ゴブ”を左クリックしてそのままドラッグで円の真ん中にまで移動させましょう」



そらとび先生:
「さて、円とゴブが重なったと思いますがこのままではバラバラのままなので”グループ化”を行います。まず、shiftキーを押しながら円と”ゴブ”をそれぞれ左クリックします、その後右クリックで開く窓からグループ化(G)を選択すれば円と”ゴブ”がグループ化されます」


そらとび先生:
「最後にMAPのサイズに合わせた大きさに変更します。グループ化されることで円と”ゴブ”は一つのオブジェクトとして扱われるようになっているため、サイズの変更も一度に行えます。円と”ゴブ”を右クリックしてから”オブジェクトの書式設定(F)”を左クリックしましょう」


そらとび先生:
「その後に開いた”オブジェクトの書式設定”の窓から”サイズ”を選び、”高さ”と”幅”を変更しましょう。0.44くらいにすればMAPにちょうど良い大きさでしょう」



そらとび先生:
「あとはコピーして増やすなり、”ミノ”とか”ゴル”とかに変えて作成してみればよいでしょう」


そらとび先生:
「なお今回はシンプルな駒を作成していますが色をつけたり他の図形を利用する事で作成者のセンスを生かした駒を作る事もできます。がんばってください」
そらとび先生:
「それでは次回こそ移動距離計算の関数講座ができるといいですね!」
怪しいケモノ:
「ワフ」
そらとび先生:
「またみてね~」
怪しいケモノ:
「ワフフ~」


番外編3に続く?